1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

コンサルティングファームから未経験の人材紹介へ。採用観点でクライアントの課題解決に貢献する面白さとは

皆さま、こんにちは!広報・採用を担当している大曽根です。

コンサルティングファームから未経験の人材紹介に挑戦し活躍している、キャリアアドバイザーの鈴木さんにお話を聞いてみました。

ー これまでの経歴を教えてください。

新卒で楽天株式会社に入社し、楽天市場のECコンサルタントとして様々な業種の企業に対して、EC周りのコンサルティング支援に従事していました。

「クライアント企業の売上を伸ばすために何ができるのか?」を考えながら働くECコンサルタントの仕事に、とても面白味を感じていましたが……4年程経ったタイミングで、次はECのみならず経営全般のコンサルティング支援に従事していきたいと考えるようになりました。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社(DTFA)の事業再生部門では、中小企業に対して会計領域を中心とした経営支援を提供していることを知り、転職を決めました。

DTFAでは未経験業界への転職に加え、公認会計士との仕事が多かったため、入社当初は会計領域の知識や必要なフレームワーク等のインプットに注力しました。

当初は自身の成長や大きなやりがいを感じていたのですが、「当事者としての手触り感」を今よりもっと感じられる立場で仕事をしたい、と改めて思うように……。

クライアント企業に提案やアドバイスはするものの、当事者としての意思決定や実行までは支援できないため、「事業を動かしていく側に戻りたい」という気持ちが大きくなり、転職活動を決意しました。

転職活動を始めた当初は、会社の成長スピードが早いいわゆるメガベンチャー企業も視野に入れていました。

実際に面接に進み何社かお話を伺う中で、既にでき上がった事業を大きくしていくよりも、これから事業を作り上げていくフェーズの企業に興味を持つようになりました。

そんな時、WARC執行役員の篠原さんに声をかけてもらい、WARCの存在を知りました。

WARCは当時、従業員数10~15名程で、まさにこれから事業を作り上げていく立ち上げ期フェーズ。面接を重ねる中で一緒に働きたいと思えるメンバーばかりだったことも、入社の大きな決め手となりました

ー 入社後、未経験の人材紹介に挑戦した理由は何ですか?

入社当時は人事領域のコンサルティング支援に従事していたのですが、その中で企業成長における「採用」の重要性を改めて感じたのが大きな理由です。採用活動を円滑に行い適した人材が入社することは、その企業にとって飛躍的な成長に繋がるとも考えています。

コンサルタント・転職エージェントどちらの立場でも、企業成長に貢献したい想いは変わりません。クライアント企業のフェーズや課題に適した人材をご紹介し、候補者様にご活躍いただくことで、企業成長を支援したいと思っています。

ー 鈴木さんの現在のミッションを教えてください。

現在はWARC AGENT事業部で、主に経営管理部門でキャリアを築いている候補者様や、公認会計士・投資銀行出身の候補者様のキャリア支援に従事し、企業様側・候補者様側の双方と密にコミュニケーションを取りながら支援を進めています。

併せて、ご支援させていただくクライアントを増やすため、ベンチャーキャピタルとの連携等、クライアント開拓の促進を担っています。

具体的な業務は以下の通りです。

・採用課題や組織状況等クライアントのヒアリング
・候補者様との面談
・ベンチャーキャピタルとの連携、クライアント開拓の促進

WARC AGENT事業部にジョインしてから約1年。チームの人数は2倍以上になり、事業・組織としての急成長を身をもって体感しています。

ーWARCでキャリアアドバイザーとして働く上でのやりがいは何ですか?

「急成長企業に対して人材採用を支援する」というところに大きなやりがいを感じています。

採用計画や採用ペルソナの策定から入り込み、共に議論しながら決めていくことが多いので、クライアント企業の経営課題に直接対峙できている手触り感が強いです。ご紹介する候補者様に関しても、自分自身で何度も会話した上で、その企業にマッチすると確信する方をご紹介できるところがとても大きなやりがいです。

特にスタートアップ・ベンチャー企業では、新しい方が一人入社すること自体が事業・組織成長に大きなインパクトを与えることが多いので、クライアント企業の成長を身近に感じることができます。

ー 未経験の人材紹介業に挑戦したことで苦労した点と、それをどう乗り越えましたか?

営業経験はあったものの、人材紹介という領域は全く未知の世界だったので、業界内のルールやクライアント企業が求める人材要件のキャッチアップなどに苦労しました。

また、候補者様とのキャリア面談も初めての経験だったので、最初は先輩社員の面談に同席させていただき、どのようにニーズを引き出していくのか、どのようなスタンスで面談に臨むべきなのか等を勉強させてもらいました。

最初はなかなか成果が上がらず、悩むこともありましたが、これまでに培ってきた経験や自身の強みを生かそうと思い、企業側の新規開拓営業に積極的に注力しました。その結果、最も多くの有力クライアントを開拓することができ、結果的に大きなチーム貢献につながったとチームメンバーからも言ってもらえるようになりました。

キャリアアドバイザーとして成果が出ていないタイミングでも、根気強く自分のできることをやり続けたことで、結果的に成果にも結びついたように思えます。

ーこれまでのキャリアの中で培ってきたどんな経験が活きていると思いますか?

やはり、営業として培ってきた経験とマインドは大きいと思います。営業の初歩的な所作や前のめりの姿勢は、事業部長である加藤さんにも褒めていもらえた記憶があります(笑)。

ー 鈴木さんにとって、人材紹介という仕事の魅力は何ですか?

支援させていただいた候補者様が入社後に活躍し、その結果企業様の成長に繋がっていると実感できることに尽きると思います。企業様側・候補者様側の双方と常にコミュニケーションを取っていて、ご紹介した候補者様の近況を直接伺うことができるので、ご活躍を聞くたびものすごく嬉しい気持ちになります。

採用して終わり、ではなく、入社後もお付き合いさせていただけるのはこの仕事ならではの魅力ですね。

ー 今後WARCで挑戦したいことや、目指すキャリアアドバイザー像を教えてください。

自分自身が支援実績を増やし、より多くの候補者様や企業様の役に立ちたい想いはもちろんですが、WARC AGENTチームとしての支援領域を候補者様側も企業様側も拡大し、事業や組織の成長に更に貢献していきたいと思っています!

鈴木さんへのキャリア相談は、こちらから受け付けていますのでご興味ある方はぜひ!

\WARCは事業拡大中のため採用を強化しております/

現在、事業拡大中につき新しい仲間を募集中です。
弊社にご興味のある方は、お気軽にエントリー・お問い合わせをお待ちしております!

キャリアアドバイザー
数字詰めではない、徹底的に候補者へ寄り添う転職支援に挑戦しませんか?
株式会社WARCは「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、経営管理部門のハンズオン支援、M&Aアドバイザリー、ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」、経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」等、成長企業の経営管理支援を目的としたサービスを提供しています。 <各事業・サービスの詳細> ■経営管理部門のハンズオン支援 成長企業の経理財務・資金調達等、経営管理にまつわる課題に対し、事業理解の深いプロフェッショナルによる徹底したハンズオン支援を展開しています。 ■M&Aアドバイザリー 成長企業のM&A業務を代行。M&A戦略立案・ロングリスト作成・アプローチからクロージングまで、ベンチャー・スタートアップ業界のネットワークを活かして実行支援します。 ■ハイクラス人材紹介「WARC AGENT」 経営管理部門のハイクラス人材に特化した人材紹介サービス。成長企業のCFO、管理部長、常勤監査役などの求人と、ハイクラス人材のマッチングをご支援します。 ■経営管理部門特化の転職サービス「SYNCA」 経営管理部門特化の転職サービス。候補者・企業が互いに「よく分かる」ことを目指し、デジタルプロダクト×専門コンシェルジュの力で、エビデンスのある転職を実現します。 ■WARC LIGHT税理士法人 創業期のスタートアップへの記帳代行(経理支援)・税務顧問から、上場企業のM&A・組織再編に係る税務ストラクチャーの構築まで、幅広い会計税務サービスを提供しています。
株式会社WARC

★WARC AGENTへのキャリア相談は下記からお問い合わせください★


株式会社WARCでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう