This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【MVPインタビューVol.3】どんな困難でも「諦めたら終わりやな」と思えた理由

ワンスターでは、半期に一度行われる総会で、経営戦略に対して最も結果を出したメンバーをMVPとして表彰するという文化があります。

今回は12期上半期MVPを受賞された丁田(まちだ)さんにフォーカスしてみました!

MVPを受賞された方といわれると、真面目でクールな人なのかな・・・という勝手な想像をしながら、インタビューへ行ってきました!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

改めまして、MVP受賞おめでとうございますー!!!

あ、ありがとうございます!!(笑)

MVPを受賞されたとき、まずどんな気持ちでしたか?

嬉しかったっていう気持ちもあるんですけど、一番は身が引き締まるというか、ワンスターを代表する、ワンスターを引っ張っていく、そんな人材にならないといけないな、とすごく思いました。この賞に見合う人材になろうと!
歴代の人たちがそうそうたるメンバーなので、そこに肩を並べられるように、もっと頑張らなくてはと改めて思いましたね。

(めっちゃ意識高い・・・!)

マーケティングソリューション局ってどんなことをされている部署ですか?

いわゆる営業と呼ばれるような仕事ですね。
健康食品のメーカー様を主に担当していて、主に案件の統括やメンバーのマネジメントをしています!

案件の統括って言葉、かっこいいですね。
学生の私の口からは絶対出てこないです(笑)

ご自身で考える、受賞の理由は何だと思いますか?

担当していたクライアント様の予算のシェアの中で、ワンスターはあまり予算をもっていない状態で、競合会社がかなりシェアを持っていたんだけど、ワンスターがメイン代理店にのし上がった、というのが一番だと思います。
チームメンバーのマネジメントも同時並行で行っていて、チームで結果を出せたことが評価ポイントだと思います!!

のし上がった!ってすごいですね!!

あとは、”諦めなかった”というのが大きいと思ってます。
実は半年前くらい、すごくしんどい時期があって。
基本的にワンスターのことすごく好きなので、辞めたいとか一切思ったことないんですけど、その時は唯一しんどいな、と思ったんですよね。

ええ、そうなんですか!?意外です。

そうなんですよ。担当していた中で一番大きいクライアントさんが一身上の都合での広告の停止が決まってしまったり、今まで使えていた広告表現が使えなくなったり・・・といろんなことが重なってしまって。
その時チームリーダーとしてやっていたんだけど、チームの雰囲気も良くなくて、メンバーからの信頼もない状況で・・・。
営業の仕事は数字で評価されるけれど、その成果も出せないし。
ワンスターでの自分の存在価値って何だろうって、すごく考えたんですよね。

その逆境を乗り越えることが出来たことが、MVPの受賞に繋がったんじゃないかなと思います。

丁田さんにそんな時期があったなんて、びっくりしました。
どうやってそのつらい時期を乗り越えられたんですか??

個人的に、明確なビジョンを持っているんです。
人の記憶に残る人間になりたいっていう思いをずっと持っていて。

今までお世話になった親や先生、友達に恩返しをしたいって思っていたんだけど、
その具体化が出来ていなかったんですよね。
それで、そのつらい経験をした時に自分のビジョンを見直して。
そして、人に勇気を与えられる人になりたいな!って思ったんですよ。
僕ずっと野球やっていたので、野球選手とかが苦しい経験を乗り越えて結果を出している人の生きざまを見て勇気をもらっていたなと思って、そんな人に少しでも近づけるようになりたいなと。

「諦めたら、終わりやな」って思って、その時期を乗り切りましたね!

・・・・・すごいです。

いやいやそんなことないですよ(笑)

僕自身、スポットライトに当たるようなことがなくて。
自分はしっかりとビジョンを持っていたり、そういう気持ちの部分でしか勝てるところ、というか魅力がないと思っているから。
それにワンスターが好きだから!
ワンスターが成長していく為にも、自分が気持ちで負けないように!と思ってやってます。

人生でそんな風に何かを考えたことなかったので、丁田さんの言葉に圧倒されました。刺さりました!!

いやいや、そんな(笑)
でも、こんな風に振り返る機会とかないから、なんか新鮮でいいですね。
いろいろ思い出します。(笑)

私は、学生だとこんな話を聞けないし、社会人の方がどう考えて仕事されているのかを知る機会が中々ないので、改めてすごく良い機会をいただいてるなと思います・・・

最年少部長とお聞きしたんですが、プレッシャーはありましたか?

最初はあるかなと思っていたんだけど、結果出すだけだなって思っているから、そんなになかったかな!
勇気を与えられる人になるっていう軸で考えているので、最年少で部長になった、とか、こんな成果をあげられた、とか、自分の部下にとっての勇気になれば、と思います!

(軸がブレない!!!)
チームで働くってやっぱりいいですか?

うん、何より楽しいですね。喜びをを分かち合えたり、メンバーが結果出した時は嬉しいし。

その分、結果が出ないと雰囲気が暗くなってしまうこともあるけど、やっぱりメンバーにはいい雰囲気で働いてほしいと思うから、余計に結果を出すぞ!という気持ちでやってますね。

いい方向に行くのも、悪い方向に行くのも、自分次第だと思ってます。

5年後、丁田さんと同い年になった時、私も自分だけじゃなく仲間や誰かの為に影響を与えられるようになりたいです!

学生の時はどんな学生だったんですか?

もう、本当その辺にいる大学生でしたよ(笑)

そんなことないですきっと(笑)
就活はどう進められてたんですか?

僕当時ちょっと尖っていたんで(笑)
ちゃんと僕自身と話をしてくれる企業がいいなと思って探してたんですよ。
ベンチャー中心で見てたんですけど、でもなんかしっくりこないな、って思ってたら、
東京就活キャンプっていうシェアハウスしながら東京で就活するっていう広告を見つけて、8月にもらっていた内定を断って東京に行ったんですよ(笑)
そこでワンスターに出会いました!!

えーーーー!8月にその決断は中々できないですよ!

いや、やらなくていいと思います、本当。(笑)
でもリスクを負わないと、求めているものは手に入らないと思うので。

再び刺さりました!!!(笑)
私も頑張ります。

最後に、仕事で大切にしていることってなんですか?

一言でいうと、挑戦。
一つ決めていることがあって、難しいことと簡単なことがあったら絶対難しいことを選ぶようにしてます。
「難しい道を進むことが成功への近道」っていう座右の銘があって、それを大切にしていますね。

3度目、刺さりましたーー!
その思いがあるから、リスクを負ってでも挑戦できるんですね!!!

そうですね。これからもワンスターの人たちをもっと幸せにしていきたいし、自分の影響範囲を広げながら、ワンスターの影響範囲も広げていきたいなって思ってます。

最後に、私を含めた就活生になにかひとことお願いします!

周りがどうとかではなくて、自分が正しいと思った道に進んでほしいと思いますね。
答えは自分の中にしかないので!!!
人の評価ではなく、自分が満足できる、納得できる道に進んでほしいですね!

なんだろう、言葉にならないくらい、心が動かされた気がします。
貴重なお話を、ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

終始圧倒されるばかりでした。。
自分との差を感じすぎて、途中でつい年齢をお聞きしてしまいました(笑)
何より、すごく謙虚でいらっしゃったのが印象的です。

また大阪出身ということで、関西人ならではのノリの良さで、私のくだらないお話も快く聞いてくださいました!!(笑)
野球少年だった丁田さん。阪神ファンとのことで、巨人ファンの私とは一瞬バトルになりそうでしたが(笑)、野球好きとして楽しいお話もさせていただきました!

6月も過ぎ、21卒の私たちの就職活動も着々と始まっている中で、もっと頑張らなくてはと思わせて頂けた、贅沢な時間でした!!

株式会社ワンスターでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
85535db7 a961 4ca3 9149 8ffd2bcce49d?1553693458
Picture?height=40&width=40
9 いいね!
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
85535db7 a961 4ca3 9149 8ffd2bcce49d?1553693458
Picture?height=40&width=40
9 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう

Page top icon