1
/
5

【アガルートの社員を紹介します】vol.3~ドイツから帰ってきた縁の下の力持ち~

久々の更新となりましたアガルートの社員紹介は3人目となります。

今回はラウンジ室所属の石渡瑞枝さんを紹介します。

現在ラウンジ室で、生徒と講師陣を橋渡している石渡さんは、なぜアガルートへと入社したのでしょうか?

そもそもラウンジ室とはどんな場所なのでしょうか?

石渡さんの入社までのストーリーと共にお楽しみください!

===============================================

【いつどのポジションで入社しましたか?】

2021年の1月に入社しました。

年明け早々から勤務だったため、今までで一番落ち着かない年末年始でした(笑)

最初は営業配属で、その後現在のラウンジ室へ異動しました。

【アガルートに入社するまではどんなことをしていましたか?】

大学卒業後すぐに,ドイツに留学をしました。

本来であればもう少し滞在し、勉強し視野を広げ、今後のことを考えたかったのですが、コロナウイルスの影響もあり急遽帰国日を早め、就職活動をすることにしました。

【なぜドイツに留学したんですか?】

正直、自分でも想像してませんでした(笑)

きっかけはずばり、大学入学後の第二外国語選択です。

大半の学科の方がドイツ語選択してるからというだけの理由で選びましたが、実際に履修してみるとドイツ語の勉強が本当に楽しくて(笑)。

人生でここまで、自分からもっと勉強したいと思ったことはありませんでした。

元から海外の文化などに興味があり、英語も好きだったのでいつか留学か世界一周したいと漠然と思ってはいましたが、それがドイツになるとは。

本当に人生は何が起こるか分からないなとつくづく思います。

(念の為ですが、決してビールが好きだからドイツ留学したわけではないとだけは言わせてください。笑)

【アガルートに興味を持った経緯を教えてください】

元から教員になりたいということもあり、教育業界に興味がありました。

その中でも予備校や塾などの教育現場で働きたいと考えていたこともあり、そんな時に当時利用していた就活エージェントの方に勧められたのがきっかけです。

【選考を通じてどんなことを感じましたか?】

就職活動中何社か受けましたが、どこよりも面接の雰囲気が良かったです。

志望理由よりも自分について聞かれることが多く、自分の夢でもあったドイツ留学について触れてくださり、それだけで自分という個人を評価してくださっているという印象を受けました。

【上を踏まえて入社理由の決めてはどこにありましたか?】

面接の雰囲気からこの方々は、「社員のことを大切にしてくれる」と感じたからです。

正直自分の経歴は異色だったため、どの企業を受けても自分の過去について否定されることが多かったのですが、その中で唯一自分と真摯に向き合って話してくださった会社でした。

【今はどんな仕事をやっていますか?】

現在はラウンジ室として、主に司法試験の講座の受講生と講師の方々の橋渡、いわゆる予備校の事務的な仕事をしています。

生徒や講師の方々と直接関わる機会も多く、受講生が勉強しやすい環境、講師の方々が指導しやすい環境を整えるのが主な役割です。

他には総務的な仕事をしたり、時々都内にある各ラウンジに出向いたりと仕事は多岐にわたる部署です。

【入社前と入社後のギャップを教えてください】

法律会計事務所もある会社なので、最初は少し堅いイメージがありました。

いざ入社してみると年齢が自分と近い方々が多く活躍されており、どの方も親切で、とても馴染みやすい雰囲気です。

また、何よりも風通しの良さや、若手でも発言しやすい環境であり、スピード感のある社風という印象が強いです。

あとは全然関係ないですが、会社の外見よりオフィスが思ったより広い印象を受けました(笑)

【どんなことが楽しいですか?】

人に教えたり、人と話すのが好きで教師を目指しておりましたが途中で進路変更し、生徒や先生をサポートする裏方の仕事をしたいと考えるようになったので、今の部署が一番ドンピシャでとてもやりがいを感じています。

講師の方々と直接関わる機会が多いですが、みなさん生徒のことを第一に考え、指導されていて、教師を目指していた自分の考えと重なるものがあります。

そのため私も少しでもその要望に答えたいと思いながら行動しているため、受講生や講師の方々から感謝されるとやはり嬉しいですね。

【逆にどんなことが大変ですか?】

教育業界ならではのことだと思うのですが、1人1人個性のある受講生や講師の方々の両方の要望に出来る限り応えたいとは思っているのですが、そう簡単にはいかないところが中々難しいところではあります。

私は直接受講生に指導をするわけではないので、実際の現場の状況や声を把握するのが難しく、そのため自分と現場の考えが一致しない場面もあるのでそこが大変ではあります。

【将来どんなことがしたいですか?】

受講生や講師の方々と直接話してもっと交流したいとは思っています。

講師でない限り受講生と腹を割って直接話すことはなかなか難しいと思いますが、そういう関わり方が出来たらなとは思っています。

【興味ある資格ありますか?】

司法試験、弁理士、国家公務員(航空管制官)に興味を持っています。

司法試験は、今の部署に来てから特に興味を持ちました。自分の知らないことにとても興味があるので,身近にいらっしゃる弁護士や講師の方々を見ているうちに、カッコいいなって。憧れですね。

弁理士は、実は就活中に知り合いから「ここで働きながら目指してみないか?」と誘われたのがきっかけです。まさかまた目指せる機会が来るとは思っていなかったですが、現状は未定です(笑)

航空管制官は、小さい頃からずっとパイロットになりたかったのでその影響です。

空飛ぶことにずっと憧れがあるので、きっとパイロットも航空管制官も一生の夢ですね(笑)

【最後にアガルートに興味を持ってくれている人に一言】

仕事は内容も大切ですが、私は何よりも「一緒に働く方々で全てが決まる」と思っています。

そういう意味ではこの職場は本当に優しくて、話すと楽しく、尊敬出来る方々で溢れています。

私のモットーでもありますが、「迷ったらとりあえずやってみる」、「何でもやってみないと分からない」という気持ちで是非受けていただければと思います。

みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしております!

==============================================

いかがでしたでしょうか。

普段の石渡さんからは知りえないバックグラウンドがたくさんありました。

ドイツや空への夢、弁理士資格取得を目指しているということは私も今回初めて聞きました。

大げさな言い方かもしれませんが、アガルートは夢と共存しながら働くことが可能だと私も感じています。

アガルートに夢を持っていただける方はもちろんですが、叶えたい夢とともに働きたいと思っている方いましたら、まずは相談からでも大乗ですので、気軽にご応募ください!

株式会社アガルートでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング