1
/
5

【私がお話させていただきます!】初めまして、広報担当の角岡です。

初めまして。株式会社Suneight 広報担当の角岡(かどおか)と申します。

「話を聞きたい」ボタンを押してからやりとり〜カジュアル面談まで担当させていただいております。

「あ!こんな子と面談するんだ〜!」と予め知っていただけたらリラックスしてお話ができるかな、と思いましたので僭越ながら初回ストーリーは私のことを更新させていただきます!!!



今年の7月1日よりYouTubeマーケティングを行なっている株式会社Suneightに入社いたしました。社会人歴は今年で4年目の25歳です。

Wantedlyで募集している職種は中途ということもあり応募してくださる方は私より年上の方が圧倒的に多く「こんな小娘が..」と思わせないように業種の勉強も行なっています。

大学卒業から入社まではプロフィールに記載させていただいておりますので割愛させていただきます。(見ていただけたらとっっっっても嬉しいです!!!)



入社してもう少しで1ヶ月、今ご覧いただいている皆様と社内の中では一番近い存在だと思いますので私がどんな気持ちで入社したのか、またこれからどうしていきたいのかを書いていきたいと思います。

「今までのこと」よりも「これからのこと」に共感いただけると働くイメージも掴みやすいかと思いますので是非目を通していただけたら嬉しいです🌸


(今までのことは書かないとかいいながら話の流れ的に書いた方が分かりやすいので少し書かせていただきます!!)

先月まで百貨店にて化粧品の販売員を行なっていました。当たり前ですが、私達販売員は百貨店にいらした方しか接客出来ませんし、商品やサービスの良さをお伝えすることも出来ません。

「肌が綺麗になりました!」「この商品に出会えてよかったです!」というお言葉をいただくたびにもっと自分からこの商品を知ってもらう為の活動をしたい、潜在顧客を発掘していきたい!!!と思うようになりました。

じゃあ営業では??と思ったのですが、自分から行くのにも限度がある。だったらメディアに露出して何千人・何万人の方に知っていただいてその中の何人かでもバッティング出来たら・・という思いで広報職を目指しました。

そこで縁があり、株式会社Suneightに未経験ながらも広報立ち上げ・1人広報として入社させていただきました。

ー 内定から入社まで。

私の転職活動は新人でも裁量権がありバリバリ働きたい!と思っていましたのでベンチャー企業のみ受けていました。どの企業もフランクで圧迫とは無縁な面接を受けていました。

転職活動を初めて1ヶ月。Suneightを受けてみよう!と思い面接を受けました。

いきなり代表面接。代表面接が初めてだった私は凄く緊張したことを覚えています。

大体はアイスブレイクした後に大体自己紹介してください!のような流れで面接が進みますよね。

弊社は違いました。代表自らの事業内容をしっかり説明しています。(現在も行なっています)      会社を立ち上げた本人から事業内容を聞いてとてもワクワクしました。

企業側として事業内容は既に調べてあるだろうと思ってわざわざ1からお伝えすることは無いですよね。(時間も無いし、手間ですし)

「事業内容を理解して聞いた上で自分(応募者)は何ができるのか?」を改めて考えさせてくれる場を与えてくれる会社って本当に少ないと思います。ここがとても魅力的で入りたい!とすぐに思いました。

「3年後どうなっていたいですか?」

こう聞かれて答えたのは

「国内での広報活動は慣れた頃合いだと思いますので(すごい自信だな)、御社を海外進出する為に英語でプレスリリースを書いて、海外のメディアに送ります。」

と答えました。この時点で広報活動経験なし・英語も就活きり勉強出来ていない・プレスリリースって••?みたいな状態でしたが笑わないでしっかり受け止めてくれました。

「この会社をもっと広報の力で日本中・世界中に広めて大きくしたい!!!」

こんな野望を抱えて、入社しました。

ー これからどんなことをしたいか。

YouTubeを使った動画での販促活動ってこれからどの企業も始めると思います。コロナの影響でご自宅にいる時間も長くなり「とりあえずYouTubeみよっと」という方も多いのではないのでしょうか。

そこからお洋服買ってたり、化粧品買ってたり、サブスク登録してみたり...

YouTubeみてたのに何か買い物してた。登録していた。HP見てた。ってことたくさんあると思うんです。

そんな企業の求めている潜在顧客を開拓することにYouTubeは必要不可欠なんだなぁ。と入社して感じました。

Suneightの作ったコンテンツを見てお客様が「こんなもの求めていたの!!!!」と、必要なものに出会える。企業は売上が伸びる。Suneightという会社の事業は依頼してくださった企業様もお客様もみんな良し!の関係作りに貢献しています。

これをもっと日本中に発信することが私の仕事だと思っています。

発信してまた「やってみたい!」という企業様が増えて、「欲しかった!」ものをお客様が手に入れられる。このサイクルを作れるようにしていきたいです。

そして、今は1人広報ですが、やっぱり仲間と切磋琢磨していきたい願望もあるので【広報部】という組織も作りたいです。ずっとマネジメントをしてみたいと思っておりましたのでそこの希望も叶うなぁと。

あとIPO準備中ですので上場する瞬間に立ち会って、このこともプレスリリース書きたいなぁ。     東京証券取引所で社員で写真撮りたいし、テープカットもやりたいっ!(他社さんWantedly見過ぎてる笑)

そして面接でも宣言した「海外進出」!!BBCとかに取り上げられちゃうんじゃないの〜〜?!とか夢見てしまっています。


今まではしっかり内部が整備されている大手企業で働いていて、会社ことというより、「自分のこと」・「一緒に働く人のこと」・「お店のこと」・「お客様のこと」しか考えていませんでした。(会社の組織なんぞ上の人がやってくれてることが当たり前だと思っていたし、そもそも本部の人は私の顔や名前も知らない。)

でも、この会社はどこまででも「やりたい!」ということに背中を押してくれますし

「いや、これあなたの仕事じゃないから」とか「あなたには分からないよね」で任せてもらえないということが一切無い環境になって、想いと仕事をこなす力は比例していなくとも凄く刺激的な毎日を過ごしています。

結局どんなことがしたいかというと、「会社を大きくしたい!!!(知名度もそうですし、オフィスも大きくしたい)」


「Suneightの可能性はこの沖縄の大空のように無限大だ〜〜〜〜〜っ」といいたげな写真。 (2019年7月の写真です...。早くコロナ収束しますように。)

私自身「YouTube?あ、HIKAKINさんね!」みたいな本当に疎くてまだまだ勉強中ですが、そんな方でも弊社の事業に共感していただければ大大大歓迎ですッッ!!!!

「この職種で入ったけど、(異業種的な)こういうこともやってみたい!」、大歓迎です!!!!

面接の時に社長から直接事業内容聞いた時とてもワクワクしました。

ですので私もあなたにワクワクを与えられるようなお話が出来たらなあと思っていますので少しでも気になっていただけたら是非お話しましょう〜!!

(Wantedlyっぽくテンション高めに書いてみましたが実際はこんなキャピっておりませんのでご安心ください!!)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

株式会社Suneight 広報担当 角岡

株式会社Suneightでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう