1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

“将来が見えてしまうことが逆に怖くなった” 外資系銀行から金融ベンチャーへ転職した理由とは。 矢野由紗

SYN Groupで活躍するファイナンシャルアドバイザーを紹介する「SYN GroupのFA紹介」

今回紹介するのは、福岡出身、外資系銀行での勤務を経て、SYN Groupへ入社された矢野 由紗FA

輝かしい経歴をもち、輝かしいオーラを放つ彼女が、なぜSYN Groupという金融ベンチャーで、FAとして生きていくことを選んだのか? その内側に迫っていきたいと思います!!


仕事に対する価値観とのズレ

ーーまずは簡単に自己紹介をお願い致します!

今日は宜しくお願いいたします! 福岡生まれの福岡育ちで、大学卒業後までずっと福岡に居ました。



ーー幼少期はどのように過ごされていたのですか?

習い事を多くやっていましたね。  長く続けていたのはピアノで、本格的に取り組みコンクールに出場したりしていました。 後々の人生にもリンクしてくるのですが、親の期待に応えようと頑張る子供だったんだと思います。



その後は、西南学院大学に進学し、米国経済を専攻していた由紗さん。

ーー就職活動はどのように取り組まれていたのですか?

自然に、専攻領域とダイレクトに関わる金融機関を志望し、地場の銀行から内定を頂けたので就職しました。
そこでは銀行取引に関わる顧客対応を包括的に引き受ける業務だったので、学ぶべきことも多く恵まれた環境だったと思います。 一方で、私が理想としている「仕事」の価値観に対して、実際の業務で物足りなさを感じるようになり、転職を意識し始めたんです。



ーー当時はどのような価値観を持たれていたのですか?

"ホスピタリティ""顧客からの学び"という2軸です。
ホスピタリティについては「顧客の期待値を上回ること」が、感動を生むホスピタリティであると考えています。 幼少期に、親の期待に応えて喜んでもらえることが私自身嬉しかったように、目の前の顧客に対して高いホスピタリティを発揮できることを理想としていました。
顧客からの学びについては、仕事を通じて人間的成長を続けていく中で、お客様から学ばせて頂くことは非常に大きいと思っています。若いうちは特に顕著です。 なので、顧客とそのように関わることが出来たらいいな、と考えておりました。



ーーそれを実現するために、前職の外資系銀行へ転職されたわけですね。

そうです。 実のところ、当時は金融業界以外でもそれは実現可能だと思っていて、他の職種を考えた時期もありました。 しかし考えを深めていく中で、同じ金融業界でも十分に可能だと確信したため、Citi Bank(現在はSMBC信託銀行へ合併)へ転職したんです。




金融のプロフェッショナルとして


ーーその後、SYN Groupへジョインされるきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

前職での業務は非常に充実していて、気づけば6年近くに渡って在籍していました。 キッカケとしてはいくつかありますが、"将来が見えてしまうことが怖くなった"というのが一番の理由です。
良い職場だし、安定しているし、全て揃っていたのですが、逆にそれで「この先の人生がわかってしまうこと」が怖くなってきたんですよね。 少し変わった価値観かもしれません。笑
前職を通じて多くの方々と出会う中で、刺激を頂いたのは間違いないと思います。 経営者や自営業主の方々が、働く時間や報酬、場所、サービス、顧客に至るまで全てご自身でコントロールし、責任も結果も全て背負う。 その様な環境で仕事に取り組みたいと強く思うようになったんです。



ーーそのような中でも、なぜSYN Groupへエントリーされたのですか?

Wantedlyのストーリーを通じて、私の思考が明確に言語化されていたことが決め手でした。 漠然とした私のキャリアビジョンが、同世代の方々のインタビューで語られていたんですよね。
フリーランスや起業となると、本当に1から100まで自分で創り上げなきゃいけないのですが、SYN Groupであれば、同じ思考でかつ高いエネルギーを持つ人間と高めあえる、と確信しました。



ーー実際に入ってみていかがですか?

メンバーの仕事に対するスタンスに毎日刺激を受けます。 常に顧客志向を第一に、会社や自分の為ではなく顧客の為に最善のサービスを模索し、その結果として高い業績に繋げていると感じます。



ーーこれから実現していきたいことはありますか?

これまでの経験を通じ、金融のプロフェッショナルとして金融リテラシーの底上げをしていきたいです。
実際に金融のプロと触れ合う中で、自身の知識不足を痛感すると共に、一般消費者にとっては更に障壁があると思います。
人生において欠かせない、お金という存在を人々の味方に出来るよう、私自身が架け橋となっていきたいと考えています。


由紗さん、有難うございました!!

SYN Group 株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング