This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

38,500席が1席単位で15分ごとに価格を変える。次世代チケット販売システムの3つの革新性に迫る

こんにちは!ダイナミックプラス社(DP社)で広報を担当しております、インターン生の林です。

今シーズンより弊社のお客様である福岡ソフトバンクホークス様が新たなチケット販売システムをリリースし、弊社がそのチケット価格算出アルゴリズムの提供を行いました。

そこで今回は「次世代チケット販売システムの革新性」についてお送りしたいと思います。

そもそもダイナミックプライシングとは

「ダイナミックプライシング」とは市場の需給バランスをもとに適切な価格を算出する手法で、近年ではAIによるビックデータ解析が利用されて大きく発展しています。

詳しい取り組みなどに関しては以下の記事と弊社HPが参考になります。

新チケット販売システム導入の経緯

以下のサイトをご覧ください。

提供サービスの3つの革新性

実際に弊社が提供した価格算出モデルがどのような点が革新的かを3つの観点でご紹介します。

①38,500席が1席単位で推奨価格が算出される

今回提供したモデルはペイペイドーム38,500席が需給バランスに応じて推奨価格を算出するものとなっています。

以下のサイトで実際にご購入頂けます!!

②需給バランスにより15分ごとに価格が変動する

弊社のシステムは1日1度の価格算出がベースとしたアルゴリズムでしたが、今回のシステムでは15分ごとで価格算出が行われています。
過去の販売実績データ、リーグ内の順位や対戦成績、試合日時などに加えて、突然のスター選手の移籍や突発的な天候の変化などで変動する需給バランスに15分ごとで対応します。価格算出の感覚を狭めることにより消費者の方々のリアルタイムの需要に細かく対応し、より多くの選択肢を提供します。

③全試合・全席種に適応

福岡ソフトバンクホークス様は昨シーズンまでは一部試合・席種のみの導入でしたが、今回のシステムでは全試合・全席種に導入されます。

上記システム実現への工程を全3回の記事で連載します

以上のような特徴を持つチケット販売のシステムですが、その実現のためにどのような過程があったのかを「ビジネスサイド」「データサイエンティストサイド」「システムサイド」という3つの観点から掘り下げていきます。

第1回はビジネスサイドのインタビューです。システムに関わる数多くの企業様や自社のシステムエンジニアやデータサイエンティストと協力してどのように次世代チケット販売システムを実現までに導いたかを伺います。

第2回はデータサイエンティストのインタビューです。38,500席に15分ごとに価格を算出するためにどのようなモデルを組んだのか、そのモデルの革新性をついて掘り下げます。

第3回はシステムサイドのインタビューです。チケット販売に関わる複数企業様のシステムにどのようにして弊社のアルゴリズムを組み込むのか、連携の部分についてお聞きします。

最後に

ダイナミックプラス社は現在採用強化中です!下記のポジションや下記以外のポジションをwantedlyやHPで募集しておりますのでご興味がある方は是非ご応募ください!カジュアル面談も実施しています!

社員インタビューも併せてごらんください!

また、弊社の会社ブログもwantedly上で展開しております!DP社で働く方々の活動を多面的に発信しておりますのでよろしければ是非ご覧ください!

弊社は毎月末にカジュアル説明会をおこなっております。実際に働く方の視点から会社・事業・チーム・社員などあらゆることを説明いたします。こちらもご興味があればぜひご参加ください!

ダイナミックプラス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう