1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

帰国子女、新卒で勤めた大手外資企業を3年で起業の道へ、27歳COO川上のグレフ創業ストーリー。

こんにちは。グレフ広報担当の早坂です。今回はグレフ創業者、COO川上のストーリーをご紹介いたします!CEO栗原のインタビューに引き続き、創業者である川上にグレフスタートの背景や、自身のビジョンをお話いただきました。

高校生から単身アメリカへ留学、大学を卒業し帰国、新卒で働いたIndeedを3年で離れ起業の道へ、挑戦を続けてきた川上のストーリーをぜひご一読ください。

ーまずは簡単な経歴を教えてください。

東京出身、現在27歳です。小中学校は私立の一貫校に通っていて、長年の付き合いのある友人達に囲まれて育ちましたが、同じような環境にずっと身を置くことに飽きを感じるようになり、刺激を求めていました。あるキッカケから、中学3年生の頃にアメリカのペンシルバニアで2ヶ月間の留学をしました。これは私の人生に始めて訪れたターニングポイントで、言語も文化も訳の分からない過酷な状態での寮生活、井の中の蛙だった私には刺激しかない素晴らしい経験でした。これをきっかけに高校もアメリカへ留学することを決意、猛勉強をし、ハワイ島にある高校へ進学をしました。ハワイ島では、観光客も公共交通機関も乏しいような自然豊かな環境は、当時の私にとっては新鮮で、勉強とスポーツだけに勤しんだまさに青春時代でした。当時出会った友人達とは今でも交流があり、生涯大切な仲間ができましたね。

大学はアメリカ本土に渡り、ワシントン州の大学へ進学しました。人脈を広げたかったので、現地学生のフラタニティという社交団体にも所属して、遊びにも勉強にも全力で取り組みました。そのコミュニティでの経験は、自分の団体内外での社交性や、自分の人間性を成長させてくれた非常に貴重な経験でした。


学生生活を海外で過ごしたのちに、日本で就職の道へ

そもそも、起業したい、という想いがかねてより強く、就職では起業家輩出企業として有名なリクルートの選考を受けようと考えていたところ、そのタイミングでリクルートがアメリカのIndeedを買収したと発表。長い間アメリカに住んでいた身として、アメリカ市場で当時業界最大手だったIndeedのことはもちろん知っていましたし、起業家を目指す人材にとって優良なリクルートと、アメリカHR業界最大手のIndeedとの組み合わせは自分にとって最適なのでは、と思いIndeedの選考を受けました。そして本当にタイミングよく当時Indeed Japanの新卒採用を受け入れ始めており、新卒1期生として入社することができました。

目標である起業を見据えて過ごしたIndeed時代

海外にいて、しばらく日本から離れていたので、日本の市場というものにも疎く、いわゆる"就活"みたいなものも経験できていませんでしたが、日本経済の人手不足が深刻な問題は表面的には理解した上でIndeedに入社しました。とは言え、実際に自分が営業として様々な企業様の採用支援を進めていくうちに、自分の目で今の日本社会が抱えるHR業界の課題を目の当たりにしていきました。企業が人材を採用するコストは高騰し続け、人手不足による有効求人倍率の上昇で求職者にとっては企業とのミスマッチも多い、という悪循環が生まれているな、と日々実感していました。ただ、そこで感じた課題が起業の上でのアイディアに変わりました。

起業家である父親からのアドバイスで、起業する上で最も大切なのは"仲間"だということを昔から聞かされいましたが、自分でも、共に起業という険しい道に挑んでくれるパートナー、仲間は何よりも重要な存在であると考えていました。Indeedで働きながらも、そういった仲間探しは譲れない点として意識していましたね。そんな中有難いことにたくさんの素晴らしい人たちに恵まれることができ、信頼できる仲間を見つけることができました。自分の中で就職したら3年で会社を辞めて起業する、と心に決めていたので、コロナ禍であろうが関係なく独立の道へ進むことを決意し、Indeedを退社、栗原と共にグレフを立ち上げました。

ー20代で起業、COOに、難しいと感じることは何ですか。

私自身まだまだ成長が必要であると感じているので、簡単なことはひとつもありません。新たなサービスで新たな市場を切り開いていくことは、1番のやりがいであり、同時に最も難しいところです。既存の仕組みをDX(デジタルトランスフォーメーション)で変えていく、これまでインターネットとの関わりが薄かった業種のお客様が多い中で、突破口を見つけることは、当たり前ではありますが一番苦戦しますね。そんな中でも、携わったお客様やご利用していただいているワーカー様がグレフの『ビジョンに共感』『使いやすい』『旧来の仕組みと比べて便利になった』などのお声をいただける際は、プロダクトを創って良かったと心の底から思います。
これからもご利用いただく皆様にとって最も安心して最も使いやすいプロダクトを目指し、
皆様のご意見を頂戴しながら更なる改善を加えてより良いプロダクトに成長させていきたいですね。

コロナ禍で会社を始める難しさ

私たちは、コロナ禍の真っ只中で起業を検討・創業いたしました。
コロナの影響で、労働集約型のビジネスモデルへの打撃が大きかったので、一時的な採用市場の縮小があったことは間違いなく我々のプロダクトには影響されるだろうと予測していました。
しかし、そんな状況を、絶好のチャンスだと考えていましたし、実際にHR市場の構造が大きく変わったと実感しています。特需もありましたが、我々の業界はこれから伸びる業界でもあり、新しい働き方を世の中に生み出すことができると考えるとワクワクしますね。


ー川上さんから見て、パートナーである栗原さんはどんな存在ですか。

持っている芯とか、軸が一緒なので、自分の原点みたいな存在ですね。
自分が日々業務、営業活動に追われてしまうと見失ってしまいがちなところや、点で見てしまい視野が狭くなってしまうような時に原点回帰させてくれるような存在です。一人でマクロ視点をキープするのはなかなか難しいですが、二人でお互いに大切な点をリマインドし合ったり、壁打ちし合ったりして、道に迷った時に一緒に同じところに戻れるような、そんな存在です。会社を立ち上げる上で、一緒にやる仲間が何よりも大事だと考えていたので、同じ方向を向いて、同じ目標を持っている栗原はフィットしていました。
実は、前職で一緒に働いていた時に、地元で起業しようとしていた栗原を私が口説き落として、一緒に創業することになったんですよね(笑)

ー起業された上での信念、大切にされていることってなんですか。

一番は利用者であるワーカー様の目線を忘れないことですね。
企業理念である、『Make good use of life.』は『人々の人生をより有意義なものへ』という意味が込められています。プロダクトはワーカー様のためにあるものですし、ユーザーファーストであり続けることを追求したプロダクトを作っていきたいと思っています。
また、このビジョンを追求することで、必ず頭ひとつ突き抜けるサービスになる、と信じています。

あとは、今の世の中の仕組みや現状について、常に疑問を持つように意識はしています。
これはメンバーにも日頃から意識してもらっているところです。何事にも疑問符を投げかけられるような考え方、捉え方を持って日々お客様、ワーカー様と関わって欲しいと考えています。
固定概念が強いと課題解決の際に、障壁となってしまうことが多いと思っているので。
実際に日々意識することでプロダクトの課題解決や企業様の課題解決に繋げています。

ー川上さんの個人の今後の展望を教えてください。

まずはグレフを通して、世の中の"採用の仕方"と"働き方"の両軸を変えていきたいです。
現在はスキマバイト領域のサービスを展開していますが、それだけで留まるつもりはありません。
"採用の仕方"と"働き方"を変えていく上で必要なサービスはどんどん展開していきます。

いくつになっても志は高く、ビジョンに対して熱意を持ってキャリアを歩んでいきたいです。
会社を経営する上でも、芯をブラさずに、自分の理念やパッションを信じて進んでいきたいです。

広報担当より

個人的に、私自身ひろきさんとは前職のIndeedで出会い、私がグレフにジョインさせていただくきっかけになったのもひろきさんでした。前職から、周りの人間に親しまれる才能があるひろきさん。"仲間"を大切にする、というモットーをご自身の軸にされていることは普段から伝わっていました。現在は組織のトップ、営業のトップとして日々身を粉にしてグレフのために勤しんでいる姿は、メンバー全員の刺激になっていますし、そんなひろきさんの背中だからこそ付いて行こうと同じ方向を向いていられるのだろうと感じました。ひろきさんだからこそ生み出すことができたグレフ、今後も熱意とビジョンを胸に、グレフをどんな会社にしていってくれるのか、期待が膨らむようなインタビューでした!

CEO栗原のグレフ創業ストーリーも過去の記事で紹介させていただいております。そちらもぜひチェックしてみてください!


グレフ募集中求人

グレフでは現在エンジニア/営業の求人を募集しております!グレフを共により良くしていってくれる仲間を積極採用中ですので、詳細に関してなどお気軽にお問い合わせください。

グレフとは

時間単位で働ける、採用マッチングサービスです!

HP:https://greff.co.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/greff_k.k/?hl=ja

Facebook:https://www.facebook.com/greffofficial

【会社概要】

名称:株式会社グレフ
CEO:栗原徹
設立:2020年5月15日
所在地:東京都新宿区西新宿1-17-1 日本生命新宿西口ビル10F
資本金:2,200万円
事業内容:オンデマンドスタッフィングサービス
企業HP:greff.co.jp

株式会社グレフでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう