1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【重版出来!】石橋先生に書籍について聞いてみた。~司法試験・予備試験Q&A50論文答案ってどう書くの?~

あけましておめでとうございます!アガルート人事の安齋です。

お正月はみなさんどのように過ごしましたか?お休み中に求人を見て、1月から動き始める方も多いのではないでしょうか。

アガルートでもまだまだ募集しているポジションがありますので、ぜひエントリーお待ちしております!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。(*^^*)


ラウンジ講師の石橋さんのインタビューをご覧いただき、ありがとうございます✨✨

👇👇まだ見ていないという方は、ぜひご覧ください。👇👇

たくさんの方に見ていただき、

1日半ほどで1,000PVを超え、Wantedlyのトレンドランキングで1位になりました(^O^)/ 


今回は、先日出版した書籍『司法試験・予備試験Q&A50論文答案ってどう書くの?』についても少し語っていただきました。


受験本を読んでくれた、生徒の反応が嬉しかった。

ーー前回のインタビューでも触れていますが、書籍を出版したそうですね。どんな人に読んでほしいですか?

独学で勉強している人や、自分の勉強方法が本当に合っているか確認するために読んでほしいです。一人で勉強している時って、勉強法について確認する機会があまりないと思うし、不安になることって絶対あると思うんですよね。
司法試験は、自分のレベルを客観的に計れるものが少ないです。そういう人が自分の答案のセルフチェックをするために作った本です。そんな方の励みになれば良いと思い出版しました。
教え子からの反応は「石橋さんの本は、いつも教えてくれていることが文字になっていた」という趣旨の感想がほとんどでした。それは素直に嬉しかったですね。普段教えていることが、ちゃんと伝わっているんだなと再確認できました。


インタビュー後記

この日は、指導前のラウンジにお邪魔しました!

早めに来校していた受講生が石橋さんの一言で、指導している風景の撮影に協力してくれました。撮影中も普段通りに会話が進んでいき、普段からのフランクな雰囲気を知ることができました。

別日にラウンジに行ったスタッフからも、「受講生が元気づけられている姿を見たことがある。」と聞いたことがあったので、“受験勉強だけを教えているのではない”と語っていた意味が理解出来ました。

一般企業で働くほとんどの方は、講師と呼ばれる職種の人と話す機会は無いのではないでしょうか。

そんな方にも講師の現場での雰囲気や魅力を少しでもお伝えできればと思います。

もちろん、講師の募集しておりますので、気になった方はぜひご応募ください!

石橋さん、ありがとうございました。


司法試験以外の各種資格についても講師を随時募集しているので、興味を持った方は是非ご連絡ください♪


株式会社アガルートでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング