1
/
5

【新人インタビュー】僕がYouTubeマーケターになった理由

こんにちは!STAGEON人事部です。

今回は新入スタッフのF君にインタビューをしてきました。

実はF君、数週間前に入社したばかりのド新人!

人事部が突如インタビューのオファーをしたにも関わらず「今、転職に迷っている人の背中を押せるなら!」と快くインタビューに協力してくれました。

そんなF君がSTAGEONと出会うまで。きっと共感できる人も多いはず。

ではスタート!

前職は営業マンだった彼。

実はSTAGEONに入るまで、YouTubeどころかマーケティングには縁もゆかりもありませんでした。

そんな彼が、どうしてSTAGEONの面接を受けてみようと思ったのか。

答えは「とりあえず新しいことがしたかったから!」...らしい。


ずっと営業の仕事をしてきた人なら、逆に言えば「営業しかできない」と転職先も同ジャンルの仕事を探してしまう人が多いはず。

しかし、このコロナ渦の時代。

訪問営業だった彼は仕事が減り、「このまま同じ事をしていてもダメだ」と思ったそう。

自分が今後どうなりたいのかを見直した時に、今の自分に必要な知識はマーケティングだと確信したのだそうです。

(その理由はぜひ入社した時にF君へ直接聞いてみてください...♪)

そうなれば、行動あるのみ。

F君のいいところは、とにかく行動に移すのが早いところ。

他の人が「行こうかな、どうしようかな」と迷っている間に「とりあえず行ってみよう」ができる人。

欲しい未来を作れるのは今の自分の行動だけだと、さっそく転職活動を始めたといいます。



「とりあえずマーケティングの会社で働こう!」と転職活動を始めた彼ですが、「マーケティングの会社なら他にもたくさんあったでしょ?どうしてSTAGEONに決めてくれたの?」と聞くとこんな回答が返ってきました。


「採用担当の方の対応が早かったからです!」


それだけ?と拍子抜けではありましたが、とにかく行動しよう!と思っている彼にとっては、このスピード感がとても大事だったらしい。

幸い、STAGEONも今、かなりスピード感を大事に採用をしています。本当に些細なことかも知れませんが、こういった「会社と人の想いがマッチする」ことはお仕事をしていく中でとっても大切。

実際F君も入社後、飽きる暇もなく、毎日新しいことが学べる環境で「テンポよくスキルを身につけることができる」と楽しんで仕事に取り組んでくれています。



実際にYouTubeマーケティング学んでみてどう?

人事部から最後の質問。すると彼は渋い顔でこう言いました。


確かに、マーケティングの知識はもちろんYouTubeのノウハウも必要なこの業界

学ぶことに終わりはありません。スキルやノウハウは極めだしたらキリがないのです。


しかし「先輩がしっかり教えてくれるのでなんとかついていけるし、ここで学ぶことは絶対将来自分のためになる」そんな想いで成長に貪欲にF君は今日も頑張ってくれています。



転職を決めたあの瞬間、自分が経験してきた世界にとらわれず、自分の直感を信じて新しい世界に飛び込んだからこそ、F君の今があります。

面白い世界や景色は、挑戦した人にしか見ることができません。

今の自分は過去が作っている、そして未来の自分は今の自分が作るのです。

もし今、新しいことへの挑戦に迷っている人がいれば、ぜひ一度STAGEONに話を聞きに来てください。

それだけでもまずは一歩前に進めるはずです。


そしてSTAGEONの仕事に興味が出てきた...という方に朗報です。

今、STAGEONでは事業拡大のために積極的にスタッフを採用をしています!

新しいことに挑戦したいと思ったなら、きっと今がチャンスです。

ぜひ、あなたのご応募も待っています。

㈱STAGEONでは一緒に働く仲間を募集しています
67 いいね!
67 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう