1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

サッカー一筋・IT業界出身の男が“プロの金融アドバイザー”として、いま挑戦する理由。 小田将也

SYN Groupで活躍するファイナンシャルアドバイザーを紹介する「SYN GroupのFA紹介」

今回紹介するのは、幼少期からサッカー一筋、その後ITベンチャーへ就職した後に全くの異業界からの転身を遂げて、SYN GroupのFAとして活躍している小田将也FA。

そんな彼が、なぜSYN Groupという金融ベンチャーで、FAとして生きていくことを選んだのか? その内側に迫っていきたいと思います!!


サッカーに捧げた青春


ーーまずは簡単に生い立ちを教えてください!

今日は宜しくお願いします! 生まれ育ちは東京で、幼稚園の頃からサッカーを始め、ずっとサッカー一筋でやってきました。


高校へ進学する際には「親元を離れて本気でサッカーに取り組みたい」と決心し、長野県に在る上田西高校へサッカー推薦で入学させてもらい、寮生活を送りながらサッカー漬けの日々を送ってましたね。



ーーかなり本格的に取り組まれていたんですね! どのような生活だったんですか?



本当に起きたら朝練して、学校、その後は部活動で更に夜も自主トレ、という様にサッカーに集中していました。


高校3年次にはキャプテンとして、部員数100名以上の組織を率いる経験が出来ました。 リーダーシップとは何か?と常に自問自答しながら試行錯誤を繰り返し、がむしゃらに頑張っていたのですが思い返すと悔しい結果で終わってしまって。 今でも強烈に覚えています。



ーーそうだったんですね。 大学時代はどうされていたんですか?

高校時代の悔しさや、もっと出来る!というモチベーションを持って、大学でもサッカーを続けることを決めたんですよね。 県大会3連覇している強豪大学にサッカー推薦で入学させてもらえることになって。 再びサッカー漬けの日々が始まりました。笑


もちろん大学時代も全力で取り組んでいたのですが、心の中でどこか「高校時代」を引きずっていて。 大学のサッカー部はそれこそ200名を超える組織ですし、部員各々の温度感にも差があるんですよ。 その点、高校時代は全員が一丸となって全国を目指していたので、組織で一体感を創り出す難しさに直面しました。


ビジネスとリーダーシップ

ーーその後のキャリアを教えてください!

はい、約18年に渡ってサッカーを続けて「やり切ったな。」という感覚を持てたと共に、キャプテンとしての経験を通じて「リーダーシップを発揮して組織を率いること」をやりたいと考えるようになりました。


いつかは必ず経営者になろう!と意気込むと共に、サッカーしかやってこなかったので、ビジネスパーソンとしていち早く成長するために、大学4年の冬からITベンチャーでインターンを行い、そのまま就職して、経営者の近くで様々なことを学ばせて頂きました。


ーー具体的にどのような事業を行っていたんですか?


主力事業はマーケティングSaaSです。 僕自身は企業向けに、認証システム等のセールスを行っていました。


サッカーのことしかわからない僕にとって、企業向けのITセールスは未知の領域で、日々学ぶべきことが多くて本当に必死の毎日でしたね。




ーーその後、SYN Groupへジョインするきっかけとなったのは何だったのでしょうか?


仕事自体も面白かったし、なに不自由のない環境だったと思うのですが、どうしても「僕には合わないかもな」と感じるようになってしまったんですよね。


自分なりに日々の仕事を創意工夫しながら取り組んでいたつもりではあるのですが、「会社員」という、限られた時間の中で、与えられた仕事を、効率的にこなしていく環境というのが、いまひとつ物足りなかったんです。


そんな中で、Wantedlyを眺めていて、ふと見つけたのがSYN Groupでした。 全社員のインタビューが掲載されていたのですが、同世代の人たちが熱量高く、プロ意識をもって仕事している姿に強烈に惹かれ、あっという間に全員分を読み終えてしまいました。笑



特に印象に残ったのが青栁FAで、「こんなに楽しそうに仕事をしている人がいるんだ!」と驚いたことを覚えています。 「自分自身もこんな環境で仕事したい!」と思って、意を決してエントリーしたのがきっかけですね。



ーーエントリーしてから印象に残っていることはなにかありますか?

選考が印象深かったです。


将来に向けたビジョンややりたいことを中心に聞かれるのですが、それをどう実現していくのか、そのために何をすべきなのか、というようにFAという仕事をしていく上で欠かせない「経営目線」でのアプローチが難しく、本当に考えさせられました。



ーー実際に入社してみてどうですか?

毎日めちゃくちゃ楽しく過ごせています。 ひとつ変わった点としては、「この環境で成長したい!」ともともと考えていたのですが、「その先で周囲に対していい影響を与えていきたい」と考えるようになりました。 少し物事の目線が変わったと思います。



ーー今後の目標やビジョンがあれば教えてください!

まずは愚直に取り組んで、結果に繋げていきたいです。 若いころに結果を出すのは難しい、と一般的には思われますが、だからこそ価値があると思っています。 いまは一分一秒を惜しんで自己成長に繋げていきたいです。



ーー有難うございました! 最後に一言!

おそらくこのストーリーを読んでくださっている方々は、何かしらSYN Groupに興味を抱いている方だと思います。 少しでもくすぶっている方は、是非気軽に話しにきてください!


小田FA,有難うございました!

SYN Group 株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう