1
/
5

なにをやっているのか

2021年4月に親会社のココネより独立する形で設立。
M&Aにより得た『農園婚活』『セルフィ』などのサービスを、今の時代に合わせて昇華させていく。
▍メタバース時代における人類の新しい世界を創る。 当社は、アバター業界で日本最大級のサービス「ポケコロ」「Livly Island」などを運営するココネ株式会社のグループ会社で、新設されたばかりのベンチャー企業です。 事業内容としては、アバター領域に特化した投資およびM&A事業を行っております。他社様で運営をしていたサービスをM&Aにより譲り受け、サービスの持つ価値を更に磨き上げ、リブートする、という取り組みです。 直近はそれだけではなく、既存のサービスを基にした新規事業開発にも取り組んでおり、Web3.0の時代の到来に向け、「日本発のメタバースカンパニー」としてのアプローチを行っております。 ▍メタバースとは 「メタバース」とは、仮想空間上で自分のアバターを作成して行動できるできる仕組みを持ったものです。居心地の良いデジタル空間を作るべく、様々な取り組みを行っております。 ▍運営サービス ■セルフィ(アバターブランド) 15年以上続き全世界1,300万人に利用されているオリジナルアバターサービスです。日本のゲームやアニメ文化にルーツと親和性を持つデザインで、「デジタルデザインのブランド化・IP化」が、文化・芸術の点でも、ビジネスの点でもより重要なテーマになると考え、株式会社ジークレストより2021/9譲受いたしました。 ■農園婚活(バーチャルマッチング事業) デジタル空間での男女の関係、仮想世界でのパートナーシップに向き合ったサービスとして、お客様から支持されております。「仮想デジタル空間での男女のつながり」は、今後の仮想デジタル空間・デジタルワールドにおいて、より重要なテーマになると考え、株式会社アスキスより2021/6に事業譲受いたしました。 ■ClawKiss(新規プロダクト) 『セルフィ』のブランドを生かし、新たなブロックチェーンサービスとして開発中です。プレイヤーそれぞれがアバターを着飾り、トークンエコノミーに参加する「Dress to Earn」のサービスを、英語圏を中心としたグローバルに展開する準備をしています。 ■HR×ブロックチェーン事業(新規事業) 個人の価値観や働き方が多様化し、組織との関わり方も多くの選択肢を持つ時代。新規事業スタジオでは、HRを取り巻く様々な課題をweb3的アプローチで解決すべくHR×ブロックチェーンの新しいサービスを提供することをミッションとしています。利用者と共にサービスを創り上げていきます。

なぜやるのか

日本から世界へ、"アバターブランド"の発信を目指す。
デジタルアイテムを資産化する、NFT事業へも着手中。
▍生きづらい世界を変える 当社が掲げているVISIONです。昨今、デジタル空間上で時間を費やす人が増えたり、あるいは技術進化によってデジタル空間上でよりリッチなコミュニケーションができるようになったり、人々がそれをより必要としてきている世界になっているかなと思っています。 「デジタルの世界が、リアルよりも大切な場所だ」と思う人がますます多くなるかもしれない。リアルな社会で辛いこと、しんどいことがあっても、デジタル世界に入るとリアルなつながりや所属や性別、見た目関係なく別の自分として存在できる。それによって、人生が楽しくなったり日常がわくわくするような世界観。そういうものを目指したいと思っています。 リアルな世界とは異なる、もう一つの心地よい場所を創る、そして今までにない価値をそこに添えていきたいと考えて、日々プロダクトの開発をしています。 ▍居心地のよいデジタル空間を作る コロナ禍でデジタルシフトが一気に進んだ今、「デジタルの世界が、リアルよりも大切なのが常識」な時代が来つつあります。リアルよりもデジタルの世界で過ごす時間が長くなり、交友関係も多様化し、経済的な活動も行われ、資産も持つのが「当然」となる時代です。 世界中の企業がメタバースの領域に参戦し、その速度も加速しています。同社は、長年アバターサービスを営んできたココネグループのノウハウに加え、日本・アジア・世界で同じ夢を描き、挑戦しているサービスやクリエイターたちと協力しながら、カルチャーやサービスを進化させていくことを目指しています。 ▍顧客やクリエイターの‟サービスに懸ける想い”を守る 私たちの行うM&Aでは、他社のサービスを取り込みバリューアップすることだけを目的にはしていません。“クリエイターやファンの想い”も投資やM&Aを行う際の判断軸として大切にしています。 私たちの目的は、「誰にとっても居心地の良い、人に優しいデジタル世界を創ること」。デジタル世界で自分らしさを表現するのにふさわしいファッションが必要だし、それを手に入れるための経済活動も発生する。世界中で自分にピッタリな人と出会い、恋をし結婚もする。自分だけの、ときにパートナーと居心地の良い空間も当然用意されているし、ほしければその所有権も持てる。 そんな"居心地の良いデジタルワールド"を目指すため、"クリエイターやファンの想い"を大切にするビジネス展開を行います。

どうやっているのか

職種や役割にとらわれず、コミュニケーションが活発。企画段階からメンバー全員が関わり合いながらサービスを作り上げる。
社内に設置されたジュースバーでは、専門のスタッフによる、搾りたての新鮮なジュースを提供中!
▍デジタルワールドへの深い造詣、強力なチーム ココネグループのCCP(Character Coordinating Play)サービスの運営ノウハウをバックボーンに、デジタルワールドの実現を目指します。 ▍コミュニケーションを大切にする、フラットな組織 部署や職種ごとに空間を分けないフラットな組織で、プランナーやエンジニア、デザイナーが肩を並べて仕事をしています。コミュケーションが取りやすく、毎日活発に意見交換がされています。企画段階からメンバー全員が関わり合いながら1つの企画を作り上げています。 ▍健康で充実したワークライフを 「心身共に健康で、充実したワークライフを過ごしてもらいたい」という想いから、職場づくりに力を入れています。食生活支援、ジムやマッサージサービスの提供などを行っております。