1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新入社員インタビュー 【営業/中途】宮里将矢さん

ドクターメイト広報担当(他色々担当中)の宮崎です!立て続けに中途入社が続いて有難い限りです。オフィスも12月1日に移転が完了し期も変わって素晴らしいスタートを切れました。本日は営業の中途社員として、12月1日に入社してくれた、宮里さんにインタビューを行いました。一見朴訥な雰囲気ですが、中身は熱々な彼がなぜドクターメイトに転職したのか?入社経緯~今の率直な気持ちを語っていただきました!以前は銀座でしたが場所が変わり御徒町での撮影のため色々哀愁が漂っています。(公園で撮影しましたが、周りの方々から不思議な目線を浴びました笑)

宮里将矢→里 インタビュアー宮崎→宮

今までの経歴

宮:オフィス移転と同時にジョインしていただいたまさやん(宮里さんのあだ名)!バタバタしていて落ち着いて話す機会が少なかったので、今日は楽しみにしていました。色々聞かせてもらうね。まずは今までの経歴を簡単に教えてください。

里:はい!緊張していますが楽しみにしていました。よろしくお願いします。今は32歳(昭和63年生まれ)でドクターメイトが3社目になります。外語系専門大学を卒業し、1社目は入れ歯や差し歯を専門に扱うメーカーに就職しました。元々人助けや人のためになることをやりたいと思っていたことと、リーマンショック後で中々思うように進まない中でご縁をいただいたため入社しました。

宮:そうかぁ、、確かにそうだったよね(筆者も33歳で同世代)!職種は営業?

里:そうですね。実際に客先=歯科医院に訪問し、提案をしていました。仕事は楽しかったのですが、提案できる商材が自社商材に限られ、顧客の課題によっては解決できないことにもどかしさを感じるようになりました。5年勤めやり切った感もあったので、同じ歯科医院向けでも複数商材を扱える専門商社に転職しました。

宮:扱える商材を増やせる=顧客の課題解決の種類を増やしたい的な軸かな?

里:その通りです!そこでは入社後すぐに栃木県に配属になりました。川崎生まれ川崎育ちだったので、最初は驚きましたが、前職を退職してしまっていたので、何でもやります精神で快諾し移り住みました!といいながら最初は不安で寂しくて元気が出ませんでしたけどね・・

(転勤当初を思い出しブルーになっている様子)

宮:思い切りの良さ!笑 そこでも5年間営業していたんだよね?

里:はい。既存顧客を相手にルートセールスで1日8件~10件ほど回りながら、色々な商材を提案していました。数百円の安価なものから数百万円する高価な機材まで提案ができ、成果も上がってやりがいを感じていました。元々スロースターターで慣れてから結果がついてくるタイプなので、期間も丁度良かった気がします。

宮:でも転職をしてドクターメイトに来ることになると。なんで転職したの?

里:1社目、2社目に共通していたことですが、仕事がすごくアナログだったんですね。顧客のやり取りはメールor訪問。営業管理は紙やツールもExcelくらいで、非効率的だとずっと感じていました。時代は変わっているのに、自分は変われていないことへの焦りを感じ次が最後だという決意で転職活動を始めました。

宮:すごい分かる!(筆者も1社目が不動産営業スタートでかなりアナログだった)

転職のきっかけ~ドクターメイトを選んだ理由

宮:それではなぜドクターメイトを選んでくれたのかを教えてください!

里:キャリアを通じて医療業界×営業だったのでそこは活かしたいという気持ちと、ITを活用しているという軸で探していた中でドクターメイトに出会いました。面談の中で、代表の青柳さんが言っていた「医療介護の持続可能な未来を作りたい」という思いにすごく共感したのと、提供サービスが間違いなく良いもので今後絶対に広がるという確信が持てたという2点になります。

宮:ふむふむ。確かに今までのキャリア変遷を聞いてると、広がり方というか選び方が一貫して筋が通っている感じはするよね。

里:いい風に言っていただいて嬉しいです!笑 自分は器用なタイプではなく、コツコツ時間をかけて積み上げていくタイプなので、ITサービスを扱うベンチャーに自分が順応できるかどうか正直不安もありました・・笑

宮:面談の時カチカチだったもんね笑 それが今では堂々としているのを見ると嬉しくなっちゃうよ。

里:他の企業様とも面談したのですが、雰囲気が良かったのも決め手になったかもしれません。宮崎さんが出てきたときは正直ビビりましたが(オンライン上にもかかわらず)、柔らかい雰囲気で話が進んでいったので、入社した後の雰囲気も何となくイメージが持てたなと。

宮:上げて落とすな!笑 見た目気をつけなきゃ・・

ドクターメイトに入ってみて

宮:ではそんなイメージをもって入社したドクターメイトはどうでした?

里:とにかく周りの人が優しく、気にかけてくれていてすごく働きやすいです!こんな話をしたら恥ずかしいのですが、10年仕事しているのに、コピー&ペーストの短縮キーがわからなかったんですね・・。更に使うITツールもドクターメイトでは様々なものがあり(Chatwork、G-suite、kintone、trello)、どれも触れたことが無さ過ぎて初日は泣きそうになったのを覚えています。

宮:笑っちゃいけないけど笑うわ!笑 そんな化石状態でも先輩方がしっかり教えてくれたということ?

里:そうですね。普通に考えたら聞くのが恥ずかしいようなことも、1つ1つ丁寧に教えてくれますし、はじめは覚えられる複数回聞いてしまったのですが、嫌な顔をされたことは1回もありません!だからこそ早く成長しなければと今は毎日必死に勉強しています。

宮:それはよかった!仕事内容はどう?

里:今までは営業といえば対面or電話でしたが、オンライン商談は新鮮でした。また、これは入ってすぐに言えることではないかもしれませんが、本当に価値あるサービスだと感じています。先輩の商談に同席した中で、介護現場の課題と提供サービスで解決できることがすごくリンクしていて。後はやりたかった無形商材ということもあって可変要素が大きく、サービスのブラッシュアップができると感じたことにもやりがいを感じれています。

宮:一昔前の人みたいな発言だな笑 それ以外に感じたことはある?

里:入社直ぐの移転パーティーや、月1回行う定例会議にも参加させてもらいましたが、全員で頑張り、楽しむ文化だなぁと感じます。前職は外に出ていることが多く、個人プレイが多かったのですが、ドクターメイトの場合サービス特性は勿論、いる人たちがみんな仲がいいなと感じました。早く馴染めるように頑張ります!!

宮:医療ベンチャーとは思えないガヤガヤ感あるよなぁ(創り出している張本人)。でも前向きに捉えてくれてて何より!

ドクターメイトの伸びしろ

宮:入社して10日しか経過していないので言いづらいかもだけど笑、まさやんが思うドクターメイトの伸びしろってどんなところにあると思う?

里:言っても怒らないですか?

宮:怒らんわ!笑

里:それでは遠慮なく笑 サービスも人もすごく整っているとは思いましたが、今のフェーズを考えると雰囲気が少し緩すぎるのではないかと感じます。例えば営業ではもっと行動、契約にこだわり1件でも多く積み上げるという気概を持って行ってもいいのではないかなと感じます。

宮:鋭い!本当にその通り。会社の雰囲気とビジネスグロースは似て非なるものだからね。

里:別に雰囲気を悪くする必要はなく、全員が同じ方向に向いている今だからこそ、より高みを目指して頑張っていきたいという思いがあります!自分へのプレッシャーにもなりますが、決意をもって転職しているので頑張りたいです。

宮:嬉しいねー。お互いに健全にプレッシャーをかけつつ頑張っていこう!

これからやっていきたいこと/個人

宮:まさやんの個人的な今後の展望を聞かせてください!

里:短期的には営業として成果を出し、会社に貢献したいという思いが強いです。今期は前期の約3倍もの営業目標が掲げられているので、そこになくてはならない存在になりたいです。中期的には、組織を持ちたいと思っています。今まで営業プレイヤーとして10年以上キャリアを作ってきた中で、伝えられることが色々あると思います。ITを使いこなせていないのはまだまだですが、そこも含めて個人から組織にフォーカスできるようになりたいです。長期的にはドクターメイトを介護施設のサービスインフラにしていきたいです。その中で自分ができることは今はイメージしきれていませんが、そこまでできれば次の自分が見えてくる気がしています。

宮:しっかり考えてるんだね!頼りがいがある。因みにまさやんってすごく安定していて、落ち着きがすごい(実年齢をはるかに超える雰囲気)んだけど、それって何から来ているんだろうか。

里:そうですか?笑 うーん、なんでだろう。しいて言えば、昔から物事をあまり短期的に捉えず長い目で見て取り組むのがいいと思っているからですかね。自分が正しいと思うことを続けていれば、おのずと結果がでるという風に思っていて、一喜一憂はあまりしないかもしれません。前の2社いずれも同じ方向で成果を上げられているので、それが自信になっているところもあります。

宮:だからか。俺より絶対落ち着いてるし風格ある笑

こんな人に来てほしい

宮:それでは次世代のリーダー候補として、まさやんが思うこんな人に来てほしい人物像とは?

里:1番は向上心があることだと思います。今のメンバー全員が介護業界を良くしていきたいと本気で思っていて、その熱量がすごいなと感じています。そこについていくのは勿論、違った観点でその熱量をより高めていくためには、向上心が高いことが必要かなと。

宮:確かに。更に向上させていく観点が素晴らしい!1番ということは別にもあるということ?

里:真面目過ぎたので、ちょっと見方を変えるとボケの雰囲気に順応することも大事かと!先ほど宮崎さんが言われていたガヤガヤ感に通ずるのですが、代表の青柳さんを筆頭に笑いのセンスが高い人が多いので、日々ボケが飛び交いあっているので、捌く技術が高い方は向いていますね。

(引っ越しの日に自腹で作業着を当日購入し、業者感全開で突然みんなの前に現れたCSマネジャー)

(それを入社2日目に着せらてるまさやん)

宮:真面目調だけど、中身がひどい!笑 会社のカルチャーに一抹の不安を感じます

最後に

見た目に加え、存在自体に異常なほど落ち着きがありながら、中身は熱々で真剣に会社の未来を考えてくれている宮里さん。電話対応の落ち着きボイスは既に会社メンバーをメロメロにしてくれています。今までよりもさらに高い成長が求められる今期において、必ず無くてはならない存在になってくれることでしょう!超絶期待!!

とにもかくにも仲間を募集中!

ということで引き続き募集強化中です!!明るく元気にワイワイした会社ではありますが、向かい合うのは大きな社会課題である「介護」。今いるメンバーでだけで到達できない大きな高みに行くために、絶賛仲間を募集しています!!興味が持ちづらい領域でもありますが、会社の半分は業界未経験者ですので、少しでもいいなと思ってくれたら是非エントリーお願いします!

ドクターメイト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう