1
/
5

ロレックスマラソン経験者。青サブを求めて、再びマラソンに連れ出される。

株式会社アプレ 経営企画 荻野です。

言わずと知れた、高級時計界で最も知名度の高いロレックス(写真は、たしかロデオドライブにいったときのもので、カルティエショップの前でカルティエ商品を見ているときのものです)。

今回はそんなロレックスの中でも人気のスポーツモデルであるサブマリーナ。更にその中でも通称 “青サブ” と呼ばれる文字盤が青い個体に焦点を当ててみました。

ちょっとしたきっかけで、また歩きまわるはめになるとは・・。そんな私のロレックスマラソンのお話です。

※前回のロレックスマラソンの記事はこちらから「ロレックスマラソン

■サブマリーナってどんな時計?

ロレックスのダイバーズウォッチとして、有名な「サブマリーナ」。
1953年に登場し、今もなお、ロレックスの中で人気のモデルの一つとして沢山の方に愛されています。
デイトナ・GMTマスター同様、手に入りにくい希少商品も存在し、文字盤や文字盤に施された印字カラー、文字盤デザイン、質感など、その種類は様々。

■青サブっていつ誕生したの?

1987年頃、青サブはRef.16803をオリジナルとして誕生。
ダイバーズウォッチ=爽やかブルーの文字盤は、現代でも高い人気があり、4月のモデルチェンジをきっかけに、さらにプレミア価格がついています。スポーティーな部分とロレックス他のスポーツモデルと比較するとラグジュアリー感もあるため、青サブはサブマリーナコンビモデルの代名詞的存在ともいわれているんです。

また、ゴルフの松山英樹さんが、マスターズ優勝セレモニーで青サブを着用している画像から、更なる人気に拍車をかけています!!

そんな、なかなか出会えないモデルが欲しいと、なぜかロレックスマラソンにまた付き合わされることになるのです・・。

■青サブを求めて・・

★1件目:新宿京王百貨店・・

入口につくと入場規制。少し待ってみると、中に入れました。

こちら側「最近の入荷ってどうですか?」

スタッフ「最近は入荷もあるけど、いつっていうのが決定してないんですよ。申し訳ございません。」


★2件目:新宿小田急百貨店

店の手前、通路で並んでる。少し待って入れた。

こちら側「最近入荷はありましたか?」

スタッフ「最近は・・・。入荷もこちら側でも状況がわからないんですよ。申し訳ございません。」



★3件目:新宿高島屋

スムーズには入れた。同じように確認をしてみる。

こちら側「最近入荷はありましたか?」

先程のような同じ答えがかえってきます。

そりゃ、3件だけで、土日で、1日目で、見つかるわけないよね・・。平日のあいたところで、頑張ってマラソンしますか。

これいいよね。これほしいなとメッセージしたら、

「1,000万超えてるよ」とだけ、返事がきました。この時計ほしい。

最後に、アプレでは22卒の採用を進めております。

時計やブランド品に興味がある。業界の話を聞いてみたいなど。

ちょっとでも興味を持っていただけそうな方は、是非、オンライン交流会にご参加ください。

株式会社アプレでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング