1
/
5

【#4 Archi Airs】|素材と空間にこだわる。信州の地で、本物の価値を磨く家。

こんにちは!アルプスピアホーム新卒採用チームです!

前回から引き続き、私たちの個性豊かな住宅ブランドと、その誕生背景、そしてブランドを作り上げるスタッフをご紹介します!

|はじめに

私たちアルプスピアホームは、1999年の創業以来、地域密着型の住宅会社として「信州に根ざした暖かい家づくり」を合言葉に、高性能で安心の家づくりを進めてきました。

2020年からは「APHグループ」に。コンセプトの異なる4つの住宅ブランド【アルプスピアホーム/ジャストピアハウス/トモニハウス/アーキエアーズ】1つの不動産ブランド【土地情報館】、そして本部を加えた計6つの組織を展開する新体制となり、ここ長野県でさらなる成長を続けています。


2020年、「APHグループ」へ | 株式会社アルプスピアホーム
こんにちは!アルプスピアホーム新卒採用チームです! アルプスピアホームは2020年から、4つの住宅ブランドと1つの不動産ブランド、そして本部機能を加えた計6つの組織を、合わせて「APHグループ」と名付け、活動しています。 今回は、会社の創業からグループ化へと至った経緯をご紹介します。 創業は1999年6月23日。メンバー4人でのスタートでした。 写真にある当時の事務所・ショールームは合わせて28坪。現在の松本ショールーム230坪と比べると、約8分の1の大きさでした。 〈アルプスピアホーム創業 開所式の様子
https://www.wantedly.com/companies/company_2484100/post_articles/339765

今回ご紹介するのは、信州の建材を使ったデザイン住宅ブランド「Archi Airs(アーキエアーズ)」です!

|Archi Airsについて

Archi Airs(アーキエアーズ)は、新潟県の設計事務所とコラボレーションをして、『信州を元気にする』というグループミッションを、高次元で実現させることを目指したブランド。

コンセプトに掲げるのは「Long Loved Design」という考え方。

機能性はもちろんながら、デザインの繊細な美しさや、信州という地域との調和の中で、ここ信州での暮らしを永く愛せる家を形にします。

また、そのための性能、使う素材、空間の設計、インテリアを含めたデザイン性、その一つ一つにこだわりを貫いています。

賃貸やローコスト住宅の人気が高まる中でも、「こだわりの家を望むお客様」に向けたブランドです。

|Archi Airsの考える「家」

Archi Airsでは、「家」に対する5つの考え方を大切にしています。

・「Long Loved Design」

「何十年と住むほどに愛着の湧く」住まい。

例えばそれは、床やドアに使われる素材。「フェイクや工業製品」に頼らず、「本物の素材」にこだわります。本物の素材を使用するからこそ、年月を経た色の変化で家に深い味わいが生まれる。永い年月をかけて本物の価値を育む住まいを提案します。

・「地材地建・信州の会社」

「その地の材料を使ってその地に建てる」住まい。

信州の地で家を作る会社として、家づくりを通して、森を守る。地域の資源を育て、未来へ継承していく、「ふるさと循環型」の住まいです。

・「地元大工技術の継承」

「家づくりの技術を通して、人を育て、技術を伝承する」住まい。

工業製品を極力用いないArchi Airsの家づくりは、ありのままの素材を使うからこそ、高度な大工技術を多く必要とします。一般的な家づくりでは工業製品の採用が増え、細かな大工技術が不要になってきている中、Archi Airsでは大工技術を込めた住まいを提案します。

・「家と庭で『家庭』」

「屋内と屋外がシームレスにつながる」住まい。

Archi Airsでは、建物だけでなく「庭」も一緒にご提案します。敷地全体を活用し、植栽や周囲からの視線を遮るルーバーの計画も合わせて行うことで、庭を含めた生活空間全体をデザインし、日中もまわりからの視線を気にせずカーテンを開けて過ごせる住まいを実現します。

・「HOME SHIFT DESIGN」

「10年後、20年後、30年後を見据えた『提案型』」の住まい。

例えば、子供が家を出た後も使いやすい間取り提案、無駄が生まれない収納計画、「新築時がピーク」ではなく年月を経るごとに味わいを増す素材選び、ランニングコストを抑えられるよう、暖房器具に頼らなくても暖かさを保てる断熱性能など。建てて終わりではない、永く愛せる住まいをご提案します。

|Archi Airsの実現する家づくりの在り方

Archi Airsの家づくりには、3つの特徴があります。

・信州の建材で築く~地材地建~

私たちが主に使うのは、長野県根羽(ねば)村で取れる「根羽杉」。古くから建材に適した樹木の産地として知られる木材です。その地域の気候風土で育った木材を使い、その地域の家を築く。それは、地域の林業や森林資源を守ることにつながります。信州で生まれた会社たからこそ、素材まで地域にこだわった家づくりを提供しています。

・建築家の感性が息づくデザイン性

新潟の設計事務所と提携し、「お客様によるフルオーダー」ではなく、お客様とイメージを共有した上での「提案」を軸に進めます。心地よく過ごす空間を追求してきた専門家だからこそ、見た目だけでなく、性能や素材、導線まで、デザイン性の高い家が提案可能になっています。

・暮らしを永く守る圧倒的な強さ

「信州での暮らしを永く愛せる家」のためには、デザイン性もさることながら、信州ならではの気象条件や起こりうる災害を深く理解し、何十年先も安全で快適な住まいでなくてはなりません。Archi Airsは、断熱・気密・換気・耐震等、すべてにおいて妥協せず、その性能を十分に生かす構造を取って います。

|Archi Airsの果たす使命

Archi Airsは、APHグループが信州に根ざした地元工務店として次なる使命を果たすべく、「住まいの建築を通して地元信州の森林を大切に守り、職人の技術を未来に受け継ぐ信州の『ふるさと循環型』を実践したデザイン住宅を作りたい。」という想いから誕生しました。

「信州の建材で築く~地材地建~」

「建築家の感性が息づくデザイン性」

「暮らしを永く守る圧倒的な強さ」

その全てに妥協することなく、普遍的で洗練された、住む方の価値観を象徴するようなこだわりの住まいを提供しています。

そしてこの先も、住まいに対してあらゆるこだわりを持ったお客様に末永く愛される住まいをお届けしていきます。

いかがでしたか?

次回は、不動産ブランド「土地情報館」をご紹介します!

お楽しみに!

株式会社アルプスピアホームでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう