1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【当社リードエンジニアインタビュー】Qufooitと未知へのチャレンジ


本日は当社リードエンジニアとしてInsight Search Engine(ISE)の開発をけん引している佐久間諒(さくまりょう)のインタビュー3記事目を掲載致します。

まだ、1記事目・2記事目をご覧になっていない方は当記事と併せてご覧ください!


Qufooit佐久間へインタビュー@2020年10月

Qufooit 佐久間諒(Ryo Sakuma)プロフィール

Qufooit Japan株式会社/1994年10月3日生まれ/千葉県出身

東京理科大学理工学部卒業後、新卒にてエムスリーへ入社。ソフトウェアエンジニアとして社会人キャリアをスタート。エムスリーでは自社ウェブサービスの開発へ従事。フロントエンドからサーバサイドまで幅広く対応した経験をもつ。加えて数か月ほどグループ会社のCTOも任せられマネジメント経験も積む。その後フリーランスとして独立。Qufooitへは当初フリーランスとしての参画であったが、その後2018年11月正社員としてQufooitへ入社。現在は当社のリードエンジニアとしてInsight Search Engine(ISE)の開発の中軸を担っている

新卒入社企業から一転フリーランスへ

新卒で入社した会社でエンジニアとしてのキャリアを歩み始めてからしばらく時間が経過しました。

徐々に力も付き、自分の裁量で開発と向き合える範囲が増えてきました。

それと同時に「未知の状況へ身を投じてチャレンジしてみたい」という想いも高まっていきました。

そこで私は新卒入社の会社を退職し、まずはフリーランスとして自身の力を試す道を選びました。

<チャレンジした理由(当時)>

①今まで積んだ自分の経験がどのように活かせるのか?未知の環境でどれほど経験値を伸ばせるのか?に興味があった。

②今まで会社として開発経験を行ったのが1社であり、自分の身を他の環境へ置いた時にどのような成長をすることができるのか?に興味があった。

当時はフリーランスに転じることで何が起きるのだろう?と純粋にワクワクしていた気持ちを覚えています。

Qufooitとの出会い

Qufooitとは私がフリーランス時代に初めて出会いました。

当時、利用していた人材会社の担当者に「未知のサービスへ取り組んでみたい」と話していたところ、Qufooitを紹介されました。

Qufooit代表の池田と初めて会ったとき、池田から尋常ではない熱量から「この人は普通の人ではないな」と感じるとともに「この会社へ飛び込んでみたら(自分は)どうなるだろう?」という強い興味を感じたことを覚えています。

この出会いをきっかけに私はQufooit、Insight Search Engine(ISE)へのめりこんでいき、気づいたら正社員として参画していました(笑)。

わたしが開発で気を配っていること

わたしの担当領域は端的に言えばビジネスサイドとエンジニアサイドの橋渡しでしょうか。

ビジネス側はこんなことをしたい、エンジニア側としてはこういった事情でこういった実装が必要で・・・というような両者のコミュニケーションを可能な限り一致させ、ISE開発チームを中心に取りまとめるのが私の役割です。

プロダクトの成長スピードを最速化することを常に心掛けながら開発へ臨んでいます。

また、チーム開発の中で心掛けていることがあります。

社内のエンジニアが増え、プロダクトの成長スピードを最速化するためにはエンジニアチームとしての開発速度を上げる必要性があるため、優秀なエンジニアメンバーメンバーを信用し、どれだけスムーズに開発を進めてもらえるのか?その環境をどう作るか?を最近は特に心掛けています。

特に「何でも自分でやろうとしない(もちろんコードは書きつつ・・・)」という意識を持っています。

やれば自分でも対応できますが、それをやってしまうと、エンジニアが複数名いる中で全体最適を行う人がいなくなり、結果的に「プロダクトの成長スピードの最速化」を達成することが難しくなります

そのため、”敢えて自分でやろうとしないこと” を意識しています。

わたしから見たQufooitとメンバー

わたしから見るQufooitの印象は「1か月後自分はどうなっているだろう?会社はどこまで成長しているだろうか?その姿があまり想像できないくらいの会社」という印象です。

QufooitやISEの成長スピードはものすごく早く将来がとても楽しです。

加えて「エンジニアリングとはなにか?」を考えると私は「不確実性を減らし可能性を伸ばすことができること」だと考えています。

不確実性があるところにエンジニアの価値があると考えているので、Qufooitのように未知の領域へチャレンジしつづける環境へ身を置くことができ日々充実しています。

それにQufooitには多様なメンバーがそろっているので退屈しませんね。

どんなメンバーかって?

Qufooitのメンバーを一言で言い表すならば ”無理やりにでも前に進んでいこうとするメンバー” ですね!

Qufooitへ興味を持って頂いた方へメッセージ

このQufooitという会社、ISEというサービスは他にはないものだと感じています

そんな環境でぜひ一緒に楽しい未来づくりをしていけたらと考えています。

ぜひお気軽にご連絡ください!

佐久間のインタビュー全3回は以上となります。

ここまでご覧いただき誠にありがとうございました!

最後にご案内です。

QufooitはInsight Search Engine(ISE)を国内および海外展開も進めており、いま一緒にISEを育てて世界へ挑んでいただけるエンジニア、データサイエンティストを心から求めています

この記事を読んでいただいて少しでも興味を持っていただけた方はぜひお気軽に応募ください。

まずは雑談ベースからのWebミーティングでもぜんぜんOKです!ぜひご連絡お待ちしています!

ここまで記事をお読みいただき、ありがとうございました!


Qufooit Japan 株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう