1
/
5

「ニューワンズという社名に込めた思い」Vo.2ニューワンズのクレドを徹底解説!

こんにちは!ニューワンズ株式会社新卒1年目の大住です。

自己紹介はこちらから!


今回は「ニューワンズのクレドを徹底解説!」シリーズの続きです!

前回の記事がストーリー急上昇ランキング1位!!

ぜひご覧ください(^O^)


今回は社長コメントの続きからです。それでは今回も張り切っていきましょう!

◇新庄のコメント◇

ニューワンズを創業して12年、改めて、この社名の意味するところを考えてみると、過去の偉人達も、同様の意味の言葉を大切にしておられたことがわかります。

(弊社は2009年に創業し、現在13期目を迎えています。)

【日に新た(松下幸之助)】

四書五経のひとつ『大学(伝二章)』にあるこの【日に新た】は、幸之助さんが良く使った言葉のひとつ。中国古代の殷王朝を開いたといわれる湯王(とうおう)が、自分の使用する洗面盤に、「苟(まこと)に日に新たに、日々新たに、又日に新たなり」(苟日新、日日新、又日日新)という言葉を彫って自戒したという話から引用した言葉だそうですが、

松下幸之助先生の側近として20年以上仕事をしてこられた江口克彦先生から、以下のように教えていただきました。

「要は日に新たという心掛けを実践していくことが大切で、本当にそれを行えば、次々と自分が新しくなっていく」という意味。幸之助さんが【日に新た】について語った言葉で私(江口)の好きな言葉がある。

今年は去年のままであってはならない。
今日は昨日のままであってはならない。
そして、明日は、今日のままであってはならない。
万物は日に新た。
人の営みもまた、天地とともに、日に新たでなければならない。
憂きことの感慨はしばしにとどめ、去りし日の喜びは、これをさらに大きな喜びに変えよう。
立ち止まってはならない。

また、渡辺昇一先生は、著書『四書五経一日一言』の中で、【日に新た】について「昨日よりも今日、今日よりも明日と、日々よりよくなるように行いを正していかなければならない」と書かれておられます。


他にもこんな言葉があります。

【積小為大(二宮尊徳)】

「小さなことが積み重なって大きなことになる。だから、大きなことを成し遂げようと思うなら、小さなことをおろそかにしてはいけない」の意。

【小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道】

プロ野球選手のイチローが、2004年メジャー年間安打記録を達成した際の記者会見での一言。

どれも、ニューワンズと通ずる言葉です。

改めてこの社名「ニューワンズ」にして良かったと思っています。

【最後に】

会社名を考える時、前(株)か後(株)か?どちらにするか、悩みました。いろいろ調べていると社歴の永い大企業は後(株)が多いことがわかりました。「百年千年と永く続く企業にしたい」という念(おも)いから、ニューワンズの後に株式会社を付けました。

また、自分の名前(新庄一範)を入れるかどうか?も少し悩みました。しかし、松下電器や、トヨタ、ホンダのように名字を社名にする勇気はありませんでした。ある日、創業の念(おも)いを文章にした時、自分の名前にある「新」や「一」をさりげなく英語で盛り込めるのは悪くないなと思ったのは事実です(笑)

いかかでしたでしょうか?

今回はニューワンズの社名に込めた思いについて書かせていただきました。

次回は、大住が感じていることや実践していることをシェアしたいと思います!

この記事を読んで学びになった!クレドに興味を持ったという方は、「いいね!」や「シェア」をポチッと押していただけると、より多くの方に届けることができるので是非お願いします(=゚ω゚)ノ

ニューワンズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう