1
/
5

【社員インタビュー】異業種(美容部員)から未経験でエンジニアへ!その心は

祝!初投稿☆

こんにちは。人材開発部の中村 弘平です。

この度、「実際どんな人が働いているか知りたい!」とのお声を頂きましたので、社員インタビューを通して、「社風」だけでなく、「どういうキャリアプランの人がLanceへ入社したのか」、「未経験でも採用してるって聞いたけどどういう経緯でどういう方が入社したのか」等、いくつかご質問頂いた内容もインタビューに盛り込みましたので、是非ご確認頂き、就活の材料にして頂けますと幸いです!


一人目は、元美容部員の業界未経験で入社された「中村 杏莉さん」へのインタビューです。

「未経験でもIT業界で活用できるか」という不安を乗り越えて、現在Lanceで活躍してくれている社員の一人ですので、この記事を読んでくださっている方々にも大変参考になると思います!

それでは、インタビューに行ってみましょう!

モノつくりの楽しさを学びエンジニアへ。自身の成長により、中小企業のIT課題を解決したい!

Q:異業界、異業種からエンジニアを目指すにあたってどんなきっかけがありましたか。

転職準備をしている中で、Lanceで非エンジニア向けのIT勉強会に参加し、
プログラミングを通してモノつくりの楽しさを学んだのがエンジニアを目指したきっかけです。

私は前職では美容関連の仕事をしていました。
大手と中小企業の両方での就業経験があり、大手企業ではシステム周りが充実していて、業務支障を感じることはあまりなかったのですが、中小企業では殆どがアナログのため戸惑う経験がありました。
結果的にシステムの導入を経て、業務改善に繋がったことに感動し、私自身もITを用いることで顧客の課題を解決する仕事にチャレンジしたいという気持ちが生まれました。

ITについての勉強を始めつつ転職活動を行っていた際、ご縁あってLanceの勉強会へ参加し、課題の中で「電卓アプリ制作」をチャレンジしました。
とても簡易的な成果物でしたが、初めてプログラムを動かせたことに感動と面白さを覚え、こういった小さな成果物を積み重ねて、いずれは自身が過去の業務で経験した「ITによる課題の解決」を行いたいという思いが強くなりました。


Q:なぜLanceへの入社を決めたのですか。

私の転職の軸としては、
・ライフスタイルを変えること
・手に職をつけること
・IT業界にて顧客の課題を解決できるよう成長すること
を掲げておりました。

Lanceのメイン業務はITコンサルティングであるため、エンジニアとして成長したのち、技術知識を用いて同社内でコンサルタントとしてキャリアパスを築くことができます。

また、ワークライフバランスという点で、前職は接客業なので店舗への出勤が当たり前、シフト制で不規則な出勤形態であったため、転職では、「リモート勤務ができること」、「土日祝休みの規則的な生活ができること」を重視しており、Lanceでは、「IT業界における自身の成長」、「ワークライフバランスの改善」の両方において、転職の目的が叶えられると思い入社を決意しました。


未経験業界への転職成功の秘訣は、転職の事前準備!!

Q:面接を受けるまでに勉強したこと、勉強以外に行動したことを教えてください。

技術の勉強としては下記3点を行いました。
・ITパスポート
・プログラミング言語(Python)
・Lanceの勉強会参加

勉強会参加前は、UdemyやYouTubeなどの動画での勉強や、「pythonの絵本」等の初心者向けの書籍を中心に勉強していました。
勉強会に参加してからは、課題を中心に行っていました。
実際に働いている方からご指導いただくことで、汎用的な技術の話を学び、自身のビジョンの確立やモチベーションの向上に繋がりました。

また、技術以外に、そもそも「IT業界とは」や「職種(エンジニア等)」についての勉強も行いました。

当時「IT業界」や「エンジニア」について調べていたキーワードは下記の通りです。
【検索キーワード】
・未経験×エンジニア
・未経験×接客業からSE
・未経験×エンジニア×女性
・未経験×文系×エンジニア
・プログラミング×独学×スクール

未経験で始めることに不安があったので「未経験」というワードを中心に検索していました。
ここで注意すべきは、上記「未経験」というキーワードを入力すると、ほとんどのサイトでプログラミングスクールを推奨している点です。
ただ、私自身IT業界について調査・勉強して、必ずしも高額なお金を払ってプログラミングスクールに行く必要はないと思いました。

その他、就活準備の中で気付いたこと・勉強になったことは下記になります。

◆IT業界未経験の方は、どのような業務を行い、どのように成長していけるかなどを考えながら転職活動を行うべきだと思った
→私のイメージでは、「エンジニア」といえば「SE」や「プログラミングをする人たち」でしたが、
Lanceの「IT業界について」の研修や、web上で見つけた「女性向け未経験エンジニアセミナー」を通じて、IT業界で働くイメージを持ってから転職活動することで、入社してから、マイナスのギャップを感じずに転職することができた!と思うことができると思います。

◆昨今、未経験者歓迎!という企業は多いが、業務の詳細を調べると入社してから対応できる業務には差があると感じた
→上記IT業界の職種や業務理解をしてから企業の募集要項を確認すると、未経験者でも入社はできるものの、成長できる業務、自分が望む業務ができる企業はなかなかないということがわかりました。
「未経験者歓迎!」という言葉だけで、とりあえず応募をするのは注意です!

◆webで検索して出てくるエンジニア像は「webエンジニア」を指していることが多いと感じた
→これは私の主観でもありますが、webで「未経験×〇〇」で検索して出てくるエンジニアはものすごく断片的な情報だなと思いました。
私は結果的にwebエンジニアという立場を選択したため、これらの情報はとても役に立ちましたが、エンジニアには様々種類があるため、皆様のイメージするエンジニアとwebで出てきたエンジニアが異なることがある場合は、自分のエンジニア像が間違っていたとすぐに考えるのではなく、検索ワードの再検討や業界を説明してくれるセミナーへ参加し、正しい情報を得てから転職活動を行うことをお勧めします。


新たな技術を習得し、早急に戦力として活躍したい!

Q:現状はどのような業務をされていますか。

前職の経験を生かして美容関係のECサイト開発のプロジェクトに参加しています。
プロジェクト参画前は、ITリテラシーや、プログラミングの知識という断片的な知識しか勉強ができていなかったため、どのようにそれがプロジェクトの中で生かされていくのか見えておらず不安もありましたが、実務を通して徐々に全体像が見えてきており、知識が繋がっていく楽しさを感じています。

まだまだ日は浅いので先輩方からの助言を頂きながら業務を行っていますが、それでも、ECサイト構築に対する必要情報の調査や、設計書の作成、新たに勉強しているVBAを使用してツール作成を行う等、日々成長を感じながら業務に取り組むことができやりがいを感じます。

直近の目標は、入社前から着手しているpythonの理解を深めること、業務で使用しているVBAを用いて「使えるツール」を作成することです。
また、私が勉強した内容を今後入社してくるメンバーに共有できるようナレッジをまとめて社内wikiへ展開するということも私の大事な業務としており、未経験でも貢献できる大切な場だと思っています。

現在は、プロジェクトを通じて学ぶことが多く、至らない点が多々ある状態ですが、自分でできることを日々増やしていき、1人でもプロジェクトを回せるように成長することが現状の大きな目標です。


Q:Lanceに入社して想うこと、感想などありましたらお願いします。

IT業界全般に言えることだと思いますが、プログラミング言語やITの専門用語など勉強はしてもし足りないと改めて実感し、日々成長できることに更なる勉強意欲が湧きました。
Lanceは規模の大きな会社ではありませんが、その分、未経験ながらも大手企業ではできないような幅広い業界・業務に社員一人一人が携わることができ、入社早々から色々な経験を積むことができると思います。

また、創業1年とまだまだ若い企業ですが多くの企業様へご支援させていただき、着実に実績を積んでいる会社の姿を見ることができることもやりがいに繋がります。
「ITによる格差をなくし、幸福な社会を実現」するということを日々社員全体で考え、そのための投資を惜しまない事業の進め方もLanceで働く魅力ではないかと思います。

職することはできます。
分からないことが多くても、日々の勉強や経験で補うことができますので、是非この業界に、是非Lanceへ飛び込んできてほしいです!

株式会社Lance Digital Strategyでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング