1
/
5

なにをやっているのか

2021年4月に西新宿へ本社移転をいたしました。
会社内にスタジオを完備しております。
株式会社Suneightは企業向けにYouTubeマーケティング支援をしている会社です。 2013年、YouTubeがまだメジャーではない時期に着目し、新たな販促活動の 1つとしてYouTubeを企業に向けて提案をしてまいりました。 ベストベンチャー記事 ▶︎ https://best100.v-tsushin.jp/company/suneight/ 【YouTubeマーケティング事業】 企業の「集客」「採用」「ブランディング」等の課題解決に向けてYouTubeを使い 潜在顧客層にサービスや商品を広げていく事業です。 <事例>宣伝会議 取材記事 ▶︎ https://www.advertimes.com/20210414/article344504/ クライアントの商品やサービスをお預かりをし、クライアントのビジネス成功を伴走します。 情報が多い世の中で、素晴らしい商品やサービスが埋もれてしまい必要な人へ行き届いていないことが現状としてあります。 YouTubeを通して幅広い年齢層のユーザーにコンテンツを届けることにより、ユーザーは課題を解決ができる・クライアントは潜在顧客にサービスの認知をしてもらい売上に繋げることができる、三方よしなビジネスを展開をしております。 今後はYouTubeに限定をせず、動画を通してクライアントの素晴らしいサービスを届け、 日本の消費活動に貢献してまいります。 【スクール事業】 YouTubeマーケターを育成するスクールとして企業のYouTube運用の内製化支援や 副業・クリエイターの支援を行なっている事業です。 Pen 取材記事 ▶︎ https://www.pen-online.jp/article/008643.html 動画編集を教えるスクールは多く存在をしておりますが、動画制作後、どのように販促に結びつけるマーケティングの手法がカリキュラムに組み込まれているスクールはまだまだ数が少ないことが現状です。 また、動画クリエイターが飽和状態になっており低単価で仕事していることが現状です。 クリエイターだけでは生活できない状況を打破するため、YouTubeマーケティングの知識を 習得していただき自分自身の市場価値を高めていただきたい願いがあります。 そして、日本のクリエイターの地位向上に貢献していきます。

なぜやるのか

【事業を通じ企業もYouTubeユーザーも豊かになる世界を実現すること。】 我々は、動画を通して企業の素晴らしい製品やサービスを必要なユーザーにお届けする。 企業は売り上げが増え、自社の成長に繋げられる。そして我々と企業の間でビジネスが成立するだけでなく、ユーザーもYouTubeを介して様々な課題をを解決する糸口を見つけられます。 「三方よし」のビジネスを展開することが我々の存在意義です。 【大人に学び場を作る。】 大人の学びと子供の学びでは意味が違います。 子供の学びは社会に出て生きていく為の手段を身に付ける物であって大人の学びは、自分の人生を豊かにさせる為に行う物です。 情報過多の時代において、良いサービスを配信したい企業と、有益な情報を得たいユーザーを、動画を使って繋ぐことで、双方に利益をもたらし、人々の幸せと喜びに貢献していきます。 そのためにも、Suneightが配信するコンテンツをユーザーに届ける為に日々研究し続けることをミッションとして掲げております。

どうやっているのか

グリーンバックを用いて撮影を行なっています。
撮影〜編集・解析までワンオペレーションで行っております。
まだ"YouTuber"や"コンテンツマーケティング"等が浸透してなかった時からYouTubeマーケティングを手掛けてきました。 企業のの製品やサービスの魅力を潜在顧客に伝える為に撮影から編集・分析・運用まで自社で手掛けており自分で0から100まで仕事ができる環境です。 言葉にしない願望やニーズを先読みする力を身に付け、現状に満足しない期待の上を行くプロフェッショナルとして日々仕事をしています。