1
/
5

【INTERVIEW#04】十人十色の意志や目標、価値観をもったメンバーと接することで私自身成長できる|月岡の想い

自分のキャリアを10バトンが後押ししてくれるから、前向きに楽しく仕事ができると思ってもらえるようにー

バックオフィス業務を行いながら中村さんと同じく社員フォローを行う月岡さんのストーリー。

IT業界に元々興味を持っていたが、学べる機会がなくキャリアチェンジ

短大卒でアパレル業界に入って、ファッションアドバイザーとして接客販売をしていました。
もともと短大時代からアパレル業界とIT業界に興味を持っていて。
どっちに進もうか悩んでいたんですが、大学卒業後、アパレル業界への就職を選びました。

当時は、アパレル業界でもPC操作する業務とかあるだろうなと思っていたんです(笑)
でも、私が勤めた所では完全な販売スタッフで。
PC操作する業務だったりとかそういうのを仕事で学べる機会とかもなかったので、プライベートで自分で調べて学習するぐらいでした。
アパレルに勤めて2年経ったとき「もう沢山経験できたし、そろそろIT業界に進もうかな」と思ってIT業界へキャリアチェンジすることにしました。

ただ、当時の私は本当にPCスキルとか全くなくて。
IT業界への転職活動をしていた際に、未経験でも歓迎して貰える企業を探していて、その時に10バトンからスカウト頂いたんですよね。で、IT企業の勉強がてら良いご縁になればと思って選考を受けたんですけど、面接のときに、未経験の自分を受け入れてくれている感じがして、10バトンへ入社しよう!って直感で決めました。

プロジェクト先で発見できた自分に向いている仕事。
10バトン内で機会があれば、やりたいなっていう気持ちが芽生え始めた

入社して、最初に参画したプロジェクトは短期プロジェクトだったんですが、次に参画したプロジェクトは大手パソコンメーカーで、2年近く参画しました。

業務内容としては、一言でいうと、サーバーの構成見積を作成してました。
ひたすらプロジェクト先のシステムで「このサーバーには何のCPUをのせよう?」とか「ハードディスク何枚積もう?」とかを考えたり、サーバーのどのモデルがどれくらい売れたのかなどの集計業務を行っていましたね。

集計業務は大変でしたけど、すごく楽しかったですし、「こういう細かい仕事向いているかも!」って発見できて。もし、10バトン内でそういう機会があれば、やりたいなっていう気持ちが芽生え始めたんですよね。

そしたら、本社メンバーの社内公募があって。で、やってみたいなと思って手をあげました。
営業事務のポジションや人事的なポジションに興味を持ってて、実際に仕事内容とかの話を詳しく聞いてみたら、営業事務のポジションにすごく興味が湧いて。
私自身今までやった事のない仕事だったし、チャレンジしたいなと思って本社メンバーとして働くことにしたんです。

現在は、中村さんと一緒に本社のコーポレートデザイン部として働いていて、主な仕事内容は、社員の勤怠管理やクライアントとの契約確認、社内用資料の更新だったり、営業のサポートを行なっています。
最初の頃は、クライアントとの契約内容を把握するのが大変でした。

今は、業務にも慣れてきて、タイムアタック的なことを個人的にするのが凄く楽しいんですよね。
「先月の請求は3日間で完了したけど、今回は2日間できないかな?」とか(笑)
私が行なっている手順とか、仕事の内容をさらにブラッシュアップしていくことに今めちゃめちゃ燃えています(笑)
最近気づいたことなんですけど、私、仕事の仕方とかを振り返り・分析して、改善するという事が好きみたいなんですよね。本当に働いていて楽しいです。

10バトンのメンバーであるという意識を、どう楽しく持ってもらえるか

本社メンバーとして働くようになって、誰が、どのプロジェクト先で、どういうことしているのかも把握できるようになってきて。それと同時に、プロジェクト先に出ているメンバーと本社メンバーの橋渡し的な事をしたいなーと思うようになったんですよね。プロジェクトに参画中のメンバーが持つ悩みや思いを聞いたり、今後のビジョンやミッションを明確にしていくお手伝いだったり、本社メンバーや経営側の想いとかをプロジェクトに参画中のメンバーにも伝えていきたいなって。

プロジェクト先に出ていた頃は、私自身、あまり10バトンのメンバーの事を分かっていなかった経験もあるので、皆に10バトンのメンバーであるという意識を、どう楽しく持ってもらえるかとか、お互いがお互いを支いあえる、そういう関係性を築けるようにしていきたいなって。
その橋渡しを今、色々な形で任せて貰えているのが有難いなと思っていますし、やりがいを感じていますね。

表面的な所しか見えていなかったんだなと気づかせてくれた

中村さんと同じように社員フォローを最近行うようになってきたんですが、社員フォローを行うようになって、気づいたんです。
私、10バトンのメンバーのことを分かっているようで分かってなかったなって。本当にもうただただ反省ですよね。
「○○さんはこのプロジェクト先に出ていて、こういう業務をしている」っていうのは分かっていたんですけど、それは表面的な所の話で。いざ、メンバーと話してみると、プロジェクト先で困っていることとか、今後どういうキャリアを考えているのかとか、内面的な想いまで汲み取り切れていなかったんだなーって。

内面的な想いを汲み取れていないと、相手にとって的確なアドバイスだったり提案ができないと思うんです。
うんうんそうだよね、分かるよって共感することも大事だけど、相手のことを思って良い部分も悪い部分もちゃんと言うのが、私はどちらかというと得意みたいなので、お節介焼きを活かしてお互いにストレスなく、相手にとって的確な意見を言えるようになりたいなと思います。

さまざまな目標を持つ社員と一緒に成長ができるところが10バトンの魅力

さまざまな目標を持つメンバーと一緒に成長ができるところが10バトンの魅力だと思います。
十人十色の意志や目標、価値観をもったメンバーと接することで、自分になかった視点での意見とか聞けたりして、自分だけの意見にとらわれすぎず柔軟に考えることができて、視野が広がり成長もできるなと私自身感じるんですよね。
本社メンバーとして働くようになってからは常に10バトンのメンバーと仕事をしているので、仕事のスタンスやその出来具合に「負けてられないぞ!頑張ろう!」って刺激を貰うことも多いです。

10バトンのメンバーは、今後どうしたいか、客観的に見た自分、など様々なことを相談しやすい人が多くて、そういった環境があるからこそ、自分自身を振り返ったり、今後どう行動していこうかとポジティブに考えることができるようになったんだと思います。

今度は、私自身が社員フォローとして、将来のキャリアや選ぶべき道に悩むメンバーに対してどういったアプローチをしていけるか、それが今の私の個人的な課題ではあるんですけどね(笑)

「10バトンにいるから楽しい」も大事だけど、
「この人がいるから楽しい、頑張れる」と思えることも大切に

個性を大切にする会社なので、皆で一丸となって前へ進んでいけるような勢いをつけたいですね。
10バトンを今よりさらに楽しい会社にしていきたい。
私の思う楽しい会社っていうのは、「10バトンにいるから楽しい」も大事だけど、「この人がいるから楽しい・頑張れる」と思えるみたいものを大切にしていて。私自身「この人がいるから楽しい・頑張れる」と思える人がいるんです。

同じコーポレートデザイン部の中村さんなんですけど、きっと、中村さんが10バトンを卒業したらついていくんじゃないかなと思うぐらい信頼しています。本人にはそんなこと言ったことないですけどね(笑)

10バトンのメンバーだから楽しく仕事ができるとか、自分のキャリアを10バトンが後押しやサポートしてくれるから、前向きに楽しく仕事ができるとか思ってもらえるように、これからも試行錯誤して色々取り組んでいきたいと思っています。

株式会社10バトンでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社10バトンからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?