1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

地方創生と教育をテーマに 年間10万人が利用するベンチャー企業に特化をした就職サイト 「CheerCareer」の企画・開発・営業・運営(https://cheercareer.jp/)をしています。 ◎ベンチャー・成長企業が選ぶ就職サイト第1位 ◎コストパフォーマンス満足度就職サイト第1位 ◎成長志向の人材が選ぶ就職サイト第1位 (※実施委託先:日本トレンドリサーチ /2019年10月実施:サイトのイメージ調査 ) 日本の働く教育を変える、若い世代にキャリア教育を提供し 優秀な人材の輩出に貢献する教育事業としてスキルアップ事業もスタート。 日本の社会的課題を見据え経済の起爆剤になるような優秀な人材の輩出とを目指します。

なぜやるのか

◆株式会社Cheerの目的 「働くにワクワクを。人生にもっと潤いを。」 日本には解決すべき社会的課題がたくさん。 労働人口減少、ミスマッチ、空き家問題、東京一極集中 (過密・リスクヘ脆弱性・地方の人材流出・資産格差・規模の不経済) 、 事業継承問題、女性の活躍問題、消滅可能性都市、地方大学存続。 単なる採用屋で終わらず、 日本の社会的課題を見据え経済の起爆剤になるような優秀な人材の輩出と、 中小ベンチャー企業とのマッチングで日本経済の発展に貢献したい。 そんな思いからテーマを"地域創生"と"教育"において挑戦を始めました。

どうやっているのか

2020年7月に設立したばかりのCheer
少数精鋭のプロフェッショルが集結
■ベンチャー✖️教育✖️スカウト チアキャリア は業界でも珍しいサブスクリプションモデル。 ベンチャー✖️教育✖️スカウトをキーワードに 単なる採用屋で終わらず、日本の社会的課題を見据え 経済の起爆剤になるような優秀な人材の輩出と、 中小ベンチャー企業とのマッチングで日本経済の発展に貢献しています。 これからのテーマは【地方創生と教育】 年間10万人が利用するベンチャー企業に特化をした就職サイトから 日本の働くにおいての教育を変革する存在へと駆け上がるフェーズです。 ■スキルアップスクールの展開 日本には働く教育が全然足りていない。 イメージ就活・ミスマッチなどうたわれる原因は 学生や企業だけが悪いのではなく、根本は日本の教育に課題があります。 いきなり大学3,4年生の就活スタートのタイミングで 自分に合う業種や職種を選ぶなんて無理がある。。。 そんな想いからできるだけ若いタイミングから働くについて考える機会を提供すべく 年間10万人が利用する就職サイトの中でスキルアップスクールをスタートしました。 高校生も参加可能です。 「教育改革」「域学連携」及び「産学連携」活動を相互に連携・実施しながら、 地域で活躍できる人材を輩出するとともに若者の地域定着を進める 産・学・官・民協働の体制を各地域に整備し、 地方創生に向けて展開可能かつ持続性のある仕組みづくりの基盤事業を推進します。 ■どんな雰囲気? 社歴や役職にとらわれることなく、想いや考えを活発に交換しあっています。 やりたいことや、やる気のある人にはどんどんお仕事をおまかせし、まずやってみてもらいます。 失敗することを恐れ流よりもそこから課題を発見しソリューションに結びつけるプロセスを大切にしています。