1
/
5

世界遺産の「新名物」をつくろう!

こんにちは!株式会社ELternal CFOの宇佐見です。前回の発信からだいぶ日が経ってしまいました。その間、世の中もめまぐるしく動いていますが皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

さて、ELternalはと申しますと、とても元気に操業中でございます!今回は、最近の弊社トップニュースである仁和寺での取り組みについて紹介させていただきます。

仁和寺は、888年に創建された真言宗御室派の総本山です。昔、教科書に載っていた「仁和寺にある法師(徒然草)」のエピソードで名前を憶えている方も多いのではないでしょうか。仁和寺は、平成6年に世界遺産に登録されたお寺でもあります。

この度、2021年6月19日より、ELternalは仁和寺において初の「切り絵御朱印」をプロデュースし、頒布しております。今回頒布する御朱印は2種類!

ひとつ目は『夏もみじと五重塔』。重要文化財であり仁和寺のシンボルとも称される五重塔と、境内を彩る夏の青もみじを繊細な切り絵で表現しました。

続いて、『本尊阿弥陀如来(特別黄金御朱印)』。仁和寺の創建当初の本尊であった国宝・阿弥陀三尊像の中尊である阿弥陀如来の御朱印を、美しい光沢をもつ特別な黄金の紙を用いて奉製しました。御朱印の縁に沿って、阿弥陀浄土に咲く蓮の花の繊細な切り絵を施しています!

現在、足もとのコロナ禍で日本の観光は大きな打撃を被っています。私たちが、御朱印づくりをはじめとした取り組みを通じ、より多くの人が寺社仏閣に興味を持って、現地に足を運んでくれるキッカケになればと思っています。こうした取り組みと徹底したコロナ対策を行っていくことで、寺社仏閣を軸とした地域創生や、日本の宝である文化や伝統を後世に繋いでいくことに貢献していきます!

ELternalでは、こうした御朱印のデザインや地域創生に一緒に取り組む仲間を募集しています。ご興味を持たれた方は是非エントリーしてください!

株式会社ELternalでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング