1
/
5

コンフォートゾーンを離れた新たな挑戦、語学を学ぶ私がハウコレでインターンを始めた理由

こんにちは。採用担当のあやかです。

株式会社ハウコレは、”一人でも多くの女性にに自信と笑顔を”というミッションのもと、メディア事業(ハウコレ/andGIRL/mamagirl)やECサイト(&rere/n.n./ASIA VINTAGE)、占いアプリ(ウラナッテ)の運営を行っています。

今回はインターン生インタビュー第2弾として、津野華穂さんにインタビューをしました。ぜひご覧ください!

ーよろしくお願いいたします!早速ですが、津野さんがハウコレでインターンを始めようと思った理由を教えてください。

夏に予定していた短期留学がコロナ禍でできなくなってしまったことがきっかけです。既にしていたアルバイトとは違う業種で、自分の成長に繋がるものを探している中で、メディア系に興味を持ちました。

メディアを運営している会社の中でもハウコレを選んだのは、ハウコレのミッションである「一人でも多くの女性に自信と笑顔を」に惹かれたからです。

その後、応募をして代表の吉本さんとお話をさせていただいて、ここだと感じました。吉本さんから1週間考えていいですよと言われましたが、すぐにインターンをさせていただきたいとお伝えしました。


ー即決だったんですね。編集の仕事を選んだのはなぜですか?

実は、編集ではなくSEOの仕事に応募していたんです。その後、編集を担当させていただくことになりました。

最初は複雑な作業かなと感じて編集には応募していませんでしたが、実際にやってみると意外と自分に合っていることに気付きました。やっていてとても楽しいです!!


ー楽しみながらできるのは素敵ですね!編集では具体的にどのようなことをされていますか?

まず、ライターさんから届いた原稿をチェックします。チェックする際には、文章だけではなく記事のタイトルも確認して、必要があれば変更します。

現在ハウコレは他社とサービスを連携して配信しているのですが、相手方の記事のタイトルがとても魅力的だったんです。ハウコレの記事の改善点を考えたときにまず出たのはタイトルでした。ライターさんのタイトルをもとに、見てくださる方の興味を惹くようなタイトルにすることを意識しています。編集が終わったら入稿をお願いします。記事につけるイラストや外部リンクの選定も行います。最後に配信の設定をして完了です。1日に配信するのは30記事ほどで、チームメンバーと協力しながら作業を進めています。



ー面白さややりがいはどのような時に感じますか?

タイトルを考えることですね。自分がタイトル変更した記事がよく読まれていると嬉しいです。自分の選んだ外部リンクのクリック数が多い時も良かったなと思います。またそれを活かして、クリック数が増えるように頑張っています。

自分の頑張りに対してダイレクトにリアクションが来るところに編集の面白さを感じます!


ーでは逆に編集をやっていて大変だなと思ったことはありますか?

タイトルを考えることが面白いと言ったのですが、それと同時に難しさも感じています。ワンパターンになりがちなので、そうならないように工夫することを意識的にやっていますね。

外部リンクを選ぶ時も、ニッチなテーマの記事だと関連記事を探すことが難しいです。


ー苦労もあるけれど、その分良い結果が返ってくると嬉しいということですね。  編集やハウコレでのインターンを通してこんなことを学びました、というものがあればぜひ教えてください。

社内や社外の方とコミュニケーションを取る中で、ビジネスマナーが身についたと感じています。パソコンのスキルも上がったと思います。ショートカットキーなどを使いながら、少しでも早く仕事を勧められるように心がけています。ハウコレのバリューの1つでもある”効率化を図る”にも繋がっていますね。


ー続いてハウコレについて伺っていきたいと思います。ハウコレでインターンをして良かったと感じたことはありますか?

まず、自分が成長したことです。ビジネスマナーやパソコンのスキルを身につけられたことだけではなく、情報共有やチームワークの大切さを知ることができて良かったです。

今までは人に言われたことをやるということが多かったんですが、ハウコレでインターンを始めてからは自分でやることを探してやるということもできるようになりました。先のことやチームメンバーのことを考えながら、自分がやるべきことを探してやるように心がけています。


ーハウコレのメンバーにはどのような印象を持っていますか?

社員さんはみなさん真面目だけど面白いです。全員がやるべきことを自分で探してやっていて、かつ、手が足りていない時は助け合うというところが素敵だなと思っています。

インターン生は真面目な人が多いように感じています。みなさん会社のために動いていると感じがしますね。


ーインターン生として働く環境についてはどうですか?

コロナ禍で基本的にリモートワークになっていますが、その中でも繋がりがあるのがすごく良いなと感じています。Slackでみんなの取り組みを知ることができたりコミュニケーションを取ることができたりして、みなさん会社のためにと頑張って動いているのが伝わりますね。

また、指示を受けるのではなくインターン生が自らやるべきことを考えて動く、自由度が高い環境だなと感じています。


ーハウコレにはどのような人が向いていると思いますか?

インターンを始めたい人、自分を変えたい人、自分のコンフォートゾーンを抜け出して新しいことにチャレンジをしたい人に向いていると思います。

私自身も語学を学んでいますが、メディアで働くことを選びました。周りの友人は語学関係のものを選ぶ子が多いので、驚かれましたね。

すごく難しい作業をやっているわけではないけれど、成長意欲があれば、与えられたタスクの中で自分にできることを自分で探す力が身につけられると思います。


ー最後に、今後の目標を教えてください。

チームのためハウコレのため、少しでも良い方向に向けられるように、その基本となるコミュニケーション・情報共有を率先して取り組んでいきたいです。


株式会社ハウコレでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう