1
/
5

スキル/能力が試される時代へ突入。弊社へ入社のメリット デメリット

 オリンピック真っ只中、多くの人はテレビを見て楽しんでいると思う。しかし、オリンピックが終われば日本がどのような変化を見せるか分からない状況を客観視している人はどのくらいいるのだろう?

 現状、エンジニア転職を目指している方が多く弊社への面接に来るが、スタンスや考え方がバラバラだ。正直、エンジニアになってもやりたい事は特に無い人、とりあえずエンジニアになれば安定出来そうなど、何となく志望している方やとりあえず感が強い人も多くいる。しかし、そのスタンスではエンジニアに仮になれたとしても厳しい。何故か?そのような人に振る仕事が無いし、開発案件に入職した後がきついからだ。

 コロナが中心の世の中で、スキル/能力が求められる時代に変化をしているので、言われたことが出来るのは当たり前で、それ以上に会社に貢献出来るスキル/能力が求められる。その色が1番強いのがエンジニア。現状、終身雇用も終わりを迎え、もう安心/安全が何か分からない世の中。大手企業に入れば大丈夫、そんな時代は終わった。人、一人一人に価値がつく時代へと変わってきたからだ。

 そんな中で弊社は、ベンチャーとして1年6ヶ月やってきたが、ベンチャーの強みと弱みが明確に見えてきた。逆に、大手の強みと弱みも。

 ベンチャー(弊社含め)の強みは、自分自身が成長出来る=社会に適応出来る人財に成長出来ることだ。仕組みが大手よりも出来上がっていないからこそ、自分で考えて行動する必要があるし、自主性/能動性がより求められる。大手でも必要ではあるが、正直無くても目先だけ見ればやっていける。仕組み通りにやれば業務は遂行出来る為。

 逆に大手の強みは、仕組みが出来上がっている為、自主的に動き能動的に行動出来れば、ノウハウをただで勉強出来る環境でもある。

 最終的に、弊社に関しては、エンジニア経験0だとしても、自分で考えて行動できる人財であれば、カリキュラムの内容も充実しているし、開発案件先も徐々に広がってきているので、フロントエンドエンジニアやWebデザイナーになる為にしっかりと勉強して目指せる環境が整っているので、目的/意識がある方は是非一度お話出来ればと考えている。

 ※弊社社員は、個性が豊かなメンバーが多いですが、比較的に真面目な人が多いです。

株式会社cleanstyleでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング