1
/
5

⑲社長プロフィール

プロフィール

ここでは私の創業に至るまでのお話を記載します。

大学卒業後、20代前半は就職をせずに独立開業しやすい法律の専門家を目指していました。

父親が飲食店経営をしており、自分も何かサラリーマンではなく経営者をやってみたい気持ちがあったからです。
しかし結果は惨敗。

その後、何をやっていいかわからず、起業するために必要である法人営業の仕事に就きました。
そこで就業しながら求人情報を調査すると、エンジニアの市場価値が高いとわかり、26歳から未経験スタートしました。

その後はSESフリーランスとして独立を果たし、今度は育てる側に回ろうと今に至ります。

フリーランス時代

私は「法人営業→javaエンジニア→社内システムSE→webディレクター→PMOコンサル」とキャリアを積み、今現在はSES事業を運営しております。
フリーランスとして3年ほど就業しましたが、とても孤独な状態で戦って来ました。
何を勉強して良いかわからず、仲介エージェントも客先の味方をしたり、契約金減額要求や初月途中契約解除などもされたことがあります。
このような経験から初心者フリーランス・社員志望者を含めて、「教育・バックアップ体制」に力を入れてSES事業を行っております。

こんな方に来てほしい!

私が得意としているのは「本人の適材適所、向いてそうな仕事」を提案することです。

大手と違い、20代後半〜30代前半の実務経験を積み上げている方が最短スピードで成長するにはうってつけの会社だと思ってます。

女性だと事務の仕事などもあるので、並行して研修を受けてスキルを上げることも可能です。
才能や向き不向きがあるので、本人に合った成長を遂げて欲しいと考えています。

フリーランスを目指している「向上心の強い方、飛躍したい方」には次期グループ企業社長など事業推進の仕事も任せております。

私の想い

私はSEとして就業後、何を事前勉強すれば良いかわからず非常に苦労しました。
また、世の中の企業が求める実務経験情報も圧倒的に不足していました。
この2つの課題から、弊社メンバーには「実務・労働市場を意識した教育」を行っています。

SES業界は「案件ガチャ」と言われる仕事内容に当たり外れのある業界ですが、事前に就業経験のある私が「仕事環境厳密チェック、事前学習を促す、本人の適材適所を見て就業させる」ことで外れを引くことはまずありません。

実際弊社で働いてるメンバーは全員イキイキとしています。

「SES業界には絶対戻りたくない!」と言っている方、多方面から責められてうつ病になって辞められた方を数多く見てきたため、そのようなことがないよう細心の注意を払っています。

不安がある方は是非ともご相談ください。

働く現場を選べる方針

私自身の経験により、常駐して働くエンジニアに寄り添える気持ち・サポート力はどの会社にも負ける気がしません。
そのため、何か不測の事態や危険性があれば即座に別就業先を探す方針でいます。

社員を守るのも会社の役目です。

自社の社員が苦しんでいる時には出来る限り寄り添い、エンジニアのために動くことがSES会社の営業マンに求められる仕事だと考えております。

サポート体制を充実にしたい

SES業界では、営業マンが技術知識や現場経験がないために人材を安売りしたり、客先担当者の言いなりになっている会社を数多く見かけます。
弊社では私含めて現場経験のある営業マンのみを採用しており、社員から現場状況のヒアリングを常に行います。
事前に聞いていた仕事内容と異なっていたり、人間関係でのトラブル、その他理不尽な内容があればすぐに対処する方針で動いております。

最後に

弊社のビジョンは、悩めるエンジニアをハイスキル人材へ育てることです。
常にそれを念頭に置いた、会社の環境を作り上げています。

正しい手順でキャリアを積めば、誰でもハイキャリア人材になれます。
株式会社ズットモには、その環境が整っています。

株式会社ズットモでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング