1
/
5

【より良い開発環境をつくる】APPLILAB 九段下オフィスをリニューアル!!!

今回は、『APPLILAB'sBlog』記念すべき第1回目の投稿です。

本来は代表の創業ストーリーを書こうと思ったのですが、先にどうしても知って欲しいことができました。

なんと、先日アプリラボのオフィスがリニューアルしました!!!

なので代表のサクセスストーリーは次回のお楽しみとさせて下さい。

※株式会社APPLILAB(アプリラボ)は、『めっちゃすごいパートナーになる』を理念に掲げ、「K1くん」という飲食店向けのPOSレジ付き店舗管理システムを自社開発している会社です。



まずスタッフの環境改善!そして新たな刺激を求めて!


弊社は3月の組織変更(事業部制に移行)に伴い、オフィスのリニューアルを行うことを決めました。従来のレイアウトでは、オフィス面積を活かし切れていないこと、デスク周辺の作業環境に課題感がありました。

どれだけ優れた人間でも、気持ちのスイッチはすぐには切り替わりません。

せっかくオフィスをリニューアルするなら、レイアウトを変更するだけではなく、より良いオフィスを目指したい。

今までの組織は、フラットでオープンにコミュニケーションが取れる組織だったので、それはそれでとっても素晴らしいものだったと自負しています。

嬉しいことに弊社のお客様の数は右肩上がりに増え、事業の成長に伴い、新しいメンバーもアプリラボに参加してきてくれています。その反面、「スタッフがすべてのお客様を把握する」ことに限度を感じ始めました。

そこで今回は、事業部という区画に分けて、お客様に専門性の高いサポートを出来る環境をつくることを軸にオフィスのリニューアルを実施しました。

会社の理念である『めっちゃすごいパートナー』であり続ける為に。

《まずはリニューアル前のオフィス》

以前のオフィスは高田馬場にありました。そこから九段下に移転して会議室も二つ作り、商品の在庫等を管理するスペースも確保!
30坪から60坪になり、移転した際は、一層身が引き締まる想いでした!(菅野談)

#昔の受付。こちらも好評でした!

#コミュニケーションはとっても取りやすかったです。

#直近のオフィスの様子。メンバーも増えてちょっと窮屈なレイアウトになってしまっていました。

《リニューアル後のオフィス》

#白を基調にした洗練したデザイン。結構拘りました。笑

#エンジニアが作業に集中できるように設計された執務スペース。


新たに生まれるコミュニケーション!

事業部で区分けしたことにより、各事業部にまとまりが生まれ一体感が増したように感じています!

ただ、事業部で区分けしてしまった為、事業部を超えたコミュニケーションが減ってしまうのでは無いかという心配がありました。

ですが、今回新たに気軽に集まれるミーティングスペースを設置したことで、社内では積極的な意思疎通が増え、コミュニケーションのメリハリがついたように感じています。

このタイミングでさらに新たなコミュケーションツールの導入を行い、社内コミュニケーションをより取りやすくしたいと考えています!

また、快適なオフィス環境を守るためにも気をつけていることがあります。

全事業部に空気清浄機と加湿器を完備して常にクリーンな空気で仕事ができる環境を整えることです。

自分たちでも掃除しますが、床掃除はルンバがフル稼働で頑張ってくれています!笑

もちろん一人一人の意識改革も大切です。作業効率が下がらないようにクリアデスクを徹底やゴミのルールの周知活動も行っています。

エンジニアが常に良い環境で業務に取り組めることを目指し、これからも環境整備をしっかりと行っていきます。


今回、社内の制度や組織体制を変更するにあたりレイアウトもリニューアルしました!

実際に変更したばかりではありますが、大きな混乱なく日々の業務に取り組めています。

制度の改定やリニューアルに伴う感想は、これから社員から上がってくると思うので、また本フィードで情報をお届けしたいと思います。

良かったらぜひ一度アプリラボに遊びに来てください。

最後までお読みいただきありがとうございました!


株式会社APPLILABでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング