This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大きな裁量の裏にある責任に気づき苦しんだ新卒1年目

大阪に生まれる。中学まではこれといって頑張った事は無いが生まれつき運動神経が良かったので、とにかくモテた?らしい。高校3年生の夏から受験勉強に励むが第一志望の大学に不合格。
しかし受験勉強を通して全力で取り組む事の楽しさを知り、大学では100人を纏めるよさこいサークルの副部長に。そして2018年、ワンスターに新卒入社後1年が経過した彼の心の内を探っていこう。

Q:とにかくモテたって羨ましいですね!

坂倉さん:そんなことないよ!!!中学までは足が速かったら誰でもモテるからね・・・(笑)

高校は一途に思える人ができたけど上手くいかなかったり。。恋愛は難しいよね。。

Q:恋愛って奥深いですね・・・高3夏の受験勉強が1つ人生でアクセルを踏んだ場所と仰っていましたよね?

坂倉さん:そうそう!高3夏になるまでは全く勉強してこなくて、学校の先生にも「行く大学は無い」とまで言われたんだよ。でも絶対合格してやる!と思って、偏差値が20も高い大学を第一志望に決めて、本気で勉強したな。結果的に第一志望には落ちたけど、本気で勉強したからこそやりきった達成感があった!今思えばあれが人生で初めて何かに全力で取り組んだ経験かな!

Q:大学はよさこいサークルに所属していたと聞いたんですけど、なぜ入られたんですか?

坂倉さん:受験勉強を全力で取り組んだ経験から、大学でも大学でしかできない事に全力で取り組みたいと思っていた。そういった思いの中で、熱く踊っているよさこいサークルを見つけて自分の学生生活はここに捧げようと感じたんよ!

Q:最終的には100人規模のサークルで副部長をされていたんですよね!副部長になられたキッカケは何ですか?

坂倉さん:副部長になったのは先輩の代替わりのタイミングで組織図が変わりサークルが荒れ始めた事がキッカケだったんだ。その時自分はパートリーダーというポジションにいたんだけど、チームメンバーが疲弊している様子を見て、この組織体制じゃダメだと感じ、同じ想いを持った同級生とサークル幹部になる事を決めた!!

Q:荒れた組織を引き継ぐのって凄く大変そうです・・・

坂倉さん:大変だったね・・・組織を1から立て直す事を決め、まずはサークルのコンセプト決めから始めたかな。そして自分達はどこを目指しているのか、どうなりたいのかという事を徹底的に考え、定量的に定性的に目標を定め達成できるような戦略を引いたね!戦略が立てば、がむしゃらにやるだけだね!

Q:すごい・・・同じ大学生だったとは思えないです。結果的にどうなったんですか?

坂倉さん:大成功やったよ!!サークルとしては大会で110チーム中ベスト8の過去最高成績を出す事ができた!!!だから今でもサークルの後輩から相談の電話が来たりするよ!

Q:過去最高って凄いですね!それに引退後も相談が来るって坂倉さんの人柄が表れてますね。サークル引退後はどんな軸で就活をされていたんですか?

坂倉さん:将来は起業やベンチャーで働くことを視野に入れながら、「ますは大手企業のオペレーションを見たい」という点と「人の幸せを作りたい」という点から大手のブライダル業界をみていた。でも就活が終盤に差し掛かった頃、大企業のオペレーションを見て学ぶより個人の能力を上げる事の方が大事なんじゃないか?ブライダル業界以外でも「人の幸せを作りたい」を叶える事が出来るのではないか?と考えるよになったんだよね。そうして若手から裁量を持って働けるベンチャー企業を中心に、1から就活をやり直してワンスターと出会い入社を決めた!

Q:実際ワンスターというベンチャー企業に入社して裁量という面ではどう感じましたか?

坂倉さん:新卒入社して1年経たない僕が数千万円規模の大きな数字を任されたりと裁量の大きさを感じているよ。でも入社するまでは裁量という言葉の裏にある責任に気づけていなかったんだよね。裁量が大きいという事はその分プレッシャーも大きくて・・・入社して4ヵ月は数字も作れないわミスは続くわで何が何だか分からなかった。上司に叱られても何に対して叱られているかすら理解できない、追いつけていない状態だった。

Q:え、今の坂倉さんを見てたらそんな風には見えないです・・・どうやって乗り越えられたんですか?

坂倉さん:乗り越えてるか分からないけど、今は徐々に仕事のペースがつかめてきたかな。1番大きな変化は自分の担当させて頂いてる商品に向き合えていない事に気づいた時。そこから担当している商材は消費者にどういう価値を提供しているのかを深く考え向き合い伴走する姿勢に変えてから仕事が上手く回りはじめたね!

Q:とても勉強になります!インタビューでこういう事が聞けて幸せです!!最後に2年目の抱負を教えて下さい!

坂倉さん:ワンスターには3年後のビジョンがあるんだよね。その中で僕の働いているコスメ部でも目標数字があって、それを達成する為には目の前の数字を作るのは勿論の事、自分がマネジメント層になる事でより大きな数字を作れるようにならないといけない。そうなれるように2年目は突っ走っていくよ!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ありがとうございました!
インタビュー質問に対して常に聞きたい事の一歩先を考え対応してくれた坂倉さん。
流石営業だな~と思わされました!
また、営業の心得などタメになるお話しを聞くことができ坂倉さんに負けないように頑張ろうと思えました!

ワンスターでは、働く仲間を募集しています!
興味をお持ちいただけましたらまずは気軽にお話しましょう!
あなたとお会いすることをワンスター一同、とても楽しみにしています。

株式会社ワンスターでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
85535db7 a961 4ca3 9149 8ffd2bcce49d?1553693458
993869 916560875091666 2207427432993363596 n
3 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
85535db7 a961 4ca3 9149 8ffd2bcce49d?1553693458
993869 916560875091666 2207427432993363596 n
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう

Page top icon