1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

株式会社FUNmacyは、調剤薬局の運営を主軸事業とする医療ベンチャーです。 事業分野は大きく分けて5つあります。「薬局」、「施設・在宅」、「介護」、「講演」、そして「コンサルティング」です。 薬局事業は、「オアゾ薬局」のブランドで調剤薬局を展開しています。現在、東京都台東区、浅草の地域に1店舗、2022年末までに関東で3~4店舗の展開を計画しています。 施設・在宅事業は、薬局に来院することが難しい患者様に対して、私達が実際に訪問し、医療サービスを提供する事業です。医療福祉施設や老人ホームの運営会社様と、地域の縛りや業種の垣根を超えた協業実現させてきています。 介護事業は、「ケアプランオアゾ」のブランドで行う新規事業です。居宅介護支援事業所(自宅で介護が必要な方に対して、生活方法のプラニング、マネージメントをする)が2020年6月に開始されます。台東区、墨田区を対象として事業をスタートさせ、23区内、1都4県の関東圏への展開を計画しています。 講演事業は、医療業界の人材育成、能力強化という観点から行っております。実績として、PHC株式会社様、田辺三菱製薬株式会社様、サノフィ株式会社様、横須賀市医療福祉連携会様、その他にも様々な規模や題目で行っております。 そしてコンサルティング事業。薬局の経営者さんに対する経営アドバイスや、薬局内外で使われる機械やシステムのメーカーさんに対するアドバイス。薬局を自分で経営したいと思っている薬剤師さんの支援や、後継者を探してらっしゃる薬局さんへの後継者探しのお手伝いなど、幅広く知識・経験・知恵を伝授しています。

なぜやるのか

<ミッション> 「私たちが、なぜ企業活動をしているのか」という理由、つまり、企業の土台にあたる「理念」。私たちのそれは、「本質の追求」です。 当社は「表面上ではなく、本質的に、様々な物事や人との関係性において、本当に大切にすべき事が何かを追い求め、そしてそれを大切に」しています。医療サービスの提供を通して、地域社会への貢献と、全社員の幸せに寄与することを目的としています。 例えば、私たちが薬局を運営している理由は、「患者さんから処方箋をもらってお薬を渡すため」ではありません。本質的な理由は、私たちが提供する医療サービスを通じて、患者さんお一人お一人に、「この薬局、あの薬剤師さんにお世話になって良かった」と思っていただけるような社会の実現です。そしてこの部分が、私たちのビジョンにつながってまいります。 <ビジョン> 私たちの経営ビジョン、つまり、企業運営を通じて実現していきたいこと。それは、「本質に則した医療サービスの提供をつうじて、誰もが最期まで心から幸福だと想える人生を送れる社会の実現」です。 医療サービスやお薬が必要な時だけお客様と関わるのではなく、生涯を寄り添えるパートナーの様な存在になっていきたい。その為に、常に「本質の追求を続ける」。 私たちの企業理念とビジョンとは、密接に結びついており、相互関係になっています。

どうやっているのか

<価値観・行動指針> 理念という土台の上に企業を組織し、そしてビジョンという目標を実現する。その為に私たちは、働いていく中で4個の大事な価値観・行動指針を設定しています。判断や方向性に迷ったり、悩んだりしたときは、その状況を行動指針に照らし合わせ、最終的な行動や決断をします。 どんな時でも、すべての土台であり、源であると考えている「愛」。 常に期待を超える姿勢を「貢献」。 医療者としての「責任」 本質の追求をあきらめず、妥協しないという「不屈」 「愛」、「貢献」、「責任」、「不屈」の価値観。この4つを社員全員が持ち合わせ、そして共有しています。そしこれは私たちの行動、言動、そして思いへと反映されています。その結果、お客様、地域の皆様、医療のパートナー企業、多くの方々から共感や感謝を頂戴しています。 この「価値観」から連鎖する「行動」と「共感」が、私たちFUNmacyが持つ独自の雰囲気、そして特異な企業風土になっている理由です。