1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

<社員インタビュー vol.1>Wantedlyから初採用~技術だけが『ウリ』じゃない。開発言語を超えたエンジニアを目指す~

Q テクノに入社されるまでの経緯を教えてください

文系の大学を卒業後、町の工場でつかうような製造業向けシステムの開発に4年半従事していました。  物作りに興味があり、『この機械はどのように動いているのか』と考えたときに、実際に動かしているシステムの部分を深く学びたいと思い、ITの道に進みました。                    プログラミングだけではなくユーザーとの仕様打ち合わせ、業務分析や設計もやっていたので開発の一連の流れを経験できたのは、自分の中で大きかったです。

2社目は前会社の受注した先の製造業に5年半勤務していました。管理部として入社し、経理などを担当していましたが前職の経歴を買われて、システム導入プロジェクトにも途中参加。最終的には責任者としてプロジェクト全体を取り仕切りました。現場に出ている職人さんにどういった製品が必要なのかをヒアリングをして、設計や要件定義をこなしたあと、他の会社に委託していました。

3社目はシステム開発業に戻るつもりでしたが、事情により不動産業に携わったのち、テクノ情報システムに入社しました。

ー印象に残っている出来事はありますか?

印象に残っていることと言えば、新卒で一社目に入社した時、納期オーバーしているプロジェクトにプログラマーとして途中参加したことです。今と違ってテレビ会議が普及していない時代だったので、チームで出張して一か月ホテルに詰め切りで開発をしていました。

複雑な機能の開発を担いましたが、無事稼働へと漕ぎつけた時は安心しました。稼働後も保守・追加開発要員としてプロジェクトに残留し、長く関わっていたことがとても印象に残っています。




Qテクノを知ったきっかけはなんでしたか

転職活動をしていた中でウォンテッドリーで見かけたのがきっかけです。


Qなぜテクノに入社しようと思いましたか

ITの会社をいろいろみてはいましたが、説明会を聞きに行ったときの印象が良かったんです。     幅広い分野でシステム開発をしているわけではなく、テクノは金融をメインにやっているところが気になりました。色々なことをやっていると技術的に使いまわせますが、業界の知識が深められないと考えています。ある程度分野を絞って、言語以外のより深い仕様だとか、実際にシステムを使う人たちの業界特有の監修などを考えてシステムを作っていきたいと思っていました。

また、上流工程での打ち合わせを重視している、という話を聞きました。要件定義(システム開発をする上でどんな機能が求められているのかを明らかにするフェーズ)の段階で客先としっかり打ち合わせをし、求められているシステムと実際に作るシステムの相違をなくす重要性を身に染みて感じていたので、そこも魅力的でした

なので、自分の考えと会社の方針がマッチしていたのが一番の志望動機です。




Qエンジニア職のやりがいはどんなことですか

設計書を書いたりプログラミングして出来上がったものがリリースされたときはやはり達成感があります。ただ、システムというのは人に使ってもらって便利になるものです。自分の手から離れても人に使われて人の役に立つ、それが一番やりがいを感じます。接客や営業などは人との接点があっての職業なので離れたら関係は薄れていきます。システム開発は自分が作ったシステムをリリースして自分から離れても、今後も使われ続けるのでそういった面は嬉しいです。

ーIT業界一年目はどんなことが大変だと感じていましたか?

文系の大学を卒業したので、業界の知識がほとんどありませんでした。そんな中でも自分で考えて仕事をこなすことが多く、未経験ながらもインターネットで調べながら仕事をしていた覚えがあります。『なぜこの機械は動いているのか』が完成した2.3か月後にやっと理解できたり、最初は地盤もなかったのですごく大変でした。

ー知識がない状態で独学で作れた能力があったということは、元々パソコンなど機械系が得意だったのですか?

いえ、そういったことは全くなく、むしろ逆です(笑)私が高校生の時に携帯電話が普及し始めましたが、TSUTAYAの会員登録をするのに1時間かかるくらい機械に疎くて、苦手意識が強かったです。ただ、物事を順序立てて道筋を考えて実行することが得意でした。そういった意味では、普段から論理的に考える人は機械に弱くてもSE(システムエンジニア)に向いている可能性はあると思います。



Q今後どうなっていきたいですか

まず個人としては金融の知識を少しずつ蓄えていくことです。システムの言語などを超えて『保険のシステムならこの仕様はこうした方がいい』『銀行ならこれ』など別の観点から提案していけたらいいなと思っています。単に開発会社で技術だけを売りにするのではなく、業界の知識を踏まえて仕様などの細かいところも詰められる人材になりたいです。




Q転職を考えている方に一言お願いします

まずは自己分析が必要だと思います。というのも、今の自分にはどういったスキルがあるのかを知っておいた方が転職に有利だからです。例えば私の場合、ITの会社のあとはバリバリの製造業でしたが、Excelで関数などのツールが意外なところで役に立ったりしました。違う視点から見て、どういったスキルや能力がその会社に活かせるのかを明確にしていたらいいと思います。

是非一度、テクノを見に来てください!

株式会社テクノ情報システムでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう