Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

入社〇〇日の人事がアガルートで実現したいこと

こんにちは!

人事の安齋です。

入社して間もないのですが、先日現場の方にお手伝いいただきながら、採用広報用のインタビューや写真撮影を行いました。急だったにもかかわらず、皆さんが力を貸して下さり、本当に嬉しかったです。

インタビューや写真撮影を通じて、まだ話したことが無かった社員のことも知ることができ、仕事ではありますが、とても楽しかったです!たくさん笑いました(*'▽')この楽しさが伝われば良いなと思います。

このページでは、メンバーインタビューを通じ、少しでもアガルートの“素”をお伝えできればと思います。ぜひ選択肢のひとつとして考えていただけると嬉しいです。

今回は、自分自身のことを記事にしました!

採用を通じて、様々な人にアガルートを知ってもらい、一緒に働くメンバーをたくさん増やしたいです。


転職のきっかけは?

前職は、Web制作の会社で人事として働いていました。入社して半年少し経った頃、大幅な組織の編成や退職により、途中から1人で業務を行うという状況になってしまいました。他部署の皆さんは本当に良い方で、私が大変そうにしていると声をかけてくれたり、採用にも協力してくれたりと本当に、たくさん助けてもらいました。

一方で、私自身が日々の業務を回すのでいっぱいいっぱいになり、本当にやりたかったことは何だろう?と考えることが多くなりました。

転職を考えている人に向けて、社内の生(なま)の情報を伝えてアピールしたり、ただ採用するだけでなく、入社して一生懸命働いている従業員のために制度や環境を整えたり、その他にも新しい採用方法の施策や、退職者を減らす施策など・・・とにかくやりたいことがたくさんありました。



どうしてアガルートを選んだのですか?

アガルートに興味をもったきっかけは、ずばり求人の仕事内容でした。私が入るまでは代表の岩崎が人事を兼任しており、1人で回していました。人事部の立ち上げに携わり、採用だけでなく採用広報やその他の人事業務にも幅広く携われるという内容で、『おもしろそう』と感じ、面接で詳しい話を聞いてみようと思いました。

実際に面接で詳しい話を伺い、私がやりたかったことと、とてもマッチしていると思いました。今後の方向性や社内の雰囲気、福利厚生などの細かい部分も面接で丁寧に説明してくださり、最終的にアガルートで働くイメージが固まり、入社することに決めました。


今の仕事内容は?

入社してすぐにWantedlyを契約して、会社情報やインタビューなどの社員紹介の準備を始めました。Wantedlyのインタビューをする中で、他部署の業務理解を深めています。

現在は、WEB系の求人の引き継ぎをしているところです。

まずは、Wantedlyを運用できるようにネタ集めをするのと、ライティングのスキルも上げたいです。求人も全て任せてもらえるまでは、もう少し時間がかかると思うので勉強したいです。


入社前と入社後のギャップ

1つ目は、意思決定が本当に早いです。やってみたいという施策があったら、提案するとすぐにやらせてもらえることが多いです。

“いい意味で一人ひとりが自立して働いており、手をあげた人にどんどん任せてもらえる環境です。エラーよりも、トライを重視している社風なんだなと実感しました。”

2つ目は、若い人も多いです。平均年齢が35歳くらいと聞いていたのですが、見た目や中身が若い人が多いのか年齢層が高いとは感じなかったです。あとは社員同士のランチ代が月5,000円補助されるので、ほぼ毎日誰かとランチに行ってます。笑

社内には資格を持っている先生も多数いるので、日常会話のやりとりで専門用語が聞こえたりすることもあります。普通の会社では味わえない感覚なので新鮮です。



今後挑戦したいこと 

まずは転職を考えている方や、今は考えていないけど良い会社があったら転職したい!と考えている方に社内の情報をたくさん発信していきたいです。

あとは、採用や広報など勉強不足のところも多いので、勉強会などに出席して他社の人事や広報の方とも繋がっていきたいです。

まだまだ、やりたいことがたくさんあって伝えきれませんが・・・!一歩ずつ実現させていきます。


アガルートで自分のやりたいことを実現したい方、資格業界にご興味をお持ちの方、会社理念に共感してくれる方、少しでも興味がありましたら、エントリーお待ちしています。


株式会社アガルートでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう