1
/
5

コレカが成功する理由

【社長の「やりたい」を実現できるチーム体制】

コレカには、ユーザーのニーズに合致する製品開発を実現できるチームがあります。

その筆頭が、自ら開発した4つのアプリをリリースした後に事業売却を行った成功体験を有するフルスタックエンジニアである比留間大地です。比留間は、エンジニアとして高い能力を有するだけでなく、ビジネスマン・デザイナーとしても高いスペックを誇ります。具体的には、事業概要を細部まで理解した上、要件定義を自ら立案し、かかる要件定義をもとにワイヤーフレームを作成すると同時に、即座にデザインも考案することができます。そのため、一緒に働いて大変刺激的であり、かつ、成果物を確認することを日々待ち遠しく感じます。

他にも、15年以上のキャリアを通じて上場企業を含む多くの企業から多様な案件を手掛けてきたベテランエンジニア、インドのIT都市バンガロールでの実務経験を有しベンチャー支援及び企業法務全般に強みを有する国際弁護士、家庭教師のトライのマーケティング責任者等の多様なバックグラウンドを有する面白いメンバ―が集結しています。

【代表者井川の成功体験】

井川には、既に事業を成功させた実績及び豊富な事業運営についてのノウハウがあり、これはコレカの事業を成功させる上での大きな強みです。

井川は、株式会社イガワの代表取締役でもあり既に10年程度事業運営を継続しています。

株式会社イガワは2012年、井川が井川建設として創業、受注増加に対応するため2015年に法人化しました。その後、法人としての鳶・土工工事事業の建設業許可の取得、自社所有機材・トラック置き場の開設と増設、お客様の要望に応えトータルで業務を請け負うべく解体事業部の設立、更に、南関東での収集運搬業許可を取得し廃材自社運搬によるコスト削減を達成、また、建設業営業許可を取得し受注規模を拡大させてきました。2020年には、規模拡大に対応して事務所を現所在地に移しました。今年3月には名古屋市に営業所を開設し、東海地区での業容拡大を図る等、堅調に成長してきました。

上記の通り、解体工事、足場工事、及び内装工事を主幹事業とし、多重下請け構造が常態化している業界において、足場組みから躯体(建築物の構造体)及び内装解体まで、ワンストップで施行できることが強みです。

大きな取引の度に壁にぶち当たってきましたが、都度、工夫を凝らし乗り越えてきました。このような実績及びそのために用いたノウハウは、コレカの成功に大いに活かされるはずです。

【建設現場の課題に精通】

代表自身が、ユーザーのニーズに精通していることが、商品開発において強い競争優位性を生んでいます。

コレカ代表の井川は、自身も1級鳶技能士として建設現場の最前線で15年間業務を行っており、その中で、上場企業を含む50社以上の得意先及び数百社の協力会社と取引をさせていただいてきた実績があります。コレカでは、このような社長自身の生の体験を通じて得た問題意識や、直接の過去の取引先企業から実際にヒアリングした内容をもって顧客の潜在的なニーズを把握し、ユーザーのニーズを深く深く追求し、細部まで拘ってユーザーが少しでも使いやすい製品開発を進めています。

コレカ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう