1
/
5

あなたははなぜEventHubへ?#2: ゴールドマン・サックスからの転職「自分の人生を賭けてみようと思った」

下河原雄太(しもがわら ゆうた)<プロフィール>2011年東京大学法学部卒業。同年、UBS証券債券部門に営業として入社。2013年にゴールドマン・サックス証券の債券部門に営業として入社。2015年に投資銀行部門資本市場部に社内異動。2021年まで金利・株・為替に関するソリューション提供や、プロジェクト・アセットファイナンス業務、融資業務など資本関連業務に幅広く携わる。2021年6月より株式会社EventHubにて、コーポレート担当として勤務。

目次

  1. もう一度、自分が成長できる機会に飛び込みたい- 10年間キャリアを築いた金融業界を出た決意のワケ
  2. 事業内容や社員に将来性を感じた - 転職先にEventHubを選んだ3つの理由
  3. 精神的幸福度が高まるサービスを提供できたら、無形で無限の価値がある - 見据える会社の未来とは

もう一度、自分が成長できる機会に飛び込みたい- 10年間キャリアを築いた金融業界を出た決意のワケ

ー 前職のゴールドマン・サックスには約8年在籍されたんですよね。なぜこのタイミングで転職を決めたのでしょうか?

金融業界に限らず、同じ業界に長く居続ければ誰もが、自分のキャリアをその業界内で築いていくのかどうかを考えるようになります。特に「30代前半」という時期は、キャリアパスを決める上で一つの基準になるタイミングになることが多いと、個人的には思っています。実際、35歳くらいまで金融に残っている人はその先も業界に残ることが多い一方で、業界を出て転職するのであれば30代前半くらいまでには多くの人が業界を出ているイメージを持っていました。

続きはnoteにてお読みください〜!

株式会社EventHubでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう