1
/
5

DWARF PLANETの代表が語る、会社の今とこれから。

こんにちは!DWARF PLANETの、広報のお手伝いをしている板垣です!
DWARF PLANETで働く方の生の声をお届けするため、インタビューしています。
今回は、DWARF PLANETの代表の及川直樹さんにお話をお伺いしました!

DWARF PLANETの求人に申し込みをするか迷っている方、DWARF PLANETではどんな人が働いているのだろうと気になる方は必見です!是非、最後までお付き合いください!

ーーーーーーーーーーーーー
名前:及川直樹
出身:宮城県
経歴:情報系の専門学校を卒業後、ソフトウェア開発を行う会社へ入社。オープン系のウェブ開発に携わりながら、経営管理にも関わる。2016年にDWARF PLANETを創業。
ーーーーーーーーーーーーー

ー板垣(以下、板):まずは、及川さんの経歴をお伺いできればと思うのですが、及川さんはいつからプログラミングには関わっていたのですか?

及川(以下、及):専門学校へ通っていた時は、コンピューターサイエンスなどの座学に特化して学んでいたため、プログラミングは就職してから本格的に関わるようになりました。ただ、ずっとエンジニアとして働いていたわけではなく、前職の職場では、経営管理など会社の裏方周り全般にも携わっていました。

ー板:なるほど。DWARF PLANETの創業は、経営管理に携わるようになってから考えるようになりましたか?

及:そうですね、起業を考えるようになったのはその辺りからだったと思います。

ー板:実際に起業を決意したのは何かきっかけがあったのですか?

及:「特にこれをやりたいから、やる!」など、何か特別なきっかけがあったわけではありません。
前職で経営者の先輩方と関わっていくなかで、自分が面白そうと思うものや、新しいことに挑戦したいという気持ちが芽生え始め、会社に属した状態と自分で会社を経営するのを比較したときに、後者の方が自分の目指したいことを直ぐに体現できると思ったからです。

ー板:DWARF PLANETにいるメンバーは、どのようなマインドを持っている人が多いですか?

及:メンバーのバックグラウンドや性格、将来やりたいことは、バラバラですが、自分のやりたいこと、挑戦したいという想いを持っているというところは全員共通持っています。

*実際にDWARF PLANETで働いているメンバーにもインタビューしています!
よろしければこちらもご覧ください!

ー板:それぞれのメンバーが将来やりたいことがバラバラなのに、何故、一つの組織として働けているのでしょうか。

及:何かを創りたい、挑戦したいという気持ちを持っている人が集まっているということと、ヒト・モノ・カネという資源が個人では限界があるので、会社だからこその強みを活用できるからだと思います。

ただこう言うと、個人主義のように思うかもしれませんが、一人でできることの限界を知っているメンバーが揃っていると思いますし、自分の「こうしたい」をぶつけ合うことで、新しいビジネスアイディアが生まれると考えています。

ー板:なるほど。確かに自分とは全く違う考え方を持った人と話すと新しい気づきがあったりしますよね。

ー板:DWARF PLANETさんは何の事業を運営されていますか?

及:そもそも、DWARF PLANETは「ソフトウェアで新しい体験価値を創って、Happyになる人を増やす」をビジョンに掲げている会社です。そのビジョンを基に、クライアントのビジネス課題解決にコミットしたソフトウェア開発事業を展開しています!

ー板:具体的はどのようなことをされていますか?

及:大きく分けて3つに分かれており、1つ目が、システム開発支援、2つ目が、業務ハック支援、3つ目が、MVP開発支援となっています。

*詳しく事業内容を知りたい方はこちらの会社説明をご覧ください。

ー板:クライアントのビジネス課題に向き合う上で、で大切にしていることはありますか?

及:「お客様にとってオンリーワンな存在になる」ということは大切にしています。

お客様が私たちに仕事を依頼する時は、目の前の課題解決はもちろんですが、事業を成長・加速させたいと思っているはずです。ただそこまで満足していただくためには、作りたいと言われたものをそのまま作っても満足していただけません。

これを実現するためには、エンジニア1人1人が、他人事ではなく自分事で捉えた上で、一緒に課題解決に取り組む必要があります。

ー板:確かに、期待を超えるものを提供されると感動しますし、その人や会社をとても信頼してしまいます。

及:そうなんです。その信頼というものが、クライアントワークでは重要なんです。
特に、私たちは創業まもないということもあるので、会社名だけで信頼を得ることができない分、個人個人が信頼を得られるように、日々行動しないといけません。
なので、DWARF PLANETでは、クライアント視点に立って粘り強く行動し続けられる人が活躍できると思います。

ー板:なるほど。DWARF PLANETを及川さんはどのような会社にしたいと考えていますか?

もし、自分のやりたいことの実現が、将来的に独立することであろうが、新規サービスの立ち上げをすることであろうが、会社として応援と支援をしたいと思ってます。まだ立ち上がった会社なので、すぐに体現できていないこともあると思いますが、こういう多様性を素直に受け入れられる風土である会社は面白いと思います。

ー板:自分のやりたいを応援してくれる会社だととても安心しながら働くことができそうです。

ー板:働き方という部分で取り組まれていることなどございますか?

及:過去のルールに縛られた働き方はしないようにしています。というのも、ソフトウェア開発の現場では、これまでの働き方に固執をしている現場がまだまだ多いんですよね…。

ー板:そうなんですね…!周囲の環境も目まぐるしく変わっていますし、変化が求められるようになってきているのかなと思います。

及:そうですね。それは間違いないと思いますし、エンジニアにはもっとありのままを表現できるベストな状態であって欲しいんですよね。なので、例えば、DWARF PLANETでは、フルリモートワークの開発体制を整えていたり、副業を歓迎していたり、残業を原則的になしとしています。

ー板:なるほど。より自分や、結果というところに集中ができそうで、とても良いですね。

ー板:面談や選考の際に、見ているポイントはありますか?

及:その人が何を成し遂げてきたのか、何を目指しているのかを聞いた上で、自分とどう向き合っているのか、目指しているものに対して、本気で行動できているかを見るようにしていますね。

一緒に働くという形以外でも、一緒に何かできたり、何か力になれることもあると思うので、
少しでもDWARF PLANETに興味のある人ぜひ、一度話を聞きに来てください!

こちらから応募できます!

Webエンジニア
自分ではなくユーザーを満たすための開発を!本質的な開発をしたい人募集!
◆ クライアントワークから自社開発まで幅広く手掛けエンジニアの可能性を広げる  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ・クライアントワーク事業 DWARF PLANETでは、お客様からの要望に対して、要件定義、設計、実装、運用保守まで一貫して対応を行っております。開発できるものも、Webシステムに、スマホアプリ、ゲームと幅が広いのも私たちの特徴です。また、多種多様な分野のシステム開発で得た知見は、自社プロダクトの開発にも活かされ、シナジーをもたらしています。 一案ではありますが、これまで下記のようなプロジェクトを担当してきました! ● 海外人材と日本企業の就職斡旋を支援するシステム ● リフォーム物件と職人の業務マッチングシステム ● 保育現場のデジタル連絡帳を印刷し冊子で残せるサービス メンバーとの距離が物理的に離れていたとしても、各々がドワーフプラネットの代表としての自覚と責任を持ち働いています! ・自社プロダクト開発 領域や内容に関わらず、自分たちが面白いと思ったプロダクトの開発に挑戦をしています。 これまで挑戦してきたプロダクトとしては、リズムゲームや、音楽トレーニングアプリがあります!今後もメンバーからでたアイディアを元に新たなプロダクトに挑戦していく予定です。 ■ Leaping Destiny ┗ 3Dラン✕リズムが融合したスマホゲームです! https://dwarfplanet.opal.ne.jp/ ■ AirGroove ┗ 弦楽器向けの音楽トレーニングアプリです!*今年中にリリース予定 https://airgroove.site/ 私たちは、”新しい意味”と”アイディア”を大切に、世の中をハッピーにするプロダクトを創出し続けています!
株式会社DWARF PLANET
株式会社DWARF PLANETでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング