1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新入社員インタビュー 【営業/中途】川村勇太さん

ドクターメイト広報担当(他色々担当中)の宮崎です!今日は9月1日に入社してくれた、川村君にインタビューを行いました。元々知人だった2人がどういった経緯で再開を果たしたのか?なぜドクターメイトに入社を決めてくれたのか?をインタビュー形式でお届けします。(似たような服装で非常に恥ずかしいのはご愛嬌笑)

川村勇太→川 インタビュアー宮崎→宮

元々の付き合い

宮:7年前位に一緒の職場(株式会社リクルートキャリア)で仕事をしていたけど、同じ業務をやることは無かった(2人とも営業、川村君は大手法人顧客担当、宮崎は中小法人顧客担当)2人でしたと。同い年だけに遠目にお互い意識しあっていたと記憶しています笑

川:共通の知人を介して当時紹介を受けたのは今でも覚えてる。なんかギラついたやつだなと笑 でもなんか話が合って、よくわからないメンバーでも旅行に行ったりとか。そう考えると不思議な付き合いだね。

会社を知ったきっかけ

宮:会社を知ったきっかけを知りたいんだけど、俺経由で知ってもらったのであってる?

川:そうだね!定期的に連絡とってるときに今何してるの?ってそれが最初に知ったきっかけだけど、
  そこから、どんな会社なのか調べて、すごく面白いことやってるなーって。

宮:ふむふむ。面白いと感じた部分を掘り下げて聞いていこうかな。


入社理由

宮:調べてくれた中で興味を持ってもらえてたということなんだけど、結局の入社理由はなんなの?

川:もともと就職に関わる仕事を新卒から続けてきて、就職関連以外の仕事に興味を持ち始めたタイミングに話を聞く機会をもらえて改めて、ドクターメイトが目指す世界観って面白いなと、それが一番かな。
もともと、障がい者支援施設でも仕事をしていたことがあったり広い意味での福祉には携わっていたことも入社の理由です。

宮:なるほど。異業界への興味×近しい領域に携わったことがあることが決め手だったのかな?個人的にはドクターメイトが目指す世界観ってところを掘り下げたいんだけど聞いてもいい?

川:ビジョンの「人生を右肩上がりにする」には共感したし、代表の青柳さんも国内だけじゃなく世界にサービスを広げていきたいと熱く語っていたところだね。高齢化先進国の日本で介護の持続可能なモデルを作り上げられれば、世界に横展開できるというのはすごく納得感を持てたしワクワクしたよ。

宮:おぉ、なんかいい話笑 但し理想と現実があるということで・・笑 次は入社してからを聞きます!

入社してみて

宮:入社前に会社の状況とかは話していたけど、入社してから驚いたことってあった?

川:一番驚いたのは、現役の医者だったり弁護士がいる会社だから固い雰囲気をイメージしていたんだけど、みんな話しやすいし、コミュニケーションが活発に行われるところかな。普段はリモートで仕事してるけど、自分が慣れるまでみんな出社してくれたりコミュニケーションを大切にしてるなって印象。

宮:確かに俺も面食らった!専門家が多いだけに、それぞれの領域における共通言語があるから、しっかりすり合わせていかないといけないと思っていて。そう感じてくれたのはうれしいです。

川:あとは予想通りというか、みんなすごくアクティブで仲良し笑 休みの日にみんなで出かけたり、何か会社でお祝い事があると全力で楽しんでいる感じはすごいよね!俺らが一緒に働いていた会社に近いカルチャーがある気がする。

宮:そうだね。いい面は確かにそうだけど同質化している気も笑 強制は絶対にないし、個を大事にしていくことも今後のテーマ!

ドクターメイトの良いと思うところ

宮:入社してみてと重複するところかもしれないけど、ドクターメイトのいいところってどこだと思う?

川:コミュニケーションとりやすいとか雰囲気がいいとかもあるけど、みんな会社に入るまでの背景が違うのに、拒絶することなく、しっかり認め合ってるところかな。会議の場でも活発に意見交換が起きるし、部署が違っても相談しやすい組織なのはいいところだと思う。

宮:やっぱりそこなんだね。カルチャーを大事にしている身として嬉しい限り。事業面でいうとどうかな?

川:介護×医療×SaaSモデルという一見ドメスティックかなと思いきや、実は潜在需要が大きいマーケットだというのは事業の伸びを見て実感している。何よりサービスを利用してもらうことで、入所者・介護施設・連携病院すべてにWinを提供できるのが仕事のやりがいだし、社会課題の解決に携われている実感もある。

宮:いいこというねー!笑



ドクターメイトの伸びしろ

宮:いままで良いことしか聞けてないので、今後のドクターメイトの伸びしろについて、勇太の経験から客観的に思うことあれば忌憚なく教えてほしい!

川:事業面でいえば、マーケティング・営業・CSの連携がより一層必要だよね。契約を増やすだけでなく継続利用をしてもらうためには、一連の流れを淀みなくつなげていく必要があると思っていて、今はそれぞれの事業部が立ち上がったばかりだからこれからだよねと。

川:組織面でいうと、人も増えてきた中で制度やカルチャー浸透などの人事施策系は重要だと思っている。そのあたりは過去の経験もあるから、携われる部分があれば主体的に関わっていきたいと考えてるよ!

宮:鋭い!笑 一緒に作っていこう。

これからやっていきたいこと/個人

宮:勇太自身はこれからどうなっていきたいとかある?

川:仕事に関してはドクターメイトのことを多くの人に知ってもらえるように発信をしていきたいし、採用周りのところにもっと入り込みたいとは思っている。プライベートだと、自分のサッカーチーム持つことはずっと思い描いていることだからその為の行動を随時行っていく感じかな。

宮:組織面の伸びしろのところだよね。頼みたい!(パンク気味なので・・)

こんな人に来てもらいたい

宮:引き続き絶賛メンバー募集なんだけど、勇太としてどんな人があっていると思う?

川:職種抜きにして言えば、まずは事業ドメインである介護(医療)に興味関心を持てるかどうかは大事だよね。ドクターメイトがそこから外れる事業をすることは無いと思っているし。後はまだ10名弱の組織だし、スキルも大事なんだけど、今のフェーズをいい意味で楽しめる(スピード感とか無茶振り感とか)マインドセットができた人だと割とすぐになじめると思う!年齢も下は26歳、上は55歳と幅広いからあまり関係ないよね。

宮:またまた的確な意見!笑



最後に

元々知り合いという特殊な間柄ではありますが、ドクターメイトの事業に共感し入社を決めてくれた川村さん。営業経験に加えHR領域の活躍に今後期待が高まるばかり!

続々とメンバーも集まってきているので、定期的にインタビュー記事上げていきます!(できるかな・・)

とにもかくにも仲間を募集中!

ということで引き続き募集強化中です!!明るく元気にワイワイした会社ではありますが、向かい合うのは大きな社会課題である「介護」。今いるメンバーでだけで到達できない大きな高みに行くために、絶賛仲間を募集しています!!興味が持ちづらい領域でもありますが、会社の半分は業界未経験者ですので、少しでもいいなと思ってくれたら是非エントリーお願いします!

ドクターメイト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう