1
/
5

~アート思考とビジネススキルを身に着け、自分の可能性を最大化する!~新卒社員インタビュー(21’卒 佐久間瑞貴)

こんにちは!chipperの採用広報を担当している濱田です!
今回は2021年度に新卒入社してくれた佐久間さんのインタビューをご紹介します。
ベンチャー企業への就職という、大きな挑戦を決めたポイント自分の価値観から実際に入社してから感じるベンチャー企業の面白みまですべて語ってくれています!
大手企業も良いけど、成長中のベンチャー企業も良いなと
気になっている方ならとても参考になる内容になっていると思いますので、
是非ご一読ください!!

■自己紹介をお願いします。

わたしは大学4年生の頃からインターンとしてchipperで働き、新卒でそのままchipperに入社しました。
入社後は EC/D2Cコンサルタントとしてモールを中心に運用業務を担当し、クライアントと日々帆走しています。現在は 新規事業としてサウナメディアの立ち上げを自ら計画し実行させていただいており、 外部関係者を巻き込み、サウナメディア責任者としてメディアを運営するというベンチャー企業ならではの裁量と責任の大きさを身をもって体感しています笑。

■就職活動ではどんなポイントで企業選びをしていましたか?

基本的に私の就活の軸はITベンチャー企業一択でしたね。
ざっくりしていますが、圧倒的な成長ができる(ビジネス力を身に着けられる)環境があるかどうかだけで企業選びをしていました。
ここで言うビジネス力が身につけられるというのは、自分が中心となって「ヒト、モノ、カネ」を動かすことができる裁量があり、スキル的にも人間的にも成長ができることを考えていました。

正直なところ当時、特定の分野でこれといってやりたいことがなかった自分は、とにかく稼ぐ能力=ビジネス力だと考えており、それが最速で身につけられる環境を探していました。
ビジネス力さえつけてしまえば、これから先、自分の考え、価値観がどう変わろうともなんとでもなると思っているので笑

■数ある会社からchipperを選んだ決め手はなんでしたか?

chipperを選んだ決め手は大きく分けると2つあって、「アート」というキーワード「社長がなんとなく好き」というポイントでした。
特にアートというキーワードは自分の中でも大きくて、もともとアートとかクリエイティブとか、そういった言葉がなんとなく好きだったんです。
こういうとロジック皆無じゃん!と思われるかもしれませんが、自分は「感覚」「なんとなく好き」ということをすごく重要視しています。なぜかというと「なんとなく好き」って実はすごく論理的なことだと考えているからなんです!

自分は「なんとなく好き」っていうのは、今までの人生で自分を創ってきた価値観を、無意識的に勝手に頭が論理を組み立て「これは好き!」としているだけだと思っていて、
みんな、無意識に出てきた感情だから、論理的な根拠がないものだと勝手に思ってしまっているだけだと思うんです。この直観を大切にする考え方こそが、柔軟なアート的な考え方だと思っていて、アート的な考え方から論理的思考ではたどり着けない新しい楽しさだったり、感動が生まれると思っています!

アート的な考え方って、個人のいい意味での偏見を表に出すことなのでビジネスの場面では論理性に欠けて、受け入れられないこともあると聞きました。
ですが、偏見もさっきお伝えしたように、自分の経験の積み重ねから生まれてくるはずなので、1つずつ過去を遡って、どうしてその考えを獲得したんだろうと考えていけば、論理的説明できるはずなんですよ!

自分の「良い偏見」を論理的に説明できれば、アート的な考え方に共感してくれる、もの好きな人っているはずなんです。
それって、積み重ねると1人が思っていることが世界中で見たら何万人かは共感してくれるということなんです。
個人個人が持っているいる多用な「良い偏見」を受け入れてもらえるような世界が生まれて、それが当たり前になれば、面白いモノがたくさん生まれるんだろうなと思っています。

そんな自分の考えとchipperの「アート」を重要視している姿勢や社長の考え方が共鳴して、とても魅力的なものに映りました!
※良かったら社長の考え方が出ている記事も面白いので読んでください!!

■chipperではどんな業務をしていますか?

コレをやってます!と一言で言うのは難しいですね。
めちゃくちゃ幅広く経験をさせてもらっていて、ざっとあげると

  • ブランド(メーカー)に対しての営業~提案
  • スタートアップ~大手ブランドの楽天・AmazonなどのモールEC運用
  • Google,Yahoo,LINE,facebook,instagramで広告運用
  • 記事LP作成、セールスライティング
  • サウナメディア運営の責任者(ライティング、マーケティング全般)

というところですかね!
おかげさまでベンチャー企業ならではの幅広い業務経験を体験させてもらっています。

■実際に入社してみてどうでしたか!?

正直めっちゃ大変です笑
やることすべてがほとんど初めてですし、慣れ始めたらまた新しいことをする必要があるし、人数が少ないので1人1人責任範囲が広くなります
自分自身、若干コミュニケーションが苦手なところがあり、インターン初めの頃はまあ結構ご指導いただきましたね笑
直していかなきゃいけない課題です。。

でも、大変な反面、嬉しい気持ちが強いんです。
就活のテーマであったビジネス力を高めると言う点に置いて、本当にこれ以上ない環境だと思います。

周りのメンバーもとても優秀なので、それをみて自分はまだまだだなと日々感じています。
仕事の裁量が大きいだけでなく、目標となる人が近くにいる環境は、自分の成長速度を変えてくれるということも実感しています。

■今後取り組んでいきたいことを教えてください!

まずは、与えられた目の前の仕事を期待以上にこなすことができるようになりたいです。

その土台が出来上がって、会社に利益をしっかり出せる状態になったら、
スポーツだったりゲーム、アート、ファッション、音楽、アイドル、お笑いなど広義の意味での「エンタメ」で人間を幸福にし、社会に価値を出せる人間になりたいと考えています。
それがどんなものになるかはまだわかりません。
またどこかのタイミングで考えを変えるような転換点に出会うかもしれないですね。

■最後に、就活生の皆さんにメッセージをお願いします!

皆さんは、これがしたいんだ!これが好き!と強く思えるようなことがありますか?
就活の時期が来たから無理やり自分てどんな人間だっけ?と考えて就活している、そんな覚えはないでしょうか。

自分もそうでした。
おそらくそれが世の中の大多数なんじゃないかなと思います。

そもそも世間を知らない学生が、その中で考える自分のやりたいことを探すって、
たとえるなら、昼ごはんでおにぎりしか選択肢にない中で、どの具材にしようかめちゃめちゃ迷っているみたいな状態で、、、
パンもラーメンもその他にもいっぱい選択肢あるよ!ってことを伝えたいです笑
(偉そうなこと言ってますけど、自分も全然世の中を知れていません笑)

自分が何をしたいのか分からない就活生たちへ

それならばとりあえず、自分の可能性を広げてくれる場所に行くのが良いんじゃないかなと思います。
自分の好きなことの探し方は、色々やってみること、経験することです。

そんな経験をさせてくれる環境に行くことが、幸せに働くことの第一歩なのではないでしょうか?

偉い人がどう言おうが、ネットにどう書いてあろうが、自分の中で腑に落ちたものが答えです。
chipperはそれを全力で応援してくれる会社です。
自分で考え、自分の納得した道を進んでください!

株式会社chipperでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう