1
/
5

コンサルティング業務なら私にお任せあれ!お客様のAimstar運用を支援する秘訣とは?

皆さん、こんにちは!
スプリームシステム コーポレート本部の本間です。

今回は、Aimstarの運用支援やコンサルティング・カスタマーサクセス業務をご担当されている小寺 藍子(こでら あいこ)さんへのインタビューをまとめました。
既卒としてスプリームに入社された後は、一貫してお客様のAimstar運用を支援する立場でパフォーマンスを発揮されてきました。マーケティングやソフトウェアについて未経験であった頃から、どのようにパワーアップされてきたのかをとことん語って頂きました!

※本記事は2022年4月時点


【小寺 藍子さん ご経歴】
東京農工大学農学部卒。2018年にスプリームシステム㈱入社。入社直後から一貫してAimstar導入後の運用支援に携わり、お客様のニーズに合う複雑なシナリオを実現するための実務やマネジメントなどに従事。業務未経験の状態からエース社員となり、現在セールス&カスタマーサクセス本部 カスタマーサクセス部に所属。

スプリーム入社の意外なきっかけ

本間:小寺さん、本日はよろしくお願いします!現在小寺さんはバリバリ現場でご活躍されていますが、今やっている業務のバックグラウンドは元々あったんですか?

小寺:いえ、実は全くありませんでした。大学時代は農作物の豊作・凶作のシミュレーションをする研究をしていたので広義のITという意味では多少経験はありましたが、卒業後はしばらく小売店でアルバイトをしていました。

本間:おお、小売店!ソフトウェア云々というより、むしろAimstarの潜在的なお客様側にいらっしゃったということですね。

小寺:そうですね。中古本・中古家電販売の会社だったのですが、ネット販売は弱くてかなり苦労していました。大学も理系だったので「ITツールを使った形で、売上を上げたり効率化ができたりしないかな」という気持ちが段々湧いてきたのと、正社員としてそろそろ腰を据えて働きたいなという思いが重なり、就職活動をしはじめました。その時にエージェントから紹介を受けたのがスプリームだったんです。

本間:実際にお店で働いていたからこそ、スプリームが魅力的に映ったということでしょうか?

小寺:はい、そうだと思います。スプリームは主にマーケティングDXツールのAimstarを開発・販売していますが、まさにマーケティングをITの力で効率化するというミッションは面白いなと思いました。小売業界のペインを解決できるポテンシャルがあることに惹かれ、スプリームへの正式な入社を決めました。

お客様の実現したいシナリオの運用支援に従事

本間:小寺さんは入社後、一貫してコンサルティングやカスタマーサクセスの領域のお仕事をされてきています。今の具体的な業務の内容を教えて頂けますか?

小寺:お客様がAimstarを導入した後、実際にどうやって使っていくかのレクチャーだったり、時には運用代行までだったりを担当させて頂いています。実際にAimstarを動かしたい気持ちはあるけど、どうやっていいか分からないというお客様のサポートをしているイメージです。

本間:Aimstarって、そんなに使いにくいんですか?(笑)

小寺:いや、むしろ使いやすいツールだと思います。世の中には現在多くのマーケティングオートメーションツール(MAツール)やカスタマーデータプラットフォーム(CDP)が出回っていますが、その中でもかなり使い勝手が良いんじゃないかと。では何が原因かというと、お客様側がお持ちのデータが凄く複雑になってしまっていることが圧倒的に多いんです。

本間:データが超複雑であると、どの辺りがボトルネックになってくるんでしょう?

小寺:お客様側でもそのデータをどのようにMAツールやCDPに取り込めばいいかが分からなくなってしまうんです。そうなると、マーケティングDXをしようにも進まなくなってしまうんですね。これが世の中のMAツールやCDPが使いこなされ切ってない理由の一つだと思います。私をはじめAimstarのカスタマーサクセスグループでは、こういった複雑なデータを整えてAimstarに取り込むお手伝いをしたり、そのデータを元にした分析やメール配信までをサポートしたり、新たなシナリオを追加したりと、お客様のニーズに応じて様々なコンサルティングをさせて頂いています。

本間:非常にエキサイティングな業務ですね!

小寺:ただAimstarは20年近くアップデートを続けているソフトウェアなので、かなりシステムで自動化できている部分が多いのも事実です。例えばシナリオを新たに設定する際も、他社ツールだとわざわざもう一回データを取り込んだりする必要がある一方で、Aimstarだとシステム上でポチポチいじると設定できるといった風に、非常に融通が効きます。CSとしては、Aimstarを一定程度使いこなしてもらった後の詳細なニーズにしっかり対応しているというイメージです。

業務未経験でも叩き上げでここまで来た

本間:お聞きしていると、非常に難易度の高い業務に従事されているように思いますが、業務未経験の中で最初はかなり大変だったんじゃないかと思います。どのようなステップで業務を覚えていかれたんですか?

小寺:まず最初はSQL(主要なデータベース言語の一つ)を習得することから始まりました。合わせてAimstarの操作方法も勉強していきましたが、ここまでは入社1週間で何とかインプットしましたね。

本間:凄すぎます(笑)

小寺:インプットばかりしていても仕方ないということで、その後すぐに実際の運用支援のプロジェクトにアサイン頂きました。今もAimstarを愛用してくださっている集英社様に対する導入後の運用支援のお仕事でした。上司がお客様とやり取りをしてニーズをキャッチした後、実際にデータ分析をしたりシナリオ設定をしたりしながら、徐々に慣れていきました。お客様の望む施策を実現するためのデータや情報をしっかり貰って、それをパズルのように当てはめていくような感覚でした。

本間:まさにAimstar運用のプロフェッショナルという感じですね。他に印象的だったお仕事やエピソードはありますか?

小寺:一定程度Aimstarの運用に慣れてこられたお客様になってくると、更にプラスアルファのニーズをスプリームに持ち込んで頂いたりもしました。ある外資系メーカー様はAimstarのヘビーユーザーなのですが、マーケティングにおいて実現したいことを山ほど抱えていらっしゃいました。Aimstarで実現できるかはさておき、スプリームを信頼してくれているからこそ、そういった要望をどんどんぶつけてくれるんですね。結果としてAimstarで実現できるものも多かったですし、当時実現が難しかったことも、製品アップデートを経て実現できたこともありました。Aimstarや我々CS社員を一緒に育てて頂いている大切なお客様です。

本間:小寺さんは2018年入社ということで若手でいらっしゃいますが、業務未経験の中での吸収力が素晴らしいなと思います。今後は更に未経験の方々もスプリームにご入社されることが増えていくと思いますが、注意した方が良いポイントはありますか?

小寺:分からないことについて、諦めずまずは一人でしっかり調べてみることですね。コンサルタントという職種に絞って言うならば、Aimstarの基本仕様やSQLの基礎的な理解は勿論ですが、マーケティングの流れからマーケターのお悩みあるあるみたいなところまで、自分の中で腹落ちさせることが重要だと思います。

本間:なるほどなるほど。

小寺:ある程度知識が溜まってくると、例えば自発的に「こんな機能がAimstarにあったらもっと活用できるんじゃないか?」という点に気付いたりできるようになると思います。スプリームはベンチャーで少数精鋭なので、基本的にこういった現場の声というのはすぐに製品開発にフィードバックされる文化があります。自分の想いがすぐ実現されるというのは嬉しいポイントかもしれないです。また、お客様から「こういったことはAimstarで実現できないのか?」と質問を受けた際にも、知識がないと「できません」という0%の回答になってしまいますが、しっかりとした知識を持っていると「●●をこのようにすれば●●までは実現可能です。ただしそこから先はCSのマンパワーが必要、もしくは今後の製品アップデートに活かします」といった形でお客様にボールを返すことができます。基本を疎かにせず積み上げていくと、必ず役立つ場面が来ると思います。

本間:凄いです...小寺さんはこれをお一人で学んでいかれたんですか?

小寺:勿論独学やOJTで学んだ部分も多いですが、分からないことがある際は上司や同僚に積極的に質問するようにしました。スプリームは「Collaboration」というValue(※)を掲げていますが、それが表す通り親切に教えてくださる人が多いのは素晴らしいことだと思います。

(※)
1.Data First
経験則や先入観に流されず、数字や情報に基づいて判断する。データを次の行動に変える。
2.Collaboration
情報や行動を個人にとどめず、オープンかつフラットに協働する。組織で最高の価値を生み出す。
3.Challenge
現状やその延長線に満足せず、主体性を持って挑戦する。創造的な未来を実現させる。

スプリームでのワークライフバランス

本間:パワフルな働きぶりの小寺さんですが、働く環境についてもう少し詳しく教えてください!

小寺:フラットかつ仲の良いチームだと思います。私のいるチームはたまたま男性が少し多めのチームだと思いますが、性別の壁というのは仕事上で感じたことはないですし、仕事でしっかりパフォームすればフェアに評価してくれる会社だと思います。スプリームのカルチャーなのかもしれませんが、これは会社全体で共通しているんじゃないかなと思います。

本間:働く時間についてはどうでしょう?

小寺:勿論たまにはお客様からの突発的なニーズに対応するため、少し遅くまで働くこともありますが、チーム内で過重になっているメンバーがいないかというのは常にウォッチし合っています。特に上司やマネジメント職の皆さんはそこにかなり気を配ってくれており、部下を早め早めに帰すという雰囲気があると思います。休日は基本的に会社からは遠く離れていて、最近はゲームをやっていることが多いです(笑)

本間:小寺さん、ゲーム好きなんですね(笑) 仕事もプライベートも充実されているようで素晴らしいです!

現場から見るスプリームの姿とは?

本間:最後に、スプリームで特に現場にいるからこそ感じている魅力、あるいはこれから取り組む必要のある課題などを教えてください!

小寺:うーん、何から話しましょうかね(笑) では、まずはやりがいから。先ほど熱を込めて話しましたが、知識をインプットすればするほど、やれる業務の幅が広がっていくのは何よりのやりがいだと思います。自分のレベルが未熟な時は、お客様からのリクエストを聞いても「これ、実現するの難しくないか...?」と思いがちですが、自分の習熟度が上がっていくと「何とか実現できそう!」という気持ちに変わってきます。難易度の高いリクエストを実現できてお客様に喜んでもらえるのは、非常に嬉しいです。

本間:逆に課題に感じていることはありますか?

小寺:もっともっと業務の効率化をしていきたいです。AimstarはマーケティングDXのためのツールなので、マーケターのマンパワーが必要な仕事を更に削ぎ落していければと思っていますし、最後の最後にどうしてもマンパワーが必要となる部分もより効率化していきたいです。ITがなかった時代、もといマーケティングオートメーションという概念がなかった時代は、マーケターは紙面上で経験と勘に基づいてマーケティングを運用していたと思いますが、それをデジタルかつ効率的にすることはAimstarで出来ていると思います。その幅を更に広げていきたいですし、カスタマーサクセス自身で抱えている業務自体ももっと体系化・効率化していけるよう頑張りたいです。

本間:業務の効率化というのは、企業にとって永遠に追い続けるべき課題ですね!

小寺:はい、そう思います。先ほど本間さんにも触れて頂いた通り、今後組織を拡大していくに当たっては、業務未経験の方が私たちのチームに入ってくることも増えてくると思います。業務未経験だった私の実体験も踏まえて、コンサルティングやカスタマーサクセスの業務ノウハウを体系化・マニュアル化していきたいです。お客様に応じて持っているデータのご事情が異なる場合が多く、杓子定規で測るのは難しい部分もありますが、それでもまだまだ効率化していける部分はありそうです。

本間:小寺さん、本日は長丁場のインタビューありがとうございました!

スプリームでは仲間を募集しています

いかがでしたでしょうか?
しっかり者の小寺さんに、コンサルティング業務の真髄を語って頂きました!

とはいえ、文字だけではなかなか伝わりづらい点も多いと思います。

このインタビューをご覧になった皆さんの中で、少しでもスプリームにご興味が湧いた方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度カジュアルにスプリームメンバーとお話させて頂く機会を作れたらと思っています。

現在スプリームでは、エンジニア・CS・マーケティング・営業・コーポレートに渡って全方位的に仲間を探していますので、もし宜しければ下記の募集情報からご自身の興味のある職種を選んで頂き、お気軽にご連絡を頂ければと思います。

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

スプリームシステム株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう