1
/
5

ぐーんと伸びてる、理由とは?\祝!40,000コマ突破/日本最大級「オンライン家庭教師」の指導実績!

こんにちは、広報の岡です。2019年9月の時点でオンライン指導が30,000コマを超えて、喜んだ記憶から4か月。なんとたった4ヶ月で10,000指導コマも増えてありがたい悲鳴が社内で上がっています!

オンライン上でそれだけの指導が行われていること、「必要な人がいるから」だと思うと、仕事にもやる気が湧いてきます。多くの生徒が学ぶことを頑張っていること、必要だとされていること、仕事にもそんな喜びを感じさせてもらえて、嬉しいです。

これからの学校教育環境を外部サポートできる優良なサービスを提供できる仕組みを作っている、私たち株式会社バンザンでは、この実績を胸に掲げ、これからも語りかけ、提供し続ける活動をしていきます。

◇「学校教育」、日本はいま、変わろうとしています

2020年の今年は「教育改革」の年。指導要綱が変わるだけでなく、教える方向性が変わります。授業は受けるものから参加するものへ変わっていきます。この教育改革によるこれまでの「当たり前」が変わっていくのです。教育は社会のプラットフォーム。これまでの画一的・受動的な学びから、能動的かつ体験型の学習へと教育が変わる時代になりました。情報はたくさんありますが、それらの情報をどう選び、活かすという、その手段を身に付けなければいけない時代だという事ですね。皆さんは最近勉強、していますか?

◇センター試験導入から30年、今も「受験する学生は年間60万人!」

少子化と言われますが30年前に導入された「センター試験」の受験者実績によると、一定の人数がずっと大学を受験している過去が分かります。来年からは「大学共通テスト」に変わります。変化に対応するための個別指導を、私たちはご用意しています。

◇女性の社会進出は、ますます活発に!大学進学率、伸びています

大学への進学者数の将来推計について - 文部科学省より引用

◇未来を担う子どもたちが、世界で活躍するためには、複合的なスキルが必要

個別にスキルや能力高めるためには、学校教育だけでは対応・指導しきれません。学校教育のカリキュラムでカバーできる範囲にも、先生の指導時間も限りがあります。全生徒に同じ学習指導をしても、同じように身につくわけではなく、得意不得意もあれば、集団の授業やクラスが苦手という言うこともある。それでも、時間は無限ではありません。時代の流れとともに生きる若い力を教え育てるためには、スピードも大切です。社会で活躍するために必要なことは全科目100点を取ることでしょうか。

学校でしか学べないこと、集合教育だから出来ること、自分の弱点を克服すること、色々学ぶことはありますが、学力を向上させる方法をどのように組み合わせていくか、そこが肝心ですね。

◇私たち「メガスタディ オンライン」「メガスタ」が選ばれている理由

それは、一言でいうと25年間の家庭教師事業実績とノウハウにあります。

日本の将来を担う子どもたちが誰にも平等に学ぶ機会を得られるように、私たち株式会社バンザンは、オンライン個別指導、オンライン家庭教師の事業で貢献していきます。

そんな夢のあるプラットフォーム、世の中に伝える役割を、私たちと一緒に創りませんか。

株式会社バンザンでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう