This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ありがとうって伝えたくて。

皆さんこんにちは、新城です。

皆さんはありがとうの気持ちをちゃんと伝えていますか。

ありがとうって思っていても、伝えることは難しいですよね。

心の中ではありがとうの気持ちでいっぱいなのに、言い出すタイミングがなかったり。

すぐにありがとうを伝えられる方は素敵だと思いますが、

筆者の様なシャイボーイにとってはなかなかハードルの高い行為です。

ありがとう。ただその一言がいえなくて

先日こんなことがありました。

いつものように出社した朝のこと、、、

同僚である森部さんと会社のエレベーターで鉢合わせしました。

エレベーターの上がる音だけが聞こえる、サイレントなエレベーター内。

もうすぐ会社のフロアに到着しそうになった瞬間、響き渡る到着の音(チーン)。

その刹那、事件は起こったのです。

それは、なんと、森部さんがエレベーターから出るのを先に譲ってくださったのです。

(少し挙動不審な新城と、エレベーターの出口を譲る森部さん)

なんという優しさ、心意気、ワンダフォー。すぐさま筆者はこう思いました。

ありがとう伝えねば。しかし、それはかないませんでした。なぜなら私はシャイボーイだからです。

その日は一日中、座席で考えました。どうしたら、このありがとうを伝えられるのか。

そこで、ひらめいたのです。

スマートテックにはありがとうを言葉以外で伝える文化があるじゃないかと。その名もサンクスギフト。

(机で何かをひらめいた新城。)

サンクスギフトとは

スマートテックにはありがとうを言葉以外で伝える文化があります。

それはスマートテックで導入しているサンクスギフトというツールです。

サンクスギフトとは、ツール提供会社のホームページから引用すると

「理念を更に浸透させたい」「社員がイキイキと働く会社にしたい」「もっと社員の頑張りを評価してあげたい」などのお悩みを解決し、社員も、会社も、みんながハッピーになれる社内コミュニケーショツールです。

だそうです。なんと素敵なツールなんですかね。

要するに

ありがとうをコインとして同僚に送ることができる、伝えた人も伝えられた人もハッピーになれる、そんな素敵なツールなのです。

さっきと同じこと言ってますね。

伝えよう。言葉以外のありがとう

ではここで早速このツールを使って、ありがとうを伝えてみたいと思います。

まずは伝えたい相手を決めます。

次に送りたいコインを選択。

最後に素敵な一言を添えて送信。

これで完了です。

(実際のサンクスギフト画面)

ほら見てください、伝えたい私も伝えてもらった相手もハッピーです。

(新城と森部さんのハッピーな共演)

実際使った人にインタビューしてみました。

・ありがとうを伝えた人 新城

「何ですかね。ありがとうってやっぱハートじゃないですか。言葉自体より、その気持ちに意味があるというか。あえて言葉以外で伝えることで、それを再認識させられました。」

・ありがとうを伝えられた人 森部さん

「ありがとうのようなコミュニケーションをとると距離が縮みますよ。それと同時に、思うのはありがとうって自分の存在意義を感じられるスパイス。」

若干ツールの記事広告みたいになってしまいましたが、この記事はあくまでもスマートテックの社内取り組みを紹介する記事です。

スマートテックでは社内コミュニケーションを積極的に行うための文化を作っています。少しでも気になったら、ぜひお話しに来てください。

その時はあなたにも、ありがとうコインをプレゼント。(※コインの譲渡は入社後になります。)

株式会社スマートテックでは一緒に働く仲間を募集しています
22 いいね!
22 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう