1
/
5

【社員インタビュー】一人前のRailsエンジニアになり、お客様に愛されるサービスに育てていきたい

ーーまずは飯島さんについて教えてください

飯島:バックエンドエンジニアの飯島です。観葉植物が好きで、家をジャングルにしたい欲と日々戦っています。

ーー今ジャングルレベルというとどの程度の進捗具合ですか?

飯島:5%です。どんどん観葉植物を育てていきたいと思っています。



ーーFAMに入社するまでの経歴を教えてください

飯島:流通小売の会社で日曜雑貨やインテリアを扱う部門のマネージャーをしていました。以前から商品やサービスを作りたいという思いがあって、今後のキャリアを考えていたタイミングでエンジニアという職業に出会いキャリアチェンジしました。

ーーマネージャーからエンジニアへの転職大きな決断だったと思いますが、何が最終的に判断材料となったのでしょう?

飯島:将来を考えたときにワクワクできる自分を想像した結果、エンジニアしかない!と思いました。エンジニアはワクワクを世界に届けられる職業だと思っています。

ーーFAMでもワクワクを世界に届けていっていますがどんなことをやっていますか?

飯島:主にサーバーサイドエンジニアで開発業務を任せて頂いております。まだまだ未熟で、周りに着いていくのに必死ですが、1からサービス、機能を創っていけるのは他では中々できない貴重な経験なので毎日やりがいを持って働いています!



ーーやりがいを持って働いてくださってると思いますが、社内の雰囲気についてどう思いますか?

飯島:お互いをリスペクトしようというカルチャーが根付いているので、コミュニケーションが非常に円滑です。こういったカルチャーのおかげで各々が伸び伸びと働いています

ーー今後の目標についても教えてください!

飯島:今開発中のサービスをリリースして、お客様に支持されるサービスに育て上げたいですね。個人的な目標は、Rails開発において一人前になることです。今は先輩エンジニアの方々にご指導いただきたながら日々精進しています。

ーーエントリーを考えている方へのメッセージもお願いします!

飯島:産業用ロボット業界は今後確実に伸びていく業界です。加えて幸運にもこの業界で日本一=世界一といっても過言ではないくらい世界において競争力のある業界です。 しかもチームのメンバーはアベンジャーズです笑

ロマンを求めてるそこのあなた!!是非一緒に働きましょう!!!


▶︎他のエンジニアメンバーの社員インタビューもご覧ください!!

  • 会社成長とともに自分も成長しRailsのスペシャリストを目指す
  • 車掌からITエンジニアへ。きっかけは「もっとたくさんの人の笑顔が見たい」

▶︎「ROBoIN」:自動化ロボット専門情報サイトもご覧ください!!

株式会社ファースト・オートメーションでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう