1
/
5

「迷った時ほど遠くを見よ」って確かに大事だなって感じた瞬間

孫正義さんが2018年に仰った言葉、、、

「迷った時ほど遠くを見よ」

この言葉、確かに大事やな~って感じた瞬間ありますか?


・・・・


こんにちは!みるきーです!

僕はこの言葉を初めて聞いた時、大学3回生の秋を思い出しました。


大学3回生の秋、僕は神戸市中央区のポートアイランドで毎日練習をしていました。

幼少期から憧れていた自分になりたくて、アルバイトで貯めた10万円を注ぎ込み、少しでも早く上達しようと毎日練習していました。

晴れの日も、雨の日も、多少風が強く吹いていたとしても足繁くポーアイに通い練習、でも好きなこと、憧れていたことなので毎日の練習も楽しくて、時間が過ぎるのもあっという間でした。


そろそろ何の話やねんってなると思いますので言いますと、、笑



こちらです。



そうです。



バイクの一本橋ですね。



S字もスラロームも失敗することなかった僕が唯一少しだけ苦戦したもの。

それが一本橋。


長さが15メートル、幅が30センチメートル、 高さが5センチメートルの平均台をふらつきや脱輪、転倒、エンストなどをしないで低速でバランスを保ちながら安全に走行する練習ですが、この一本橋を7秒以上かけてゆっっっっくりと走り抜けることが合格条件です。


ただ慣れない間は、どうしてもふらついてしまって脱輪してしまうことが多いんですよね。


そんな一本橋に苦戦している僕に教官が一言。


「足元見たらあかん。」

「危ない、落ちそう、って迷い始めると視線が下る。」

「でもそんな時こそ遠くを見んねん。」


・・・。

これです。

孫正義さんが言うよりも先に、僕はこの大切なことを教えてもらっていて、その重要性を実感していたんです。


このアドバイスを受けてからは見違えるように一本橋が上手くなりました。

10秒以上かけてゆっっっっっっくりと走り抜けられるようにもなり一本橋マスターになったんです。




バイクもビジネスも人生も同じなんだなって。

迷った時とか自信が無くなった時こそ、遠くを見て、今どこに向かっているのか、改めて何のためにやっているのか、目先のこと、足元ばかりを見るのではなく俯瞰できるようになることが重要だと。


今、色んな企業の方と話をしていても、採用や教育、組織づくりよりも今月の数字、今期の数字と足元に囚われてしまっている声をよく耳にします。


OneColorsでは「日本を働きがいNo.1の国に」というミッションを掲げ、PMMVという企業が在るべき姿や向かうべき先を明確にし、浸透させる支援をしています。

誰しもが「足元」か「未来」か、のOR思考で考えてしまいがちですが、OneColorsではAND思考を重視し、全てのお客様に足元を固めつつ価値ある未来を手繰り寄せられるようにご提案させていただきます。


ただ、今のままではまだまだマンパワーが足りていません。


OneColorsに興味が湧いた方、
みるきーに興味が湧いた方、
孫正義さんの名言に惹かれて読んじゃった方、
プロローグを読んでバイクの話って気づいた方、
みるきーの愛車SR400がかっこいいと感じた方、

上記に該当する方は【いいね】と僕に「大事だなって感じた瞬間」をコメントください!笑

これが僕の愛車です!!!かっこいいですよね!!!!!

株式会社OneColorsでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう