1
/
5

プロダクトの良さに魅せられ入社!SESから初転職のエンジニアが語るSaaSスタートアップでのやりがいとは。

今回は2018年4月に入社した、菅原にインタビューしました。菅原は3人目のエンジニアとしてMILのメインの機能の開発や、インフラ周りなど幅広い部分で活躍しています。

初めての転職、初めてのスタートアップ。そんな不安を払拭してくれたのは素晴らしい「プロダクト」と信頼できる「人」だったようです。入社後の仕事のやりがいや、MILへの愛を語ってくれたとても素敵な内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

― 菅原さん、インタビュー宜しくお願いします!

お話しするのが少し苦手なのですが、宜しくお願いします!

ー緊張せずいきましょう!簡単なキャリアの自己紹介をお願いします。

はい。大学卒業後からお話しすると、初めはSESの会社に入社し、自社の小規模プロジェクトで受託開発をしていました。途中からその会社が別会社と事業統合されたため、統合先の会社に移籍して自社プロダクトの開発を担当しました。その後、さらにグループ会社へ移籍し、上流工程や、サーバー構築、保守運用など幅広い業務を経験させてもらいました。

実はその1社目の会社で、MILのリードエンジニアの大城さんと一緒に働いていました。グループ会社への移籍のタイミングも同じで、最後は大城さんのチームメンバーだったんです。そのきっかけもあってMILに入社することになりました。

▼リードエンジニア大城のストーリーはこちら


ー大城さんきっかけでのリファラル入社なんですね。

はい。転職を考え始めた頃は、これからインフラ関係の技術を極めていこう、と思っていたのでインフラ関係のスキルを伸ばせる会社を探していました。

そのタイミングでMIL代表の光岡さんからお声がけしてもらい、MILのプロダクトを見させてもらった時に、プロダクトのすごさに感動したんです!「触れる動画」という新しいサービスであることや、分析機能などもしっかりしていて、これならまた開発がやりたいと思いました。

ーそうだったんですね。MILに決めた決め手の部分をもう少し詳しく聞かせてください!

まず、光岡さんが「私が転職しよう!」と決めた本当にちょうど良いタイミングでお声がけしてきて下さったのにはびっくりしました(笑)

初転職ですし、初のスタートアップへの転職だったので、正直少し不安はありましたが、前職で面識のあった光岡さんが創業者であることと、元上司の大城さんがエンジニアの責任者でいるというだけでとても安心感があったので、最終的に意思決定できました。困った時に相談できる信頼感のある方がいるのはとても良い環境だと思います。


ー入社後は、具体的に何を担当されたんですか?

私は2018年4月入社なのですが、入社後、ネイティブアプリ用のSDKや、コンバージョンの計測タグ等の開発を行った後、スイッチング機能(2つの映像をタップによって切替えができる機能)の開発を担当しました。

この機能は、私が担当したものの中では一番華やかなものだったので、思い出深い機能です!今年(2020年)に入ってからは、インフラの構築も設計から関わらせていただきました。

ーMILで働いていてどこに仕事のやりがいを感じますか?

今までに無いものを作りあげていかないといけないので、どの機能の開発も難しく大変です。ただその分だけ、完成した時の感動や実際に使ってもらえた時の喜びは大きく、とてもやりがいを感じます。

あと、実際にコードを書くのは私たちエンジニアなのですが、MILのメンバーは一人一人が「良い物を作ろう」と言う気持ちを持っていて、プロダクトへの「妥協がないな」と感じます。

全員の得意分野を合わせて、協力して良いプロダクトを作れているのがMILの強みですね。MILというプロダクトが本当に好きなので、これからもみんなでより良い物を作っていきたいです。


ープロダクト愛がとても感じられました!ぜひMILに興味を持たれている皆様へも、メッセージをお願いします。

MILはエンジニアにとって、スキルアップにはこれ以上ない環境だと思います!これまでに無いものを作っていくことができますし、機能別に担当を決めて開発を行っているため、上流から下流まで全ての工程を経験することができます。

幅広い業務を担当するのは難しいことですが「技術が好き」であることと「プロダクト愛」があれば、嬉しいことだと思います。

MILをもっと良いプロダクトにするために皆さんの力を貸して頂きたいので、少しでも興味を持って頂けたらぜひご連絡下さい。お待ちしています。

【編集後記】

SaaSのスタートアップにとってプロダクトの良さは非常に重要ですが、一人一人がプロダクトを良くすることに妥協しないという姿勢は、MIL全員が持っている当たり前の文化だと再認識しました。

技術に妥協したくない、プロダクト愛を大事にしたい、というエンジニアさんにはぴったりの環境だと思いますので、ぜひ興味のある方はご連絡ください!MILのプロダクトを見ながら一緒に語りましょう。

MIL株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう