1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

くぬぎ苑主任が語る「介護に対する思い」とは。~vol.2~

こんにちは!

社会福祉法人 櫟会です!

特別養護老人ホームくぬぎ苑で主任を務めている、

川畑拓郎さんの「介護に対する思い」第2弾です!✨✨

まだまだ続きますので、そちらもぜひご覧ください!



【プロフィール】

高校3年の夏休みにヘルパー2級(現:介護職員初任者研修)を取得。卒業後に、新規開設の同法人に入職。介護福祉士の国家資格を取得して、特別養護老人ホームくぬぎ苑のユニットリーダー、フロアリーダー、平成28年から主任を務めています。

【保有資格】

ヘルパー2級(現:介護職員初任者研修)、介護福祉士(国家資格)


「暮らしの継続」をモットーに、より豊かな暮らしを模索しています

私たちの施設では、「暮らしの継続」を重要視しています。誰でも住み慣れた自宅で暮らし続けるのが一番です。ならば、施設での暮らしをできるだけ自宅での暮らしと近づけるように、「ユニットケア」という手法を使って、その実現を試みています。

 「ユニットケア」では、家庭的な雰囲気の中で、顔なじみのスタッフによる個別ケアが可能です。例えば、起床時間も人によって異なります。

朝食もご飯と漬物という人がいれば、パンだけ、または食べないという人もいます。趣味趣向によって、余暇の過ごし方も千差万別なはずです。
 

そこで、私たちは「24時間シート」を導入しています。シートには、その方の嗜好や性格、自宅での過ごし方などを細かく記します。

施設に入所して約一月かけて、スタッフ全員で肉づけをします。その後は、その方にとって望ましい暮らしの在り方を模索しながら、シートの見直しを繰り返し、暮らしがより豊かになるように努めています。


くぬぎ苑ではどのようなケアを行なっているのかを知ることができましたね!

理念やモットーを実現するためのたくさんの仕組みの1つなのが、「24時間シート」です。以前理事長様にインタビューしたところ、個人の好む「お酒の銘柄」や「水割りなどの飲み方」なども書いてあるそうです!

細かく記録、更新していくことで利用者の笑顔につながっているのですね✨✨

↓↓↓↓↓募集記事もCHECK!!↓↓↓↓↓

社会福祉法人 櫟会では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう