1
/
5

法人向けYouTube運営代行とはどんな仕事なのか?


こんにちは。 まずはSTAGEONのストーリーを見にきてくれて、ありがとうございます。
今回は、わたしたちの会社がどんなことをしているのかお話しましょう。

YouTubeを伸ばすだけじゃない、その先を提案

みなさんは、Youtube運営のゴールってなんだと思いますか?

金の盾をもらうこと?
広告収入で大金持ちになること?

もちろんゴールは人によって様々ですが、わたしたちのゴールはこの2つではありません。
わたしたちのゴールは、クライアントのYouTubeチャンネルが企業のブランディングに繋がったり、
Youtubeを通して、クライアントが集客できるようになることです。

ただYoutubeを投稿するだけなら、正直わたしたちの会社は必要ありません。
Youtubeでバズりたいだけなら、ひたすら他の人気Youtuberの真似をしていればいつか伸びるでしょう。

実際に、わたしたちへ依頼をしてくださるクライアントの半数は
もともと自分でYouTubeをやっていた企業様です。

しかし、Youtubeを始めてみたはいいものの、
「自分のチャンネルを伸ばす戦略がわからない」「伸ばした後どうしたらいいのか悩んでいる」などの問い合わせが多いのが現状です。


そこで、わたしたちの出番です。

『YouTubeを伸ばすのは当たり前』

その上でSTAGEONは、どのような戦略でマネタイズをしていくかを提案していきます。

校長先生のつまらない話を面白くするには?

みなさんは、校長先生の話いつも長いな〜と思った経験、ありませんか?
為になる有難いお話なんだろうけれど、難しい言葉を並べ、淡々と話し続けるあの時間。

早く終わってくれ〜!

と、心の中で叫んだ経験、誰しも一度はあるのではないでしょうか。
校長先生の話はなぜ生徒に疎まれてしまうのか。
詳しい話は、ぜひオンライン面談で聞いてきてください。笑

Youtubeに関係する話なので、もう少しお付き合いいただきたいのですが、
ここで言いたいのは
校長先生の話は、たったひとつ、ある工夫をするだけで生徒が聞きたくなる話になるということです。
そのたったひとつのことは、驚くほど簡単なこと。
なのになぜ、高学歴であろう校長先生にそれができないのか。

それは聞く側の気持ちがわかっていないからです。

Youtubeチャンネルが伸びない時にも、同じことがいえます。
どんなにそのジャンルで知識が豊富で、動画の中で視聴者のためになる話をしていたとしても

視聴者の気持ちがわかっていなければ、それはただ面白くない動画なのです。

先述したように、わたしたちのゴールは、クライアントのYouTubeチャンネルが企業のブランディングに繋がったり、 Youtubeを通して、クライアントが集客できるようになることです。
Youtuberの育成でもありません。

ただエンタメ要素しかない企画で勝負はしません。

クライアントが持っている、素晴らしい知識やノウハウを「校長先生の話」では終わらせません。

Youtubeを通して、その業界・企業に興味を持ってもらう。

これがわたしたちのお仕事なんです。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

少しでも読んでよかったと思ってくださった方は♡ボタン、

もう少し話を聞きたいと思った人は「話を聞きに行きたい」ボタンをクリックしてくださいね!

㈱STAGEONでは一緒に働く仲間を募集しています
41 いいね!
41 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう