1
/
5

【社員インタビュー Vol.5】ライター経験を経たからこそ見えてくるチームワークの大切さ

Photo by Bram Naus on Unsplash

みなさん、こんにちは! 株式会社Wedia 人事部の乾です。

今回はマネージャーの増田さんにWediaについてお話を伺いました。

Vol.1~4ではメンバーレベルの方にインタビューをさせて頂きましたが、今回はマネージャーレベルの方にお伺いしたいと思います!

もともと弊社サイトOTOKAKEのライターだった増田さんですが、ライターやリーダーの経験を経て見えてくるWediaについて色々お話を聞きたいと思います^^

特に今回はWediaにおけるユーザー課題の解決をメディアで成し遂げる為の重要な3つの要素『チームワーク』・『結果主義』・『真摯』を中心にお伺いさせて頂きます!

プロフィール

増田 紗弓

メディア事業部 コンサル事業部 マネージャー 2019年入社

・これまでの経歴を教えてください

最初はOTOKAKEのライターとしてWediaに参画しました。

ライター業務からディレクター・リーダーを経て現在はマネージャーとして働いています。

・現在の担当業務は何ですか?

メディア事業部の管理をしています。

具体的には、記事がきちんと納品されているか・目標達成の為にどうするかなどの事業部全体の管理を任されています。

またコンサル事業部に関しても、メディア事業部同様に納品された記事の納品確認などの他に、クライアント様とやりとりをおこなっています。

・メンバーからマネージャーになる過程で意識していたことは何ですか?

メンバーの時に1番意識していたことは、与えられた業務の締め切りを守り作業をきっちりこなすということです。

ディレクター業務を任せてもらうようになってからは自分の色を出すことを意識していました。

例えば担当編集の業務などは、ある程度のテンプレがあったとしても自分のオリジナリティを出してみたり、各ライターさんのモチベーションを上げられるようなお声がけなどを取り入れることによって信頼関係を築くことを意識していました。

また、信頼関係を築くため可能な限りではありますがレスポンスの速さも意識していました。

・Wediaとはどんな会社でしょうか?

一言で表すと、すごく勢いやスピード感がある会社だなと感じます。

今のご時世テレワークは主流になっていますが、もっと前からWediaはテレワークの方が多く在籍していて。ほかにも時代の流れやチャンスがある部分を素早く察知し攻めている印象があるので、スピード感がある会社だなと思います。

スピード感があるからこそメディア事業に関しても数ヶ月で目標を達成できているという実績があるので、自信を持ってスピード感がある会社だと断言できます。

・Wediaにおけるチームワークとは何だと思いますか?

日々のディレクターやライターさんとのやりとりがとても密だなという印象があって、しっかり1人1人向き合っているので、目標に対してあと少しの時にディレクターが助けを求めると、手を貸してくれるライターさんが多いんですね。

例えばライターさんに対して、「こちらの記事お願いします。」「記事納品します。」「ありがとうございます。」のやりとりだけではなく、今の記事納品の進捗状況だったり目標値に達成したことへの感謝などを伝えることによって、ライターさんと一緒にサイトを作っている意識を持ってもらえると感じていて。これによって一体感も生まれるし、モチベーションの向上にも繋がっていると思っています。

それは常にコミュニケーションが取れていて信頼関係が築けているからだと思うので、そういうところがチームワークなのかなと感じています。

・Wediaにおける結果主義とは何だと思いますか?

結果を出した人や結果を出す為に努力したことを、きちんと認めてもらえている環境だなと思っています。

リーダーやマネージャーなども年齢や性別関係なく成果を出した人が評価されている部分が結果主義を表しているなと感じています。

目標に対してやり切ったことをしっかり褒めて認めてくれていて、途中で何か指示されるのではなくどう行動するかも見守ってくれているので、自分で考える力だったり修正する能力も身につけることができ、責任を持って仕事ができると感じています。

・Wediaにおける真摯とは何だと思いますか?

私はリーダーの方とコミュニケーションを取る機会が多いんですが、各リーダーに指示を出すときも真摯な姿勢がないと伝わらないと思っていて。リーダー自身もその姿勢がないと部下に伝わらないので、日々意識もしているし感じている部分ではあります。

それは、目標値に対してマイナスが出てしまったときも同じで、次どうするべきなのかをそれぞれが具体的に提示してくれるので、そういうところも働いている全員が真摯に受け止めて取り組んでいるからだと思っています。

・最後に一言お願いします

Wediaは、頑張って結果を出せばそれを評価してくれる会社です。

というと冷たく聞こえてしまうかもしれませんが、お互いに支え合って目標に向かっていく、チームワークの強さを持った会社でもあります。

そのチームの一員として、一緒に頑張ってくれる仲間をお待ちしています!

株式会社Wediaでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング