1
/
5

なにをやっているのか

格安SIM事業を中心に、FC(フランチャイズ)事業、OEM事業、広告代理店事業を行っています。 格安SIM事業では、ユーザーが広告を再生する事で月々の携帯料金を最大0円まで下げる事ができるユニークなモデルを採用し、「毎月無料で使える携帯」というサービスの実現を目指しています。 また、広告代理店事業においては、提供する格安SIMの通信履歴を解析することでユーザーの属性や興味関心を判別し、「最適な広告の出し分け」を実現するという、まったくの新しい広告システムを提供しています。スマートフォンから得られるビッグデータを広告に活用する仕組みに特許を複数出願しており、他社が真似できないオンリーワンの広告システムとなっています。 フランチャイズ事業では、センターモバイルの仕組みとSIMの販売権を提供しており、他の格安SIMより高品質かつ安価なサービスを販売して頂くことが可能となっています。 また、販売企業様へ現状のヒアリング、成功事例の共有、売上向上策の提案、営業研修や定期研修など、目標達成に向けたサポートも行っております。 メディア掲載実績 https://centermobile.co.jp/media-archive/

なぜやるのか

「子供に習い事をさせてあげたい」「外国語を学びたい」「家族旅行にいきたい」etc... 生活していく中でやりたいことはたくさん浮かんできます。 しかし現実は、生活していくために必要なお金は多く、なかなかそうしたチャレンジや、やりたいことにお金を使えないという方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな中、弊社はスマートフォン料金に目をつけました。 ほぼ全ての方、ご家庭が利用しているといっても過言ではないスマートフォン。生活必需品であるがゆえに、毎月一定の固定費用がどうしてもかかってしまう部分です。 総務省のデータでは、家計における年間の携帯代の平均金額は約10万円となっています。 近年はSIMフリー端末や携帯料金の値下げにより、従来と比較すると金額もかなり抑えられるようになりましたが、この金額をさらに安くすることで、やりたいことへのチャレンジの費用が捻出しやすくなるのではないかと考えました。 個人がやりたいことにチャレンジする機会を増やす、気軽にチャレンジしやすくする。 そういう世の中を実現したく思っています。 また、スマートフォンという切り口だけでなく、様々な新しい技術を組み合わせてサービスを創造し、社会に新しい価値を提供することを目指しています。

どうやっているのか

自社でのシステム開発に加え、データの解析を大学と共同研究で進めています。 新しい技術として日本の特許、国際特許の出願もしております。 今や生活に欠かせない携帯電話という端末の新しい可能性を追求し、[携帯電話は0円で使うもの]という文化を創造すべく経営をしております。 また当社は下記の企業理念を掲げています。 1.人との信頼を育み、人を大切にする 2.積極性をもって今までにないオンリーワンなサービスを創造する 3.先を見据えたサービスで社会インフラの可能性を広げ、新しい価値を創造する 関わった人全てを幸せにし、自らのみならず社会をより良くする企業でありたいと考えています。