1
/
5

500 Kobe Accelerator 2020に採択されました

「500 KOBE Accelerator 2020 for COVID-19 Emerging Technology」にSportipが採択されました。

「500 KOBE ACCELERATOR」は、米国・シリコンバレーのベンチャーキャピタル「500 Startups」と神戸市が共同開催する短期集中型起業家支援プログラムで、日本発のスタートアップエコシステムを神戸から生み出すことを目指しているものです。

2016年から開催しており、今年で5回目の開催となります。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止をテーマに「500 KOBE Accelerator 2020 for COVID-19 Emerging Technology」という名称で、社会課題の解決を目指すスタート アップが募集されました。

プログラムはすべてオンラインで実施され、9月7日から10月30日の8週間に渡ってメンタリングや講義、コミュニティ形成支援などが実施されます。
最終的には11月12日に開催するデモデイで投資家や事業会社に成果を発表します。

今回は応募総数は 237社で、国内は75社、海外は162社という内訳となりました。
今回参加企業に選ばれたのは17社で、国内6社、海外 11社でした。

弊社の提供するiOSアプリ『Sportip Pro』とWebサービス『Sportip Meet』はコロナ禍でオフラインでのフィットネスや指導が困難となった方々へのソリューションとしてオンラン指導にお使いいただくことが可能です。

500 KOBE Accelerator 2020 for COVID-19 Emerging Technology HP:http://500kobe.com/

株式会社Sportipでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう