1
/
5

医療業界からフィールドエンジニアへ。相談し合える仲間と成長を目指す小池さんにインタビュー

Photo by Nick Morrison on Unsplash

こんにちは、イチアール採用担当です!今回から弊社メンバーへのインタビューをお届けします♪

記念すべき第一回のお相手は、柔道整復師からイチアールに仲間入りした小池さん。医療業界からIT業界へ転身した決め手とは?転職の理由や今後の夢に迫ります!


【プロフィール】

氏名:小池智晃

略歴:前職は柔道整復師として病院や接骨院に勤務。主に怪我の処置やリハビリを行う。その後イチアールに入社し、現在は5G移行のプロジェクトに参画。フィールドエンジニアとして全国の通信事業者を回る業務を担当している。

面談を通してIT業界への挑戦を決意



ー イチアールを知ったきっかけは何ですか?

小池:Wantedlyの求人を見たことです。「まずは話を聞きたい」というボタンからコンタクトを取りました。

ー Wantedlyでやりとりをしてから、何が決め手で入社を決意しましたか?

小池:カジュアル面談の際に、エンジニア出身の中村社長から現場や業界についてお話いただいたことが大きいです。また、「イチアールでは中途の未経験者を積極的に採用している」と面接前に聞いたことも決め手の一つですね。

IT業界未経験という不安がある中で、「未経験で入社した人はこんな仕事をしています」「頑張ればこんなことができるようになるよ」といったリアルな話を聞き、とても魅力的だと思いました。

「未経験者が多いなら私にもできるかも」「私も一緒に働きたい!」と思ったのが正直なところです。

あとは働く環境も大事だと思っているので、オフィスがおしゃれというのも決め手でした。

ー リアルな話を聞くと、自分自身に置き換えて考えやすくなりますよね。それでは、現在担当している業務について教えてください!

小池:Cisco社のスイッチのモジュール接続やケーブルの敷設を、ベンダー企業様からの指示に従って行っています。

それまでCisco社の機器に触れたことがなかったので、最初は緊張の連続でした。今では作業にも慣れて、班の作業責任者として全国の通信事業者を回っています。

ー 業務にどんな魅力を感じますか?

小池:ITエンジニアの土台を作れることです。パソコンを触っているだけではわからない、通信の裏の部分やハード機器について知ることができます。

「光通信とは?」「スイッチ機器とは?」「どんなふうにサーバー機器を構成しているのか?」このあたりは毎日のように見ることになるので、自然と覚えられます。

普段は絶対に入れない通信事業者の局舎に入れたり、さまざまなベンダー企業様とお仕事ができたり、とても貴重な経験ができていると思います。

刺激がもらえる環境で成長を目指して



ー イチアールに入社してみて「よかったこと」を3つ教えてください!

小池:1つ目は、IT未経験の人が多く在籍していることです。イチアールには経験者だけでなく未経験者もいるので、刺激がもらえて勉強のモチベーションを維持できます。「みんな目標に向かっていく力がすごいな」と、いつも良い影響を受けています。

2つ目はメンター制度があることです。ちょっとした話や目標の進捗報告がしやすいので、不安を自分の中だけで消化することが少なくなりました。メンター制度によって精神的に助かっていると感じます。

3つ目は、月1万円までの書籍購入手当があることです。1万円もあると大抵のIT書籍が買えます。もしかしたら私が社内で一番買っているかもしれません。。!

ー これからどんなことを叶えていきたいですか?

小池:現プロジェクトにおいては、後輩に業務を伝えていく中で「まだ環境が整っていないところが多い」と感じています。自分自身もまだまだですが、少しでも未経験の方がアサインしやすい環境を整えていきたいです。

また、現在はインフラを担当していますが、今後は1Rが事業拡大をして、自社プロダクトを展開していくということなので、いずれは開発部門にも携わってみたいとも思っています。個人的には、10年間医療系の業界に携わっていたので、医療系やヘルスケア部門のIT分野に関わってみたいですね。

今のうちに何かしらできないかと思い、現在はヘルスケア部門のネイティブアプリを自主制作しています。

ー イチアールに向いている/一緒に働きたいのはどんな人ですか?

小池:向上心や目標を持って行動できる人です。イチアールでは資格補助や勉強会、ハッカソン(※)などを行っているので、自ら積極的に成長したいと考える人には向いていると思います。

個人的には、仕事を超えて仲良くできる人と働きたいです。私は同僚4人とプチ報告会をしたりするのですが、どんな些細なことでも相談できる仲間がいるのは、仕事面においてとても心強いです。

心を許せる仲間は多いほうがいいと思うので、仕事だけでなくプライベートでも気軽に連絡を取り合えるような人と働きたいですね。

(※)ハッカソン:「ハック(hack)+マラソン(marathon)」の造語とされる。ソフトウェア開発に関わる人が、 短期間に集中して開発作業を行うイベントのこと。

イチアール株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう