1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

わらしこの会理事・わらしこ保育園園長/大伴美砂子
明るく元気!みなみ学童保育所の職員です
子どもが子どもらしい子ども時代を生きること。 それが私たちの望みです。 東京都府中市で2つの保育園を運営しています。 小金井市には運営を委託されている学童保育所が2ヵ所。 児童発達支援事業も手がけています。 無認可の小さな保育所からはじまってから40年近く。地域のなかに深く入り込み、地域の人たちとともに。私たちは、子どもにかかわってきました。 未認可保育園として運営していくのは厳しく、たくさんの困難にも直面してきました。 きょう、どうする? あした、どうする? 未来を、どうする? お金もありませんでした。 でも、気持ちを失ったことはありません。 共同保育所といわれる施設だった頃から保護者の方たちと一緒に、手を取り合って、助け合いながら、子どもたちのために、なにかしよう。できることをしよう。そう考えてきました。 きょう、どうする?そういいながら、協働する。 保護者の方たちと、そんなふうにして信頼関係を築いてきました。 私たちは、地域のなかで、地域の人たちとともに、子どもと向き合っています。

なぜやるのか

わらしこ第2保育園では食育に力を入れています
わらしこ保育園では‟ひのき風呂″があります。
1982年に開設された未認可の保育室が、 2000年に認可保育園になるまでの20年近く、保護者の方たちとともに、 私たちは、いくもの困難を乗り越えてきました。 20年ほど前、存亡の危機に瀕したとき。 「わらしこの灯を消してはならない」 そういって地域の方が立ち上がってくださいました。 『OBをも含む保護者の認可をすすめる会』を発足させて 3年間もの間、熱心に認可運動に取り組んでくださったおかげで、 私たちは認可保育園になることができたのです。 少しでも収益を得るために、バザーを開催してみたり、補助金がなくて運営が苦しかった無認可の時代から、保護者の方たちと一緒に、いろんな取り組みをしてきました。 子どもたちは、どうやって成長していくのが、しあわせか。いろんなことを話し合って、一緒に取り組んできました。 これからも、私たちは、地域の方たちと、同じ方向を見て、協働していきます。 未来を、どうする? 共有する思いを叶えていくために。

どうやっているのか

老若男女問わず活躍中!小金井市立まえはら学童保育所
手づくりごはんが好評♪児童発達支援事業所Tossie
府中市で2つの保育園と児童発達支援事業所を運営。 小金井市では2つの学童保育所の委託運営を手がけています。 【保育園】 ●わらしこ保育園/府中市若松町4-27-6 ●わらしこ第2保育園/府中市紅葉丘1-1-2 【学童保育所】 ●小金井市立まえはら学童保育所/小金井市前原町3-3-16 ●みなみ学童保育所/小金井市前原町2-2-21 【児童発達支援事業所】 ●児童発達支援事業所Tossie/東京都府中市寿町3-10-7 一人でも多くの子どもたちが、平和な世の中で、安心できる大人のもとで伸び伸びと育ってほしい。 私たちは、そう願っています。 子どもの成長のために、大切にしている3つの柱があります。 ●心と身体のバランスをとる力 ●考える方 ●生きていく力 それを具体的に、どのような取り組みをしていくのかは、それぞれの施設の職員が話し合って考えています。 自分で選ぶ。自分で決める。自分で動く。 ポイントを伝えることはあっても、やり方まで押し付けられることはありません。 職員それぞれが自分なりの考え方を持ち、みんなで話し合って、施設を運営している、ボトムアップ型の組織。職員同士のコミュニケーションが活発です。 きっと、あなたも、いきいきと活躍できます。 募集を見て、どんなことをやるのかを知って、ぜひご検討ください。