1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

創業2年目のHRForceがバリュエーション334億円の評価を頂いたお話

こんにちは、葵ビットです!

突然ですが皆さん!「バリュエーション」って言葉、ご存知でしょうか!

今回は、タイトルにもある通り、
「創業2年目のHR Forceがバリュエーション334億円の評価を頂いた話」を書きたいと思います!
少しウキウキしたテンションでお伝えしていきます!うっとおしかったらごめんなさい!(笑)

まずバリュエーションというのは、
投資の価値計算や事業の経済性評価のために用いられる経済指標の1つです。
「企業そのものがお金に換算してどれだけの価値があるかの評価額」がバリュエーションとなり、
資産家が株式投資する目安になったり、M&Aで売買する企業の値段の指標になったりします。

このバリュエーションは通常IPO
(Initial Public Offering; 未上場企業が、株式を証券取引所に上場すること)
の行われる前など、株式の値段決定のために付けられることが多いものです。

HR Forceが上場するわけではないのですが、創業初年度から2桁億の売上を記録した背景もあり、
証券会社の方にHR Force単体でのバリュエーションを算出していただきました。

その値がなんと…334億円!!!

これを冒頭からずっとお伝えしていたわけです。

大切なのは相対値、この値が人材業界でどんな位置づけかというと、

10年目を迎えるwantedlyさんと13年目を迎えるビズリーチさんの間、ということになります!

求職者とダイレクトに繋がるビジネスモデルではないため、名前をご存知ない方も多いHR Forceですが、今後の人材マーケットを担う企業さんと肩を並べるまでに急成長を遂げてきました!

この数字が今すぐ何かに表れる!というわけではないですが、変革期を迎える人材業界の一企業として腹を括り直したわけであります!

HR Forceに興味をお持ちの方がおられましたら、説明会やカジュアルな面談も開催しておりますので、まずはお話からさせていただければと思います!

株式会社HRForceでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう