1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「誰でも可能性は無限大!自分の原点を未来に繋げ!」ー新卒特集Vol.4ー

「新卒1期生特集」の“第4回目”を橋井大翔(はしいたいしょう)がお送りします!

【経歴】創価大学教育学部児童教育学科。小学校から野球を続けていたが、大学では和太鼓を行う。教職課程で小学校教諭を目指すが、学校インターンを行っていく中で教師ではなく、他の形で子供たちと関わりたいと考える。2020年エナジードに入社予定。現在は社会人和太鼓チームで活動中。趣味:アウトドア・スポーツ全般・ゲーム・映画鑑賞。

元々は小学校教員志望!  

僕は小学校から高校までスポーツ大好き、根っからの体育会系の子どもでした。そんな僕は教師ではなく、野球選手を目指していました。そんな僕が後に教員を目指すことになったのは、中学生の時のキャリアガイダンスで、何となく数ある職業の中から選んだ小学校教諭という仕事の話を聞いたことが、小さなきっかけだったのかも知れません。

大学の学部を考える際に、キャリアガイダンスで小学校の先生が

「仕事は正直とても大変です。だけど、たくさんの子どもたちが自分の目の前で成長していく姿を、こんなに間近で見られるのがすごく嬉しくそこに自分はやりがいを感じています。」

と笑顔で喋っていたことを思い出し、素敵な仕事だなと改めて感じ、その笑顔で楽しそうに語る姿が明確に教師を目指し始めるきっかけになりました。

自分の原点を考える〜学校インターン

そんなきっかけから大学では教師を目指して教育学部入学。

そして大学で始めた和太鼓は本気中の本気で、かなり、のめり込んで活動していました。高校の部活!?と思うぐらいの練習量はあったと思います(笑)和太鼓での多くの出会いや、その人たちとの活動を通して、教師という道を改めて考えさせられました。

多くの部員との出会いや対話などを通して様々な価値観があることを知ると同時に、人には様々な人生があり、色々な選択、多くの道があると感じた時に、自分の価値観や原点を見直すきっかけとなりました。

部員が自分で選んだ道を信じて、正解にするためにもがいている姿を見て、自分の選んだ道にもっと自信を持って進んで行って欲しいと考えるようになりました。そして、自分には教師という道でしかそれを伝えられないのか?と考えるように。

そう考える中で学校インターンシップに参加。そのインターンシップが自分は教師ではなく違う道を考えるきっかけになるものでした。

インターンシップに参加した学校に、「僕は勉強ができないから、何もできないんだ!全部嫌いだし、だから何もやらなーい。」という生徒がいました。

それを聞いた瞬間、「自分の可能性がどれだけ広がっていて、選んだ道を信じて進んでいく事をまだ知らないんだ。」「子どもの時から自分の可能性を自ら閉ざしてしまうのはもったいない。」と考えるように。

これからの人生を築いていく上での基盤となる子どもの時に、自分の可能性を自分で閉ざしてしまうのではなく、自分には可能性が無限大に秘められていて、選んだ道を信じる大切さに、もっと気づいて欲しいと思うようになりました。これを機に自分は教師という方法ではなく別の方法で子どもたちに何かきっかけを与えられるアプローチできるのではないかと考え始め就活を始めました。

就活には苦戦?軸の大切さ    

そんな中で就活を始めようと思ったものの、教育のことしか学んでこなかったため、就活ってどうやればいいの?エントリーシートって何?という感じからスタートしました。

まずは、塾を中心に企業などの面接を受けることに。面接では必ず「就活の軸は何ですか?」と聞かれましたね、、、。自分が考えていることを話すと「うちの企業とは合わないかもね。」とよく言われました。

続けていく中で、自分の軸にだんだんと自信がなくなっていく日々。それでも自分の軸とは?を考える中で、就活をしている原点、ここの軸は絶対にぶらしてはいけないと思い就活を続けていきました。

そして運良く、自分の軸と企業理念がマッチしている会社、エナジードに出会うことができました。就活をしていると辛くなり、給料が良ければどこでもいいのではないかと考える事もありました。しかし、自分が本当にしたいことは何だろう?辛くなったとき、なかなか就活がうまくいかないときにみなさんも考えると思います。そんな時、自分の原点に立ち返る時が必ずきます!!だからこそ、自分の原点を大切にして欲しいと感じています。

なぜエナジードに入社を決めた?  

1番はエナジードの「自分の選んだ道を正解にする力を身につける次世代型キャリア教育」、「自分の可能性を理解し能動的に生きる力を手に入れるため」という部分が、自分が今の学生に感じてほしい感覚にとても近いと感じたからです。エナジードを広げていくことが自分のやりたいことにつながっていく。そう思ったら、自分はここに入るしかないと感じました。自分のしたいことが仕事にできることがどれだけ楽しいことか!!考えただけでワクワクしました! また、エナジードのやろうとしていることが今の教育を大きく変えると直感的ではありますが感じたのも自分の決め手になりました。(本当に感じました!)

最後に、いま就活をしているみなさんへ  

みなさん就活は大変ですか?辛いですか?絶対苦しくなる時が来ると思います!やっぱりたぶん(笑)僕は正直辛かったです。自分がしんどくならない程度にやろうと周りが受けている数より圧倒的に少なくしていたのに辛かったんですから、、、、。 それでも就活をしていき、自分を見つめ直す時間があり、改めて自分の原点を考え、気づかされるきっかけができました。自分のやりたいことは人それぞれ違うと思います。それでも何か自分の原点があるからこそ、就活をしていたり、何かを目指している自分がいるのではないですか? 自分を見失いそうになった時はその原点に戻って自分を振り返ってみるのもいいのではないかなと思います。

もしその結果エナジードを選んでいただけたなら、ぜひお待ちしております。

子どもに無限の可能性を感じて欲しい、子どもの未来を広げていきたい方、

ぜひ一緒にエナジードという会社を、新たな日本の教育を、新たな世界の教育を創っていきましょう!!!!ご応募お待ちしています!

株式会社エナジードでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう