Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

アウトプットの可能性は無限大。”ソーシャルエンターテインメント”で企業課題を解決する【ALPHABOAT合同会社シニアマネージャーインタビュー】

「ソーシャルエンターテインメント」を掲げるALPHABOATシニアマネージャーの役割

ークリエイターを活用したブランドのソリューション提案をされているとお伺いしましたが、具体的にどのような仕事をされていますか?

一般的にソリューション提案というと、クライアントの課題に対しての答えとなり得る施策やアイデアを考えて、ご提案をするという流れになると思います。

ALPHABOATの場合は、ミュージシャンやYouTuber、Instagramを中心としたインフルエンサーなど、クリエイターがたくさん所属しており、そのネットワークを活用してクライアントの課題解決に結びつけていきます。

B to Cで企業が人に対して、ものやサービスを「こんなふうに世の中に対して知ってもらいたい」とか、「こんな人たちに実際に使ってもらいたい・買ってもらいたい」という想いを消費者に伝えるうえで、最適なストーリーやアプローチの方法を我々が設計してご提案をさせていただいてるイメージです。

しかしながら、ALPHABOATが掲げている「ソーシャルエンターテインメント」という領域はまだ一般社会の中で確立がされていない分野なので、どう相談していいか分からないというクライアントも中にはいらっしゃいます。

そのような場合は、会話をさせていただく中でALPHABOATだからこそできるアプローチ方法や伝えたいターゲットに対する届け方などをご提案させていただきます。


ー企画のご提案から制作のディレクションも神葉さんは関わられるんですか?

実際の制作は社内の制作のユニットがあるので、そことうまく連携しながら進めます。ただ時と場合によっては、自分がもちろんクリエイティブをディレクションする立場ではないことは理解はしてるものの、クライアントの課題解決のために踏み込んで最適であろう方向にクリエイティブを進めていくことはしています。

あとは、単純に映像やコンテンツを制作するだけではなく、我々の場合はクリエイターやインフルエンサーの方々と共同で制作する場合があります。彼らに対して「クライアントがこうだから、こうやってほしい」という押し付けにならないよう、リスペクトをしつつクリエイティブになるよう、バランスを取りながら制作していきます。


強みはクリエイターを起用した課題解決

ーどんな課題感を持ったクライアントが多いですか?

企業としてソーシャルの取り組みは、専任でスタッフを配置するほどリソースを割いてるところはまだ多くはないです。

今までは企業が何かサービスや商品を世の中に知ってもらいたいとき、テレビやラジオ・新聞などで広告し、購入してもらえるかどうかというのはその消費者次第というところはありました。しかし今はどちらかというと何かを知りたい・これに興味がある・買ってみたい・もっと知りたいなと思ったとき、消費者が自ら情報を取りに行く時代になってます。

そうなったときに企業のソーシャルメディアなどのオウンドメディアは、そこに対しての答えでもあると思っています。そういった面からきちんとした形で運用していったほうがいいのではないかなと考えています。

この点は皆さんご理解はいただけているんですが、やはりリソース面や予算面、あとはそもそもやってきていなかったのでどうやっていいかが分からない、という課題が比較的あったりするんです。なので、そういった課題に対するお手伝いを我々がさせていただいています。


ー神葉さんが特に印象に残っている案件はありますか?

ある企業様が持ってるYouTubeのアカウントがあって、それがなかなかうまく再生されなかったり、見てほしい人たちに見てもらえなかったりだとかっていう課題があって、ご相談いただいた案件があります。

我々としてご提案したのは、女子中高生に人気の男性アイドルを起用して、レギュラーの番組をその中で走らせる、というようなご提案をさせていただいた案件が印象深かったです。

その提案をした背景というのは、そもそも日々運用しているYouTubeに見に来てる人たちが、実は若い女性が中心であったということがリサーチから分かりました。ただ、ご相談いただいた企業様が自ら上げてるコンテンツは、ユーザー層からはやや外れたコンテンツが多かったんです。

なのでそこはきちんとそのアカウント見に来てくれているユーザー層を理解したうえで、ターゲットにあったコンテンツを置いてあげることによって、見てもらえることになりますよ、とご提案しました。ローンチ後、我々がプロデュースしたコンテンツがYouTube上で必ず上位に入ってくるようになり、結果が数字となって表れ視聴者からの反響をいただけたことが、やってて面白いなっと思いました。

ーALPHABOAT社だからこそできる強みってなんですか?

やはりミュージシャンとの連携でYouTubeというプラットフォームで出していくということをできるのは強みかなと思っています。

先ほどの案件で起用させていただいた男性アイドルも、ミュージックビデオみたいなものはYouTube上に上げていたものの、自分たちで何かチャンネルを持って番組をやってる方々ではありませんでした。クライアント企業の業界とアーティストという職業は親和性がありましたので、そこの相乗効果も生まれてくると思ってます。


ークリエイターの方々にとってもメリットがあるということでしょうか。

そうですね。そこの認識やバランス感は、非常に重要なポイントなのかなとは思ってます。

クリエーターの方々や関わる人がやってよかったと思っていただけるものを形にし、それを続けて成長させることが大きなメリットに繋がると思っています。クリエーターのファンが多くなればメディアとして確立しますし、そうなればより多くの企業やブランドとコラボレーションする機会も増えてくると思っています。


テレビの経験を活かして、さらなるチャレンジ

ー神葉さんは前職でどのようなことをされていたのですか?

ずっと外資のテレビ業界にいました。前職はFOXネットワークスで、FOXチャンネルやナショナルジオグラフィックチャンネル、FOXスポーツなどのチャンネルで広告営業やプランニングをやっていました。FOXネットワークスの前は外資系の音楽チャンネル、MTVで広告に携わっていました。


ー今までのご経験がALPHABOAT社で活かされている点はありますか?

ずっと広告の営業をやってきまして、クライアントに寄り添ったブランドや番組コンテンツを企業やブランドの課題解決に結びつけてました。そのアウトプットがTVでした。そこはまさしく今ALPHABOATがやってることと同じなので活かされている点ではあります。前職ではアウトプットがテレビに限定されていましたが、今はテレビに縛られない自由なプランニングでアウトプットができる点は面白いですね。

企業様の課題解決になるんだったら、どこに出してもいいっていう割と自由な立場になったので、過去のソリューション提案の部分のノウハウっていうのは引き続き出せますし、テレビに縛られないっていう自由度も得てさらに挑戦できるようになりました。


ーALPHABOAT社では同じようなバックグラウンドの方が多いですか?

テレビ業界出身のものも多いですが、それ以外のメンバーも多数います。

それぞれ皆さんバックグラウンドで得意分野があるので、自分の得意分野はフロントに立ってやる、というやり方をしています。まだ人数も少ないので全員が営業マンとしてやってます。

ゲーム詳しいスタッフはゲーム会社に提案するときにアイディアを出してもらい同行してもらったり、逆に不得意なところがあればの他のメンバーがサポートするなどしてます。

自分の得意分野っていうのをそれぞれ非常に理解をしています。ナレッジをシェアをしてもそれを吸収するまでには相当時間がかかるので、であれば得意な人を連れてきて、最短距離でビジネスが成立するように、みんなで頑張ろうっていうようなスタイルをとっています。


ー特にやりがいを感じるのはどんな時ですか?

まだ正解がない状態、答えがない状態なので、何でもチャレンジできるっていうのは非常にやりがいのある部分ですね。それでこそ、前職のテレビ業界ではアウトプットはテレビじゃなきゃいけないっていう決まりが大前提としてあるので、どうしてもそこに縛られてしまいます。

そこから踏み出せないっていうのは少しジレンマを感じていたので、それがなくなったのは、非常に楽しいです。その分考えることも増えましたけどね(笑)。

設立1年でビックビジネスに関わるチャンスが持てる

ー神葉さんの今後の目標はなんですか?

詳細はお話しできないのですが、今取り組んでいる大きなプロジェクトを成立させるのが今の目標ではあり、モチベーションにつながっています。これはやってみないとわからないっていう面白さもあるし、やり方など非常に頭抱える部分でもあるんですけど、ただ楽しみでもありますよね。


ーまだ設立して1年で、大型の案件に携われるいうのも、やはりALPHABOAT社ならではですね。

そうだと思います。この大型案件に関しても、もともと母体である住友商事が出資をした部分から発展をしていって、ALPHABOATがその窓口になっています。そういった大きなバックボーンがあって、こういうお話ができてるっていうのは非常に環境としては恵まれていますね。大きなことができるベンチャーという感じです。


ー今後新しいメンバーがさらに増えていくと思います。どのような方と一緒に働きたいですか?

ドラえもんみたいな人に来てほしいですね。困ったら何でも出してくれる人がいいです。


ードラえもんですか(笑)。

引き出しの多い人がいいですよね。それはアイデアの部分でもそうですし、知識でもそうです。これをやってる人にこの職業、職種が合うよっていうことは、ALPHABOATでは明確に言えないと思っています。やはりいろんなアイデアを持って、いろんな相談する人を知っていて、いろんな職を知ってる人が合うのかな、という意味でのドラえもんです。

もちろんチームでやっているので、全てにおいての知識がなくてもそこは周りがサポートします。ただ、みんなで何かこういうのってどう思う?とか、こんな人知ってる?とか、こんなこと困ってんだけど、みたいなことが聞けるような人でいろいろアイデア持ってる人だと、私たちも非常にありがたいですし、一緒に働きたいなと思います。


ー神葉さん、貴重なお話しをありがとうございました!

▼ALPHABOATの掲げる「ソーシャルエンターテインメント」とは?代表インタビューはこちら!

「ソーシャル・エンターテインメント」という新しい領域へのチャレンジ。住友商事からスピンオフしたイントレプレナー、ALPHABOAT代表の想い【代表インタビュー】 | AlphaBoat合同会社
ALPHABOAT合同会社社長 西谷大蔵 まずALPHABOATという企業のご説明をさせて頂く前にSCデジタルメディアのご説明をさせて頂ければと思います。 SCデジタルメディアは住友商事株式会社100%の小会社で、もともと住友商事のメディア事業、コンテンツ事業をやっていたチームで成り立っています。もともとの所属はメディア・エンターテインメント事業部で、この中からスピンオフして出来た会社です。
https://www.wantedly.com/companies/company_1498405/post_articles/185324
AlphaBoat合同会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる